中国の工場ストライキの先には・・・

2010.07.01 14:35|アジア経済(韓国、中国)
ところで、やっぱりですが、何とも早い対応で、こんなことが発表されました。

EMS世界最大手、深セン工場を大幅縮小 移転計画へ 中国紙「製造業を撹乱」

ちょっと引用すると・・・

EMS(電子製品の受託製造)世界最大手の鴻海精密工業(台湾)の子会社であるフォックスコン(富士康科技)が、中国広東省深センにある工場の規模を大幅に縮小することを決めた。従業員はこれまでの40万人から数万人に削減し、業務内容も米アップル社のOEM生産のみとなるという。中国主要経済紙「経済観察報」が報じた。

 関連の生産業務は今後、賃金水準が深セン市をはるかに下回る重慶市や河南省などの内陸部に移転するほか、台湾本土への復帰や、インド、ベトナムなど新興国にも一部分散させるもよう。現在40万人の従業員を抱える巨大な工場は2年後には、数万人の事業部に縮小されるという。

 報道によると、移転の計画は速やかに実施されている。携帯電話機生産部は1ヶ月間で移転を完了させるようにとの上からの要求がある。移転先は北部の天津市。パソコン事業部は中南部の最大都市・重慶と湖北省の武漢市へ。一部の移転先である河南省では、政府がすでに同省に30万人を雇用する工場の設立計画を明らかにした。また、インド、ベトナムなど海外への移転も着々と準備中。


やっぱり創業経営者ですね。

きっと猛烈なワンマン社長なのでしょうが、決断が早く、そして、合理的と言えば合理的ですが、非情と言えば非情です。

大幅な賃上げ要求を呑んだと思ったら、即座に規模縮小、というか、殆ど撤退に近い製造拠点の移転ですからね。

ドライ過ぎます。

企業が社会の公器であるという考えなど、頭の片隅にも一片足りも無いのでしょう。

でも、こうならざるを得ないでしょう。

そもそも、今の市場情勢で、EMS企業が価格決定権を取り戻すことはあり得ません。

なぜなら、製造設備の方が過剰な状態にあるのですから・・・

アップルなどの製造委託企業は、別にフォックスコンに委託しなくても、別の企業がもっと好条件で請け負ってくれるのならば、いつでも変更できるのです。

それだけ、まだまだ安価な労働市場というのは世界に存在するのですからね。

労働集約的な生産方式に依存している限り、過剰生産体制の中では、賃金は上がりません。

日本は、生産過程の機械化を進めることで、労働者の数を減らし、それで労働者の賃金水準を保とうとして来たりして来たでしょう。

また、高品質品を製造することで、商品単価を上げることを目指して来ました。

これはこれで、市場を狭め、雇用を減らすという副作用をもたらしたのです。

裏返して、フォックスコンのような労働集約的な生産方式は、皮肉にもワークシェアリングの在り方ということなのかもしれません。

限られた仕事に対して、人を減らすのではなく、賃金を減らして、出来るだけ沢山の人が働けるようにしているのですから・・・・

中国は、安価で安定した労働力を武器に経済成長をして来て、労働集約的な産業の集積地になったわけです。

人民元高と賃金の上昇は、この強みが一気に喪失することになるのです。

では、この強みを無くして行ってもなお、中国は別の強みを打ち出せるのでしょうか?

道は、日本と同じような選択以外に無いのですが、さて??

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ