納豆普及のために・・・その1(笑)

2009.03.23 23:22|地域活性化
桜が咲いてきましたね。

桜

まだ3分咲きぐらいかな?

四万十川の辺りの山桜も咲いて来たし・・・・これからしばらくは彩り鮮やかの山色を見ることが出来ますね。

今日は、出勤途中で、桜を撮るカメラマンの姿を何人か見かけ、あ~~~自分も撮りたいなあ、と思いつつ・・・

自転車旅行の若者を何人か見かけ、あ~~自分もあんなことをやっていたな、と思いつつ・・・・

春を感じていました。

本題に入りますが、本日は、料理講習会をやっていました。

料理講習

この手の講習会は、やっぱり女性で占領されます、殆どの場合・・・

男性は、講師の先生とスタッフの私だけでした・・・・まあ、全然気になりませんけどね。

私奥の家♂は、実を言うと・・・・こういうシチュエーションは、結構好きなんですよね。

ともかく、こちらは、ただ見守っているだけで、物事がどんどん進んでいきますからね。

・・・・・もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、私奥の家♂は、人を観察するのが大好きです。

その人がどんなことを考えているのか、どんな行動をするのか、推測しながら、色々と考えをめぐらせているのです。

まあ、経済なんかも、その一環ですね。

経済・・・・これ、何処までも人間の行いの一つの現象です。

なので、経済を理解するには、それ以前に人間について理解していないといけないはずなのです。

おっと、脱線、脱線・・・

この手の料理講習会だと、本当にあっという間にグループが出来て、最後の片づけまで時間内に終わっている・・・・すばらしい段取りのよさを観察することが出来ます。

男性参加者メインの講習会では、なかなかそうはならないので、サポートするのに神経をとられて、なかなかゆっくり観察できないんですよ。

本日の料理講習会のテーマは!!

大豆

大豆!!でした。

というか、地元の大豆を使った納豆の創作料理の講習会でした。

・・・・・・ええ、西日本に位置する高知の四万十で、このテーマでやりました。

私が東京出身で納豆が大好きだからという趣味の問題ではなく、地域の納豆製造グループさんの納豆の普及を目指して!!やりました、はい。

講師の先生のお陰で、皆さんが納豆料理に目覚めてくれたようです(多分)。

料理講習

先生・・・・お茶目???

そうそう、シーカヤックは、明日です。前回の更新が日付が変わっていたので、これで正しいのです。

シーカヤックやるぞ!!


                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ちなみに、本日のタイトル、かなり昔の伝説のボクシング漫画「あしたのジョー」のパロディです。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。



ぶり縄体験会やりました。

2009.03.16 00:10|地域活性化
とうとう、昨日は更新できませんでした。

でも、ぶり縄体験イベントは、とても面白かったです。

もっと面白かったのは、その後の懇親会・・・・あまりこういうものはやらないのですが、今回は、ちょっと特別だったのでやったのですが・・・・まだまだ明るい5時から初めて・・・・気付いたらもう日付けが変わろうとしていました。

ちなみに、私奥の家♂は、車の運転が待っていたので、ノンアルコールでした・・・というか、殆どの場合、車を運転して帰らないといけないので、ノンアルコールなんですけどね。

ちなみに、ノンアルコールでも、全然ノープロブレムな私なのです。そんなにお酒が好きではないので、というか、楽しく話せる方が全然楽しめるので、意識を朦朧にするアルコールは、実を言うと、こういう時こそ飲みたくなくなるんですよ。

あ~~~こういうのは、高知県では許されないんですけどね。

ちなみに、夜中の12時頃に家路について、車を運転して1時間40分・・・それから卵整理をして・・・力尽きました!!さすがにブログの更新は無理(笑)

まあ、それはさておき、ぶり縄体験イベントですが、前日からの暴風雨で、大丈夫かなあ~~と思っていたのですが、午前中だけ室内体験にしたら、天気が回復してきたので、お昼からは、外でやれました。

まずは、先生のデモンストレーション!!

ぶり縄

そして、木に顔を作っていきます。

樹人作り

え~~~私が冗談で・・・・これから皆さんにあれをやっていただきます!!と言ったら・・・

素で引いてました・・・(笑)

もちろん、このぶり縄は、かなりの修練が必要なので、体験イベントでこんなことはやりません。

顔は作りますが、こんな高さまで登ることはありません。

もっと下の方で、木に縄を巻き付けて登って、顔を作ります。

こんな感じで・・・・

ぶり縄

ぶり縄

子供たちの笑顔がとても印象的で・・・・木にしがみ付くという単純な作業でも、そこには心を揺り動かすものがあるのだなあ、と・・・

食事もまた美味しい(笑)

ぶり縄

こういう体験、是非今後ともやって行きたいと思っています。

でも、どうしてこういう体験をやって行きたいのかというと・・・・・これを肴に懇親会は大盛り上がり!!

これに関しては、まだまだ続く・・・・

                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。




本日は、ぶり縄体験イベント講座です。

2009.03.14 00:40|地域活性化
本日も、これまた手抜きです。

ぶり縄
注:登っているのは私ではありません。

さあ、3月14日は、またまたぶり縄で木に登ります。

天高く、何処までも登ります。

・・・・・

・・・・

・・



そんな訳ありません(笑)。

まあ、子供たちにぶり縄体験をしてもらうイベントを開催します。

講師は、森林工房セブリ舎の佐久間さんです。

日本古来の伝統的な木登り術であるぶり縄を使った森林体験などの指導をされています。

そう、このぶり縄を子供たちがやるんです。

もちろん、本当にごく低い所でやるんですけどね。

こんな感じで、木に顔を付けて、樹人作りなんかもやります。

ぶり縄

そう、木にしがみ付いて登るなんて、昔の子供は皆やっていたわけですが、今では本当にそういう機会が無くなりました。

でも、これが子供たちにはすごく新鮮みたいで、とても喜んでもらえます。

木に無邪気にしがみ付く・・・・単純だけど、とても大切なことでもあります。

あ~~~ユウクンがもう少し大きければ、やらせられるんだけどなあ~~~

ユウクン

まあ、もう少し大きくなってからだね・・・楽しみ、楽しみ!!

いずれ、奥の家でも、自然体験スクールみたいなことができたらいいな、と思っているんですけどね。

もちろん、このぶり縄体験もやってもらいたいものの一つで、ただいま色々と勉強中という感じなのです。

その他にも色々と考えてはいるのですが、私の体は一つしかないので、これが出来るのはいつのことやら・・・・

とりあえず、卵売り、卵売り・・・・
                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。


タグ:田舎暮らし 自然体験

農林漁業が雇用の受け皿になるの??

2009.02.13 00:26|地域活性化
そう言えば、「田舎暮らし募集フェアを渡り歩いていました。」の続きを書いていませんでしたね。

私奥の家♂は、まだ金融危機に陥る数年前、東京・大阪を中心に、数々の田舎暮らし募集フェアに参加していました。

繰り返しますが、相談をする方ではなく、相談される方の立場で・・・・

こういう田舎暮らし募集活動に参加していると、実を言うと、かなり違和感をもっていました。

まず、そもそもおかしいなあ、と思っていたのが、自分の市町村(田舎)に是非住んでください、とお願いするような空気・・・・

移住フェア

こういう感じで、ブースが並んでいると、もし移住したら、他の自治体に比べてどんなメリットがあるの?という点に行き着くんですよね。

そもそもの前提として、田舎は過疎高齢化で困っているので、田舎の方は移住者大歓迎・・・・移住希望者の方も、そちらに住んであげても良いけど、どんな特典があるの?という感じなんですよね。

というわけで、移住者を受け入れたい地方自治体の方は、様々な特典をご用意します。

まあ、自然があるだの、人柄が良いだの・・・・ここら辺は、実を言うと、何処も一緒なので、あまりアピールポイントにはならないんですよね。

そうは言っても、寒いか暑いか、豪雪地帯か常夏か、山か海か・・・・等々の基本条件は取捨選択の最初の関門ですが・・・・

しかし、これぐらいの基本条件に適合する箇所は、日本中に一つしかないということは殆どあり得ない。

例えば、自然が残っていて、空気が美味しくって、地元住民の人柄が良くって、食べるものが美味しくって、雪があまり積もらなくって、山がある所・・・という条件を有する自治体を探したら・・・・日本各地に沢山あります。

この時点で、移住先が一つに絞れることは殆ど無い。

とすると、選択条件は次に進みます。

住居はあるか、仕事はあるか・・・・どれくらいの補助をしてくれるのか?という感じですね。

移住促進をしたい自治体は、これに応えようとして、かなりすごいことをしていたりします。

公営住宅の斡旋などは結構ありますが、百万円単位の無利子融資をし、尚且つ10年くらい住み続けてくれたら、返済免除とか・・・

就農に関して言えば、20万円以上の研修手当てを出しながら、農業研修を受けられるとか・・・

へぇ~~~すごいなあ、と素直に感心してしまいました。

私が四国に上陸した1999年7月当時は、そんな制度はあまり無かったような気がします。

農業研修出来る所も、結構限られていましたしね。

まあ、情報が入って来なかっただけかもしれませんが・・・・実際、もう田舎暮らしが相当話題にはなっていた時期でしたからね。

そう言えば、この当時も、かなり不況の時期だったような・・・

ちなみに、私の場合は、年間20万円の研修費用を支払って、1年間勉強しましたが・・・まあ、この当時のときは別の機会に・・・・

それはともかく、こんな支援制度を用意しているのもあって、移住希望者の方も、大体がこう尋ねてきます。

貴方の所は、どんな支援をしてくれるの?

とりわけ多いのが、どんな仕事があるの?という質問ですね。

そう、住んであげるから仕事を紹介して、という要望が一番多いんです。

この時点で、殆どの場合、行き詰ってしまう。

地元に住んでいる人間でさえ仕事に困っているのに、見も知らないよそ者に紹介するような仕事は、宝くじに当たるくらいの確率で無いとありません。

正確に言えば、地元の人間がやりたがらないくらいの雇用条件の求人はあっても、それは、移住者が生活できるようなものではないのです。

地元の人間の場合、住宅費がかからなかったり、食費もあまりかからなかったり・・・・などの生活環境があるので、かなり生活費を圧縮できます。それで漸く生活できるぐらいの雇用条件が一般的な働き口で、そういう環境にある地元の人すらやらない就職口では、そういう環境に無い移住者は、生活していけないのです。

その結果、殆ど場合、物別れとなってしまう。

田舎暮らしフェアの規模や種類にもよるので一概には言えないのですが、こういう相談会に来場した人の中で、実際に移住を実現する人の確率は、数%ぐらいだと聞きました。

さらに、その数%のうち、5年後にまだ田舎暮らしを続けている人の確率は、数割ぐらいでしょうか?

・・・・・

・・・

・・



不況になったからと言って、簡単に雇用の受け皿になるような所ではないのです。


長くなったので、続きはまた気が向いた時に・・・

                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。



タグ:田舎暮らし 移住

田舎暮らし募集フェアを渡り歩いていました。

2009.02.02 23:20|地域活性化
農林漁業は、雇用の受け皿になるの?」というタイトルで記事を書いて、そのまま続きを書いていませんでした。

製造業の派遣社員の雇用の受け皿として、農林漁業が注目されていますが、どうなのかな?という内容なのですが、本日こんな記事を見つけました。

きついから?農林水産業の求人1900件、就業151人

 農林水産省の井出道雄次官は2日の定例記者会見で、同省が全国に設けた新規就業窓口に寄せられた約1900件の求人情報に対し、1月末までに就職に結びついたのはわずか151人だったことを明らかにした。
 自動車産業など製造業で削減された派遣社員などに、農山漁村で働いてもらおうと昨年12月から始めた試みだが、今のところ、農林水産業の不人気ぶりが鮮明になっている。
 就職した151人の内訳は、農場や養鶏場などの農畜産業が76人、植林作業などの林業が70人、漁船の乗組員などの水産業が5人。ただ、求人への問い合わせは7千件を超えており、関心は高いようだ。
 就職件数の低迷について、井出次官は「農林水産業は、経験のない人が入って行くにはハードルがある」と分析した。
 「給料が少なく仕事はきつい。待遇を改善しなければ誰も働きたがらない」(自民党議員)と指摘する声もある。

(2009年2月2日20時21分 読売新聞)

・・・・・

・・・・

・・・

・・



やっぱりね!!!

というか、これ、かなりの高確率でしょ、きっと・・・151人も就業したのですから・・・

う~~ん、やっぱり雇用問題が深刻なんですね。

・・・・

そもそも、ただいまの派遣社員切りが起こる以前から、農林漁業の求人はありましたし、都会の人の中に関心を持つ人も結構いました。

そして、実際に農林漁業に就職する人の割合も・・・・・こんなもんです。

あ~~~ほんの数年前は、お仕事で数々の移住募集フェアに参加してきたなあ~~~懐かしい。

移住フェア

新・農業人フェアには、東京、大阪と本当に何度も行きました。

移住フェア

都道府県単位、市町村単位、農業法人単位などなど・・・相当なブースが並びます。

移住フェア

こちらは、大阪ですね。

移住フェア

こちらは、ふるさと回帰フェアというやつでした。
無料のお米配布サービスをしたら、すごい人になっていました。

移住フェア

こちらは、神戸市で行われた田舎暮らしフェアです。
なんか、移住募集者よりも、イベント見学者の方が格段に多かったなあ~~~

移住フェア

あっ、こんな感じで、当時の高知県知事の橋本大二郎さんも応援に駆けつけてくれていました。

まあ、この他にも、色々と移住募集活動に勤しんでいたのですが・・・・本当に移住するまでのハードルは高いということです。

興味のある人、憧れを持っている人・・・・都会が嫌だからという人・・・・本気で考えている人・・・色々な方の相談に乗りましたが、本当に移住に至った人は、本当にごく僅か・・・

まあ、殆どの人が興味がある程度の気持ちですからね、実際のところ!!

興味がある程度ならば、止めた方がいいですよ、とサクッと忠告していましたけど、私奥の家♂は・・・

移住募集相談担当者としてはどうかと思う対応ですが、人生かかっている人に対して、甘い勧誘をしても、それはそれで無責任ですし・・・

しかし、私が10年前に農業研修塾に入った時は、そんなに選択肢は無かったのですが、今は、本当に多くの農業研修施設が出来ました。

それから、びっくりするような補助制度も用意しているところもありますし・・・

こういう移住募集フェアに行くと、相談を受ける私の方が、へぇ~~と勉強になったりしていました。

長くなってきたので、続きはまた次回に・・・・

                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              20位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。

タグ:田舎暮らし

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ