スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市の時代から地方の時代へ (補足)

2010.05.27 13:57|僕が山奥に移住した理由
さて、前回の続きです。

ここのところ、昼間はもちろんのこと、夜もなかなか時間が取れなくって・・・ユウクンを玩ぶこともできない。

最近、我が家の雑食系3歳児にどんなことをさせるか?、色々と考えさせられるんです。

もちっと、じっくり観察しないといけないなあ~~~

おっと、本題、本題・・・

「光の道」の話ですが、既に光ケーブル網は都市部では敷設済みですので、問題は、地方をどうするかということなのですが、この話題から、都市と地方の関係まで話が拡がりました。

都市は地方の犠牲になって色々と援助してきたがもうその余裕が無い・・・だから、切り捨てざるを得ない!!

池田さんの見解は、こんな感じでしょうか。

まあ、東京生まれの東京育ちの私も、田舎に移住するまでは、そんな風に思っていた時期もありましたので、気持ち的には分からないでもない。

ここら辺の話を深めていくと、かなり長~~~~~~~~いこと書かないと行けなくなるので、都市と地方が相互依存の循環サイクルの上に成り立っているということ、地方の切り捨てが都市の自殺行為であること、これを宮崎アニメの力を借りてみようかと思いました。

もう、10年以上前にもなりますが、皆さんもご存知の通り、「もののけ姫」という映画が公開され、大ヒットしました。

あらすじは、ウィキペディアに、こうあります。

エミシの隠れ里に住む少年アシタカは、村を襲おうとしたタタリ神に呪いをかけられる。ただ死を待つより、己の運命を「曇りなき眼」で見定めるため、はるか西方の地を目指して旅立つ。そこでアシタカが見たものは、森を切り拓いて鉄を作るタタラ場の民とその長エボシ、森を守る山犬一族、そして山犬と生きる人間の少女サンであった。アシタカはその狭間で、自分が呪われた理由を知る。やがて、森を守ろうとする神々と、その長「シシ神」を殺めようとする人間達の壮絶な戦いが始まる。

鉄と火を使う・・・・これは、現代文明の象徴でしょう。

周辺の森(地方)を切り拓き、荒野となり、タタラ場(都市)は、どんどん大きくなり、人も物も金も集まるようになる。

それに反して、森はどんどん失われ、土地は痩せ、もはや再生産不可能なレベルまで荒廃させてしまった。

タタラ場は、さながら要塞のようになり、隔絶した空間のようになってしまっている。

・・・・

この映画、実を言うと、現在の都市と地方の状況によく当てはまる。

タタラ場(都市)の人たちは、自分たちの生活の糧となるタタラを作るために、もっと集約されることを求め・・・

森を守ろうとする人(サン)は、タタラ場を憎む・・・

森が無くなれば、タタラ場そのものが廃墟となってしまうのに、この流れは止められない。

大分、情緒的になってしまいました。

都市は、決して自給自足のスタンドアローンな存在ではない。

地方という森があって初めて栄える・・・これを忘れれば、それは、自らを崩壊されることになる。

地方が誰も住めない荒野のような存在になった時、都市もまた自滅することになるでしょう。

隆盛を極めて都市が崩壊し廃墟になっていく理由というのは、恐らくこういうことなのでしょう。

まあ、歴史上の事例は、廃墟しか見れないわけですが・・・・

そうそう、「もののけ姫」では、タタラ場(都市)と森(地方)は、争いの末、どうなったでしょう?

一からやり直す・・・でしたね。

「もののけ姫」は屋久島の森をイメージしたそうですが、屋久島の森を見ると、巨樹が倒れ、そこから新しい芽が出ている姿(倒木更新)をよく見かけます。

そうなるのでしょうか?

このままの流れで地方を切り捨てれば、早晩そうなるでしょう。

そう言えば、「もののけ姫」の主人公であるアシタカは、森で生きることを選びましたね。

都市と地方・・・どちらか一方にのみ集約されるということは無い。

山奥で生きること、生き続けること・・・誰かがやらないといけないことだと思っています。

なんか、「光の道」がどこか行ってしまったような感がありますが・・・まだ、続きます。



・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。

Stay hungry, stay foolish.・・・

2010.02.20 00:35|僕が山奥に移住した理由
前回の続きというか、何と言うか・・・・まあ、続きです。

言わずと知れたアップルコンピューターのカリスマであるスティーブ・ジョブズ氏ですが、この方が2006年にスタンフォード大学でしたスピーチは、心に響きます。

まずは、こちらの映像をどうぞ・・・一見の価値ありです。



 


当然、英語でのスピーチなので、こちらのブログで翻訳をされているので、のぞいて見てください。

ちょっと引用させてもらうと・・・

「 そりゃ当時はかなり怖かったですよ。ただ、今こうして振り返ってみると、あれは人生最良の決断だったと思えます。だって退学した瞬間から興味のない必修科目はもう採る必要がないから、そういうのは止めてしまって、その分~もっともっと面白そうなクラスを聴講しにいけるんですからね。
~中略~
 しかし、こうして自分の興味と直感の赴くまま当時身につけたことの多くは、あとになって値札がつけられないぐらい価値のあるものだって分かってきたんだね。


前々回、非生産的な儀式のような講義と書きましたが、大学というのは、学歴とか資格とかカリキュラムとか、そんなしがらみから解放されると、全く別の世界が広がります。

自分の興味が赴くままに、知的好奇心が誘うままに、視野を広げてみると、そう、俯瞰的に見てみると、どうでしょう?

とても多様なヒト、モノ、コトが居ることが分かります。

そりゃそうです、一つ一つはとても狭い専門分野ですが、そういう分野の専門家、というか、オタクと言ってもいいかもしれませんが、そんな人たちが大量に存在しているのです。

どんなマニアックな分野に興味を持っても、それを教えている講義があったりするのです・・・

どんなにマニアックな疑問に対しても、教えを請える人がいたりするのです・・・それも、嬉々として(笑)

オタクの人、自分の知識を披露するのが好きな人がとても多いでしょう。それと同じで、その人の専門分野について疑問をぶつければ、普通の人ならば相手にされないような類のものであっても、何らかの反応があるのです。

これは、面白かった。

幸運なことに、私が通っていたのは、日本でも有数、というか、多分キャンパスの密集度からすると、日本で最も多岐な分野が集積している所でした。

どんな分野でも、学籍さえあれば、やりようによっては、歩いて探し回ることが出来たのです。

そして、日本の大学(まあ、私の場合は、大学院のことですが)というのは、入るのは難しくても、出るのは簡単なのです。

まあ、ここら辺が米国の大学と違うところですが、私の場合は、大学院時代、ゼミ発表の論文が年に一度ありましたが、その他の講義では、一切レポートを出すことなく、無事に課程を修了することが出来ました。

このことをもってしても、変でしょう?

もちろん、大学教授を目指すのであれば、自主的に色々と勉強しなければなりませんので、楽ではありません。

が、こんなことから解放されてしまえば、終了するための課程など、殆どあってないようなものです。

ですので、もう気が向くままに、自分の興味と直感が赴くままに、ただただ勉強していました。

これ、今の生活に役立っていないようで、そうではない、むしろこの時の自由な勉学が今の生活を支えていると言っても過言ではありません。

都会を離れて山奥で暮らすと、分からないことだらけです。

右と左くらいは分かりますが、木の切り方、水の確保の仕方、小屋の建て方・・・・何から何まで、学校で教えてもらったことではありません。

でも、分からなかったら、聞けばいいんです・・・教えてくれる人を探せばいいんです。

もしくは、今の世の中でしたら、本を探せば、大抵のことは見つけ出すことが出来ます。

もちろん、経験を教えてもらうことはできませんので、手取り足取りなんて教えてもらうことはありません。

さすがに、そんなに手間をかけてくれる人はいませんので、本当の切っ掛けのようなアドバイスをもらえるだけです。

でも、それで十分なのです。

板っ切れが欲しいけれど、お金も無いけれど、何とかならないかな??

→あそこの製材所に行って聞いてみたら!!

石垣が壊れたけど、どうしたらいいかな??

→石と石をこう咬ませるんだよ!!

等々

一言二言のアドバイスをもらったら、後は失敗しながら経験を積んでいけばよいだけなのです。

自分の興味と直感と信念を頼りにして、分からないことは尋ね、経験を積む環境を作り、それを実践して行く・・・これが誇れる唯一の行動原理で、今後もそうなるでしょう。

そして、このフレキシブルな行動原理は、確かに学生の時にキャンパスで身に付けた能力です。

自分にとって必要な知識を教えてくれる人は、その分野に限って言えば、先生なのであり、肩書きなんて何の意味もありません。

さらに引用すると・・・

自分の根性、運命、人生、カルマ…何でもいい、とにかく信じること。点と点が自分の歩んでいく道の途上のどこかで必ずひとつに繋がっていく、そう信じることで君たちは確信を持って己の心の赴くまま生きていくことができる。結果、人と違う道を行くことになってもそれは同じ。信じることで全てのことは、間違いなく変わるんです。

自分の人生、結局のところ、自分が責任者であり、自分で未知を決めて行かざるを得ない・・・だから、人と違う道を行くことになっても、いや、だからこそ、自分の興味、直感を信じなければならない。そう、思います。

日本の大学は、聴講生には寛容ではない・・・それは、偏差値教育で選ばれて入ったという意識が強いからでしょうが、逆に、学籍さえあれば、後はかなり寛容になります。

ですので、聴講生という選択肢は思い浮かびませんでしたが、気持ち的にはドロップアウトしていました。

・・・・・・・・・

長いな・・・でも、もうちょっとよかったら、お付き合いください。

スティーブ・ジョブズ氏のスピーチには、死生観も述べられています。

「 自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。そして後に残されるのは本当に大事なことだけ。自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です。

 君たちはもう素っ裸なんです。自分の心の赴くまま生きてならない理由など、何一つない。


これ、私も常々考えています。

死は必ず訪れる・・・・これは、決して逃れようの無い運命です。

この絶対的な運命に向き合った時、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全てが意味を持たなくなります。

こうした物事に対する執着は、死という運命を忘れている、いや、忘れようとしているからです。

今この瞬間に死ぬことを意識して生きるということは、これらに執着しては生きていけないということなのです。

これらを喪失しても、それでもなお残る本当に大事なこと・・・これを得ることは難しい。

死は必ず訪れる、だからこそ、この一瞬一瞬を懸命に生きる・・・・これが、ニーチェの言う運命愛ですが、仏教における悟りと言ってもいいかもしれませんが、これは、死に真正面から向き合わないと至れない境地です。

「 君たちの時間は限られている。だから自分以外の他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。ドグマという罠に、絡め取られてはいけない。それは他の人たちの考え方が生んだ結果とともに生きていくということだからね。その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。

そして、死に真正面から向き合った時、本当に大事なこと以外は、どんなことであれ、二の次三の次になってしまうのです。

それは、こういうことでもあります。

Stay hungry, stayfoolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)

これ、どういうことなのでしょう。

哲学的に言えば、ソクラテスの「無知の知」というやつです。

何か脈略が無いな、まあ、これは、ブログのテーマとしては大き過ぎますので、ここでおしまい。

ちなみに、我が家の雑食系3歳児ユウクンに親として教えたいことは、たった一つ、これだけです。

これが心から分かる人間に育ってくれたら、それで親の責任は果たしたと考えています。

すべての試みは、ここに至るまでの手段に過ぎません。

さて、どうなることやら・・・

スティーブ・ジョブズ氏については、こちらで・・・


Watch GMON_Macintosh in How-To  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。

高学歴ワーキングプアが急増中・・・らしい。

2010.02.19 02:24|僕が山奥に移住した理由
前回の続き、と言うか、蛇足ですが、こんな記事を以前見つけました。

“高学歴ワーキングプア”が急増中!
「官製資格ビジネス」に乗せられた博士たちの悲痛


これまた、なんか、激しく同意してしまいました。

学歴が高くなれば、人生の選択肢が増えて行くと誤解されがち、とりわけ団塊世代以上の世代の人たちと話していると、この認識のずれは、もはや埋めようが無いほど大きく、決して埋まることは無い場合が殆どです。

「博士課程修了者は専門性ばかり高く、フレキシビリティーに欠けている」とありますが、まさにその通りで、大学院ともなれば、研究分野がどんどん細分化されて行きます。理系はまだそれでもいいのかもしれませんが、文系の場合、その専門性が高くなればなるほど、逆に企業活動に必要な能力からかけ離れて行き、浮世離れしてしまいます。

前回、偏差値の高い大学ほど、語学力が高くなると書きましたが、これもかなり張りぼてだったりします。

大学院研究で読むの原書というのは、極めて専門性の高い分野の書物なのですが、そこで書かれている英語、フランス語、ドイツ語・・・これらを読むことは出来ます。

しかし、一般的なビジネス英語のようなものは、読めないのです。

????と思われるかもしれませんが、よくよく考えてみてください。

日本人だからと言って、古典・・例えば、源氏物語などを読み解くことが無条件に出来るというわけではないでしょう。

医学書は?

物理学書は???

日本語が出来ても、専門性の高いものなどは、ちゃんとその分野を勉強しないと理解できないものなのです。

母国語ならば、日常会話という基礎があり、その上に積み重ねるということがされるのですが、外国語の場合は、必ずしもそうはなりません。

大学院などでは、この専門性の高い分野の書物を日常会話もしたことがない段階で読み解いて行くのです。

ですので、下手をすると、本当にその分野の書物しか読めないということになってしまうのです。

こうして、企業にとって必要の無い知識は沢山持っているけれど、フレキシビリティーに欠ける高学歴者が生まれていきます。

ちなみに、私もそうでした。

このままではいけない、とつくづく思ったのは、大学院時代の同じゼミ生のこの一言でした・・・

もう俺ら、大学教授目指す以外に道が無いからね・・・

とても印象的だったのでよく覚えているのですが、人生の選択肢が増えているはずなのに、現実には、自分にやれることの可能性がこれしかないということなのか?・・・・

当時、非生産的な儀式のような講義を聞かされ続けていたので、この道に進みたいとも思わなくなっていました。

というわけで、ここからドロップアウトすることにしました。

この先に何が自分に出来るのか定かではなかったけれど、それでも今のままでいい筈が無い。

もっとも、すぐにドロップアウトしたわけではないのですが・・・・

学歴とか就職とか、こういうしがらみから解放されて、純粋に知的好奇心を膨らませて行くと、アカデミックな世界の中でも、それはそれでまだやれることは沢山あったので、知的好奇心を満たすために学生をやっていました。

でも、いつかドロップアウトすることは確信していました。

そして実際に、ドロップアウトしたのですが、今では・・・山里暮らしをしています。

まあ、現状収入は少ないので、やっぱり高学歴ワーキングプアとも言えなくも無いのですが、ドロップアウトしたことに後悔はありません。

この先どうなるかは分かりませんが・・・・今回の話題、重いな(汗)

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。

仙人さんの食生活は・・・

2009.07.01 09:38|僕が山奥に移住した理由
前回の続きで、仙人さんの食生活について・・・

年間生活費5万円を目標としている仙人さん(通称)、いつもアポなし突撃訪問で来てくれるのですが、必ず何か手土産を持ってきてくれます。

ちなみに、今回の手土産は、山盛りスモモでした。

ちなみに、我が家のユウクンがその場で噛り付いていましたが、と~~ても美味しいスモモを持って来てくれました。

このスモモ、もちろん買ったものではありません。

この仙人さん、確かに自給自足に近い生活をしていて、自家製ログハウスの周囲に、畑はもちろんのこと、きのこ栽培をしたり、様々な果樹を植えています。

そんな中、果実の場合は、収穫が一時に大量で、傷みが早いので、沢山採れたと言って、知り合いに配って回っているのです。

果実・・・冷凍したり、火を通したりすれば、立派な保存食になるのですが、いかんせん、仙人さんのお家には、冷蔵庫が無い。

まあ、無駄な文明の利器はいらないと宣言していましたので、電化製品は殆どありませんが・・・・というか、電気が通っていませんから、ここ!!

以前お宅を訪問した時は、たしか、僅かなソーラー発電で、最近ラジオを聞けるようにしたんだよ、と言っていましたっけ。

そうそう、そのときは、ちょうど秋で、果実の収穫時期・・・ここのところ、1週間ぐらい、ほとんど柿しか食べていないなあ、と言っていましたっけ。

一週間ずっ~~~と柿かあ!!

何か、若手芸人の挑戦企画みたいですね(笑)。

それとも、りんごダイエットみたいな、ダイエットのための偏食??

・・・・・・・

田舎で、水の困らない土地さえあれば、何とか生存できるのだなあ、と勇気付けられた、勉強させられた人でした。

そうそう、今回のご訪問は、もう4年ぶりぐらいだったのですが、本命のご訪問先は、我が家ではなく、我が家の近所に最近引っ越してきた人の所にだったようです。

話によると、この方、化学物質過敏症を煩っているらしく、無農薬で安心安全のスモモを食べさせてあげようと、スーパーカブでアポなし突撃訪問された帰りによったそうです。

化学物質過敏症、すごい難病ですね。

仙人さんの話によると、電磁波も駄目なようで、電話を横に置いても、体調を崩すそうです、その方は。

化学物質過敏症がマスコミなどに取り上げられ始めたのは、恐らく15年くらい前で、その当時は、まだまだこれを扱っている書物も少なかったのですが、その少ない書物で勉強したのが思い返されます。

文明の利器に囲まれた現代社会、早晩こういう病気の蔓延で崩壊するだろうと、その当時戦慄したのを覚えています。

ちょうどその頃、花粉症が発症したのもあったのですが、以前にも書きましたが、これもまた、私奥の家♂が山奥暮らしを志した理由のひとつでした。

最初の花粉症患者が発症してから数十年、もはや国民病といわれるまでに一般化した花粉症ですが、本格的な免疫系の症状は、この化学物質過敏症だと思います。

20年位前は、まだほんの僅かな症例しかなかったのが、20年経った今、ご近所に避難されて来るようになるまで拡大してきたんだなあ、と・・・

                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              45位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。

落ちましたね~~~

ばら撒き行政のツケは、子孫が払う・・・

2009.06.27 02:53|僕が山奥に移住した理由
さて、前回からの続きです。

ただいま、衆議院選挙が近いにも関わらず、支持率が低迷して政権維持が危ぶまれている自民党、というか、政権を伺っている民主党もですが・・・・

と~~ても、八方美人的な政策を掲げていますね。

とりわけ、現時点で圧倒的な与党の自民党は、かなりなりふり構わないばら撒きをしています。

定額給付金、公共事業の拡張路線、社会保障費の緊縮路線の撤回、エコポイント等々・・・・もう、これでもか!!というぐらいばら撒いています。

これらのばら撒きの財源は、当然・・・・赤字国債です。

一番安易な道を選んでいますね~~~

そもそも、選挙による議会制民主主義は、長期的な展望に立った政策を採りづらい制度です。

3年や4年毎に選挙が行われるので、まさにこの期間で実績を上げられるように、目先の人気取りに走りがちになるからです。

政治家が指示を取り付けようとするのは、選挙権がある国民・・・すなわち、20歳以上の成人です。

赤字国債を発行して、その償還に10年~30年という期間が設定されれば、しかも、借金のロールオーバーをし続ければ、その借金を払うのは、子供や孫の世代になります。

そう、目下の選挙民の人気取りのために赤字国債を発行しても、その借金を払うのは、現時点では非選挙民の将来の国民なわけです。

そこで、選挙権がまだないのですから、別に支持が得られなくても、関係ないという構図になってしまうのです。

この繰り返しが、800兆円の財政赤字ですか・・・・

・・・・・

これ、政治家や官僚とかの問題というよりも、社会問題という意味合いが強いです、きっと・・・

そもそも、選挙の時に、選挙権のある国民が、こういう未来をクイモノにする政策を掲げる人気取りだけの政治家を支持しなければ良いだけの話です。

子や孫の代で益々繁栄するには現時点で我慢しなければならないような時、そうした政策を掲げる政治家を選べばいいだけの話です。

こういう政治家がいないから選べないという意見は本末転倒で、そういう意見を持つ人を埋もれさせる世の中になっているということなのです。

嘗ての日本は、そうではなかった。

長期的な展望を持って政策を決めようとする社会的なコンセンサスがありました。

以前にも、「長期的視点で物事を判断できる日本人気質とは・・」という記事を書きました。

日本人は、とても長期的な視点で物事を判断できる気質を有していたのです。

日本の林業は、お祖父ちゃんの世代が植えた木を切り、そこに孫の世代のために苗木を植える、そして、子の世代のために枝打ちなどの手入れをする・・・そう、自分たちの生活の中に、数世代の営みが予定されているのです。

孫の代が飢えても構わないから、苗木も植えないし枝打ちもしないで、今の利益だけが大きければそれでよいなどと、絶対に考えなかったのです。

こういう価値観からすれば、今だけがよければよいというばら撒き行政は、決して支持はされないでしょう。

ところが、現在は、着実に、そう、とても着実に、こういう気質が失われ来ており、目先の利益だけを追求する傾向がどんどん強くなっています。

それでもまた、定額給付金に大多数の人が反対する日本社会には、他国に比べてまだまだこういう気質が残っているのですが・・・・・でも、

苗木を植えられることなく全伐される山、間伐も枝打ちもされないで放置された人工林・・・・林業の衰退を目の当たりにすれば、それがとても実感されます。

農業にしても、耕作放棄されて、荒地となっている田畑がどんどん増えていますし・・・・

日本が何処に向かっているのか、山奥にいた方がよく分かるのです、実は・・・

山奥で暮らしていると、こういう大切なものが失われて行くのが肌身で感じられます。

都会は、変化しているようで、その変化はパターン化されている場合が殆どで、実を言うと、そのパターン自体はあまり変化が無い。

ダイナミックに変化しているのは、むしろ地方の方なんです。

私奥の家♂・・・・これを実感するために、10年以上前に、山奥で暮らそうと決意したんですけどね。

おっと、経済ネタから山奥暮らしへと繋がった、ようやく(笑)


                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              45位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。

落ちましたね~~~

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。