PIGSの国債格付けが引き下げられる

2010.04.30 02:31|麻薬に犯された世界経済
とうとう、ギリシャの国債がジャンク債になってしまいました。

ギリシャ国債、投資不適格に=ポルトガルも格下げ-S&P

4月28日1時19分配信 時事通信
 【フランクフルト時事】有力格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は27日、ギリシャの長期信用格付けを「BBBプラス」から「BBプラス」に3段階引き下げた。これにより同国国債は、投資不適格級である「ジャンク債」にまで格下げされた。見通しも「ネガティブ」とし、一段の引き下げの可能性に含みを持たせた。
 S&Pはまた、ポルトガルの長期信用格付けも「Aプラス」から2段階引き下げ、「Aマイナス」とした。ギリシャ債務危機は、高水準の財政赤字を抱え、経済的な競争力が脆弱(ぜいじゃく)な他のユーロ圏諸国に波及する懸念が強まりそうだ。
 ギリシャ国債10年物利回りは27日午後、10%以上に上昇。ドイツ国債との利回り格差も7%に拡大しており、市場はギリシャの国家破綻(はたん)懸念を織り込み始めている。ギリシャは現在、国際通貨基金(IMF)、欧州中央銀行(ECB)、欧州委員会と緊急融資に向けた協議を進めているが、破綻の瀬戸際に追い込まれつつある。 

そして、スペイン国債の格付けも引き下げられ、通称PIGS(ポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペイン)と呼ばれる南欧諸国の危機がどんどん表面化しています。

これに、何度も取り上げてきましたが、イギリスの財政状況も救いがたいものがあるので、欧州からも目が離せません。

しかし、欧州の破綻よりも、やはりアジア(中国、韓国)の方が先のような気がします。

というのも、欧州経済が危機になれば、当然ですが、資金繰りが苦しくなり、欧州の金融機関は、海外投資分を引き上げざるを得なくなります。

つまり、これらの外資の流入でバブル景気に火がついている国から資金が引き上げられて、一気に資金繰りが苦しくなります。

資金繰りが苦しくなれば、資産の売却によるキャッシュの獲得に走らざるを得なくなり、資産の投売りが始まります。

資産価値がどんどん減っていくことになりますので、バブルが崩壊・・・負債だけが残ることになるからです。

そして、貸し手と借り手のどちらが先に破綻するかというと、これは間違いなく借り手の方が先なのです。

ですので、韓国発になる可能性はかなり高いと思うのです。



・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ