知りたがりさん、来る。

2007.10.24 23:52|地域活性化
今日もまたまた、鶏小屋作りを中断しておりました。

というのも、とってもうれしいお客さんが来てくれたからです。

その人とは、知りたがりさんです。

知りたがりさんは、経営コンサルタントで、中小企業診断士なのですが、前の仕事ではとてもお世話になりました。

と言っても、私の養鶏業のコンサルをしていただいたわけではなく、昨年度は、高知県の某地域内で、経営セミナーの講師、事業者さんたちの経営診断など、地域活性化のために、色々と尽力していただいたのです。

経営セミナー
(これは、その時のセミナーの一場面です。)

その際のお世話役を私がやっていた縁で、今回もご案内させてもらうことになりました。
(移住者の私奥の家♂がなんでこんなことをやっていたのかは、また別の機会にでも)

今日は、カヌー館(この段階で、どの地域かはばればれですが・・・)から始まり、地域の事業者を全部で4件回りました。

昨年度に経営指導などで関わった事業者を回りながら、現在の経営状況から懐かしい話まで、とっても楽しい時間を過ごさせてもらいました。(具体的な話は、いずれ紹介できるかとも思います。)

今回は、知りたがりさんがプライベートで来てくださったのですが、お金の切れ目が縁の切れ目の多い世知辛いこの世の中で、もう経営コンサルの仕事を頼める資金も無い私たちのことを気遣っていただき、とってもうれしかったので、この場を借りてお礼をさせていただきました。

話変

知りたがりさんを窪川駅まで送った後の帰り道に、釜焚きの真っ最中の釜の近くを通ったので、少し様子を見てきました。

釜の様子

まだまだ、釜の温度は700度くらいで、陶芸用語で「あぶり」と呼ばれる状態です。
これぐらいの時は、釜の番もまだまだ余裕があります。
(しかし、釜の横にこんなに薪を積んで、あ、危ない・・・)

釜の中の様子は、のような感じです。

釜の中

まだまだ、炎はオレンジ色で、釜の中の作品も余裕で見えます。

釜焚きは、まだまだ続きます。
いよいよ明日の晩から私の釜番が始まります。その頃は、多分1100度くらいまで釜の温度が上がっていることでしょう。

                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川の風景

場所は、高知県四万十町(旧窪川町)の家地川ダム、もとい佐賀取水堰です。
この堰で取水された水は、主に農業用水として活用されますが、発電にも使用されております。
ちなみに、この堰によって水量が減った四万十川の本流は、かつての姿を知る地元の知人に聞くと、全然その光景が違うそうです。

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング     ↑ は、50位くらいにをうろうろ・・・・
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ