政治家にはなれませんね・・・

2012.05.30 01:49|アウトドア
FBでは既に取り上げましたが、キャニオニングについて、愛媛県知事の視察&体験がありました。

もちろん、キャニオニングだけ視察に来た訳ではなく、メインは、前日の「愛顔で知事トーク」という県民(今回は、南予地区対象)と知事との意見交換会でした。

そのままお泊りになるということで、懇親会にも呼んでいただきまして、お話をさせてもらう機会もありました。

2次会は、カラオケへ・・・

知事さん、歌が上手い。

しかも、そのレパートリーが豊富でビックリしました。

軍歌からAKB48まで・・・

で、そうそう、思い返してみれば、これまで一緒にカラオケに行ったことのある政治家さんは、例外なく歌がお上手でした。

なるほど、なるほど・・・

歌が上手というのは、声が通るということで、やはり街頭演説やら何やらで、訴えかける機会が多いでしょうし、常にマイクの助けがあるわけではないでしょうから、地声が良くないと支持を得るのは難しいのでしょう。

声質というのは、すごく重要なんですね。

ちなみに、女性にもてるタイプの男性も、声質がとても良い人が多い。

恐らく、女性にもてたい講座というのをやるならば、発声練習をカリキュラムに入れるのが良いと思います。

まあ、それはともかく、私は、実を言うと、歌は苦手・・・

舌足らずなので、あまり広範囲な音程がとれません。

しかも、リズム感が無い。

当然ですが、自ら進んでカラオケに行くことはありません。

歌は歌うよりも、聴いている方が好きです。

で、政治家になる気などサラサラありませんが、そもそも政治家にはなれないなあ~~と実感しました。

それはそうと、前日の懇親会などで事前に接する機会があったので、キャニオニングのご案内の時は、余裕が出来ました。

時間が限られているので、いつものコースを逆に進むことにしたのですが、これは、最初にクライマックスのスライダーをやってもらうことになるので、最初は勇気がいります。

いつもは、少しずつハードルを上げて、最後に持ってくるものを最初にやるのですから、勇気がいります。

で、この一歩をどう踏み出してもらうのかは、人それぞれで判断が違ってくるのですが、今回は、ほぼ遠慮なしです。

サービス精神もあって、やりましょう!!とお願いしたら、まず間違いなく、ほぼ躊躇無くやってくれるだろうなぁ~~と判断して、テンポよく、予定通りのことをすべてやりました。

雪輪の滝のスライダーでは、最初にデモンストレーションをしたガイドがスライダーの途中で「イタイ!!」とか叫んだので、「プロがイタイと言っているけれど、大丈夫??」と聞かれました。

全く問題ありません!!


と断言しておきました。

まあ、本当にそうなのですが・・・

しかし、ガイドは、たとえ痛くても痛いと言ってはいけないのだけどね。

お客さんを不安にさせてどうする??

雪輪の滝のスライダーを最初に滑ってしまえば、後はだんだんと難易度が下がって行きますので、どんどんテンポよく進んで行きました。

ちなみに、キャニオニングガイドというのは、心理的読解が不可欠です。

本当に恐怖でやりたくないのか、やりたいけれど不安から踏み出す勇気がもてないのか・・・

前者の場合は、止める勇気をもってもらうように、声かけをします。

後者の場合は、背中を押すような声かけをします。

ちなみに、だいたい、こんな感じで囁いています。

キャニオニング

本当に背中を押すようなことはしないのですが、ガイドが不安感を軽減していくことで、一歩を踏み出す勇気をもってもらうのです。

こういう駆け引きは、結構好きだったりします。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング

滑床アウトドアセンターがもうすぐ開設・・・

2012.05.25 00:08|アウトドア
本日のキャニオニング取材も無事に終了しました!!

きっちり時間通り・・・です。

取材体験の方々も、大満足だったようです。

それはそうと、もうすぐ滑床渓谷のアウトドア体験が更にワンランクアップできるようになります。

その名も、「滑床アウトドアセンター」が活動開始します。

誰が聞いても即座に何をやる組織か分かるような名称にしました。

キャニオニングだけでなく、木登りやら、ネイチャーガイドやら、トレッキングやら、フライフィッシングやら、キャンプやら・・・様々なアクティビティの統一窓口として機能する予定です。

松野町内のアウトドア体験の力を結集することで、滑床渓谷に賑わいを取り戻します。

乞うご期待です!!

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング

最近、このブログにパワーがない!!

2012.05.24 02:02|アウトドア
最近、このブログにパワーがない!!

このブログは、まさに私の日常を徒然しているので、特定のテーマというのは無く、日々思ったことをただ書き殴っています!!

推敲に推敲を重ねた文章というのも書きたいのですが、ただいまそんな時間が無い・・・泣。

もう2年前の決意で、毎日1時間は本(哲学書)を読む・・・完全に忘却の彼方だな~~~

政治、経済も遥か彼方・・・ですしね。

というか、養鶏の話が全然出て来ないぞ!!

仕事をしているか、子供の相手をしているか、寝ているか・・・ですね。

本日も、キャニオニングの取材です。

有り難いことです。

本当に様々なメディアが取材をしてくれています。

取材の場合は、だいたい時間に限りがあるので、通常ツアーとは別メニューとなります。

で、この時間内で、この人数を、どういう取材形式で・・・・どうやって効果的にするかを考えるわけです。

今回の取材は、3時間ももらえるので、かなり楽です。

大変なのが時間が短い時・・・

来週の火曜日のやつが一番頭を悩ませる・・・汗

所要時間が1時間です。

これで、どうやって滑床渓谷のキャニオニングのすごさを理解してもらうのか?

あと、30分くらい時間があったらなあ~~

時間オーバーは許されないケースなので、悩む!!

明日、ちょっと練習をやって見るかな?

そうそう、来月には、某有名雑誌さんの取材もあります。

キャニオニング以外でも、木登りの方の取材もそろそろ出て来たし・・・

さてさて・・・

このブログのパワーが上昇傾向になるのは何時になることやら・・・

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング

キャニオニングのコース開拓が面白い

2012.05.17 22:23|アウトドア
本日は、色々と・・・

キャニオニングは、事前視察があったのですが、特に案内する感じでもなく、それよりも、コース開拓が面白かった。

滑床渓谷は、本当に面白い。

兼ねてから懸案だったスライダーポイントがあったのですが、こちらがちゃんとコースとして使えることが確認できました。

キャニオニングスライダー

これなんですが・・・楽しい。

事前に、ロープで降ったり、滝壺にもぐったり・・・最初にやる時は事前調査が欠かせません。

で、滑るコースなどをイメージして、最初は下の方から始めて、だんだんと開始ポイントを上に上げていきます。

ガイドが滑って、安全を確認!!

1回ではもちろん駄目なので、何度も何度も繰り返してやってみて、同じコースに行くことを確認します。

これならば、お客さんにやってもらっても、全く問題なし!!でした。

こういうコース開拓が一番面白いです。

滑床渓谷は、本当に面白いです。

そうそう、日本経済新聞に記事が載っていたようです。

日本経済新聞記事
※画像をクリックすると大きくなります。

本人が知らぬ間に・・・

今回視察に来た行政の方がコピーをくれました。

本当は、新聞の転載のようなことはしないのですが、まあ、これはいいかな?

ちなみに、中国・四国版での掲載なので、他の地域では見れませんので、アシカラズ・・・

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング

滑床渓谷でハイヒールはやめましょう!!

2012.05.07 01:25|アウトドア
GWが無事に終りました!!

フォレストキャニオンとしての初GWでした。

大雨でツアーができない日以外は、毎日ツアーがあり、お客様にも楽しんでいただけました。

成果もあったと同時に、反省点も多々あったので、さらにレベルアップするために、PDCAサイクルを作って行かなければなりません。

特に、安全面に関しては、より綿密なマニュアルを作成して行かなければならないと痛感しております。

しかし、GW期間中は、散策にこられる観光客もかなりいました。

で、万年荘という滑床渓谷の玄関口にベースを構えているので、まあ、キャニオニング以外の方がひっきりなしに入って来て・・・汗

ここで、食べられますか?

滑床渓谷の見所は何処ですか?

等々

しまいには、お猿を見たいのですが、いつになったら来る??なんて・・・

・・・・・

・・・

・・

それは、お猿に訊いてください!!


お猿がいないと何で怒られているのだろう???と頭の中でリフレインしながら、丁重に対応させていただきました(笑)。

しかし、観光シーズンになると気になることがあります。

滑床渓谷の遊歩道をハイヒールで入って行く女性・・・結構見かけます。

スリッパの男性も、見かけます。

アスファルトの歩道ではないので、また、危険なことを・・・・

スリッパの男性は迷いますが、ハイヒールの女性には、躊躇なく声をかけます。

ハイヒールでいけるような道ではありませんよ!!

昨日は、ハイヒール女性ではありませんが、登山中に足を挫いた女性がいて、救急車やらレスキューやらが出動していました。

山を舐めてはいけません。

そうそう、アルプスでも、登山客が亡くなられたそうです。

滑床渓谷でも、滑落して亡くなった方はいます。

足を挫くだけでも、場所が場所だけに、レスキューの必要性が発生する可能性が高いのです。

登山靴とは言いませんが、せめてハイヒールはやめましょう!!

ちなみに、キャニオニングのシューズは、特殊なものです。

フェルト底のシューズを使っています。

ちなみに、ガイドの私は、ファイブテンという特殊なラバーソールのシューズをはいています。

これ、途轍もなくグリップが効きます。

ですので、運動靴では30分くらいはかかろうかという降り道を走り抜けて5分くらいで帰って来れます。

車道を車で走るよりも、ダントツで速いです。

シューズの力は、すごかったりします。

ただ、このシューズですが、滑の沢でも、ヌメッたコケがはえている岩肌になると、グリップ力がゼロになります。

まさに油が撒かれた床を歩いている状態になります。

ですので、このシューズは、滑床渓谷でガイドするにはあまり適していないようで、出費が痛いのですが新たなシューズを購入する予定です。

怪我をしたら元も子もありませんので・・・

おしゃれや経費削減も大事と言えば大事ですが、やはり安全第一ですので、ガイドの場合は、機能性を優先します。

これから夏場を迎えて、ますます軽装になって行くと思いますが、ともかくハイヒールで登山道を行くのはやめましょう。

欲を言えば、スリッパ、革靴、パンプスなどで行くのも止めましょう。

宜しくお願いします。

滑床渓谷キャニオニングは、フォレストキャニオンまで・・・

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ