かずら編みに使うかずらを採る。

2007.10.20 23:29|日常
今日、鶏小屋を作っていたら、甘酸っぱい香りが漂ってきました。
犯人は、です。

金木犀

そう、金木犀(キンモクセイ)です。

今建てている鶏小屋の横に大きな金木犀があり、今年は少し遅く花がようやく咲きました。とってもいい香りがして、秋の楽しみの一つです。

話変

昨日はかずら編み教室がお手軽に出来ると書いたのですが、実を言うと、かずら編みする前にその材料となるかずらを集めるのが結構大変なんです。

かずら(ツル)なんて、そこら中に沢山あるじゃないか、と思われるかもしれませんが、どんな種類でも編めるわけではありません。

道端でよく見る「ヘクソカズラ」などは、すぐにヘニャッと折れてしまい、ちゃんとした作品は決して出来ません。

山葡萄のツルとか、アケビのツルとか、色々とかずら編みに使えますが、昨日使ったかずらは「オオツヅラフジ」という種類で、タネさん曰く、かずら編みで最高の素材になるものだそうです。確かに、すごく丈夫で全然折れないし、光沢があって、とっても味わいのある作品が出来ます。そして何より、編みやすい・・・

というわけで、このオオツヅラフジを採って来ないといけないのですが、有るようでなかなか無いんですよね、これが・・・

そこで、最初にかずら編み講座を行った時は、まずかずら採りの実習から始めました。

参加者皆でオオツヅラフジのある場所に向かいます。

かずら採り1

オオツヅラフジのある場所のポイントは・・・

①杉や檜の林の中
(ただし、間伐などの手入れもされていなくて、日も入らないような所ではかずらは枯れてしまうそうです。)
杉や檜の人工林にあるとは、ちょっと以外でした。もっと広葉樹の林の中にあるとばかり思っていました。

②尾根沿いではなく、谷沿いの湿り気がある所

この二つが大きなポイントらしいです。

さて実際に、谷の中に入ってみました。

かずら採り2

オオツヅラフジは、地面に這うように広がっていて、そこから木の上に上って行きます。したがって、皆でまずは地面をじっと見ています。

すると・・・・

あ、ありあました。(まあ、ある所に行っている訳ですから、当然ですが・・・)

かずら採り③

あまりにもうれしいみたいで、引っ張り合っています。

でも、事前の調査で幾ら探しても無いなあ、と思っていたのですが、ある所にはあるもので、もう皆が続々と発見しています。

でも、のような感じで、足場の悪い山の斜面です。結構危険ですし、お年寄りには少し酷な作業です。これがかずら編みの障害の1つなんですよね。

かずら採り4

それに、谷の湿った林の中といえば・・・・思い起こされるのは、

マムシ
です。

そうです、こちらでも書きましたが、オオツヅラフジのある場所は、あの毒蛇のマムシが棲息する環境そのままなんですよね、実は。

そしてこの時も・・・・

出ました、マムシが・・・・

第一発見者は、私奥の家♂でした。
私の場合、もう、マムシは馴れ慣れでしたので、ああいるな、ちょっと気をつけんといかんな、ぐらいな感じで、ここマムシいますよ、と皆に行ったら・・・・

完璧なパニック

もう皆一目散に逃げ回っております。
ちなみに、私は冷静にその様子をデジカメで撮っておりました。
がその時の画像です。

かずら採り5

あ~~~なんて、ネタ好きなんだ、俺って(汗)。

ちなみに、マムシはつがいで行動するので、1匹いたら、必ずもう1匹近くにいます。

マムシも一応おしどり夫婦なんですね。

                                 ・・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川の風景

場所は、高知県四万十市西土佐の長生沈下橋です。夕暮れの中、水遊びをしているのでしょうか、それとも魚採りをしているのでしょうか・・・・

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング    ↑ は、50位くらいにをうろうろ・・・・
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ