消費税は、安定財源(前編)

2010.07.21 09:21|政治
さて、前回の記事で、少し消費税のことに触れました。

所得税、法人税ではなく、消費税が安定財源と云われる所以は、以下の図を見れば、一目瞭然です。

主要税目の税収(一般会計分)の推移

金利を政策的に引き上げられない(政策的ではない否が応にも・・・はあります)日本の場合、そして、給与所得が減少している日本で、所得税の税収が増える見込みは殆どない。

法人税率を上げても、税金を払えるだけの利益を上げてない企業は残りますが、儲かっていて体力のある企業ほど、海外へと流出して行くことでしょう。

そう、この二つは全く安定財源にはなり得ないのです。

家計にたとえると、ボーナスや残業による所得のような感じでしょうか?

会社の業績(日本経済)によって左右される・・・そういう類の税金です。

それに対して、消費税は安定しています。

それは、誰もが生きていく為に消費をしなければならないからです。

家計にたとえると、基本給のような感じになるでしょうか?

ここで敢えて家計に例えたのは、ボーナスや残業代を見込んで借金返済スケジュールを組むと、かなり危険なように、そもそも今の税体系では、長期的な視点に基づいた持続可能な投資ができないということなのです。

資本金を貯金で蓄えているなら別ですが、投資資金を借り入れでまかない、それを定期的に返済していくとすると、それには、安定的な収入見込みがなければなりません。

金融機関で住宅ローンなどを組む時、ここら辺が審査の対象になりますよね。

持続可能な安定収入が見込めるからこそ、本来は借金ができるものなのです。

そして、官の役割というのは、長期的視点に基づいて、持続可能な公共の利益を図ることであり、それには、安定財源が不可欠なのです。

長期的な視点に基づいた持続可能な投資の代表例は、教育ですが、これこそ、連綿とした地道な投資が途切れることなく行われることで、初めて成果を出すことが出来るのです。

一旦切れてしまったら、本当にすべてが無駄になってしまう・・・そんなこともあり得るのです。

国家を安定させ、持続可能な施策をするには、安定的な財源・・・基本給のような存在は不可欠です。

ボーナス、残業代頼み・・・ではいけないのです。

時間切れ、次回に続く

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ