中国経済のジレンマ・・・その1

2010.03.07 13:05|アジア経済(韓国、中国)
前回の記事は、殆ど前振りだけで終わってしまい、何がなんだか分からない内容になってしまいました。

まあ、ここら辺の説明は結構文章量を要求される類のものなので、平にご容赦を・・・ぼちぼちと、進みます(汗)。

中国、韓国経済が好調だとすると、その力の源泉は、不動産バブルです。

不動産バブルによってバランスシートを肥大化させていく事で、投資資金と消費力を拡大させているのです。

そもそも、自動車販売台数の急増にも見られるように、中国の消費力が急拡大しているのは、輸出で儲かったからと考えるのは不自然です。

借り手(不動産投機)と貸し手(欧米の投資家)の心理的な需給がマッチして、資産と負債を肥大化して行っているのです。

確かに、貿易黒字は計上していますが、ここには、かなり歪みがあります。

例えば、中国人民銀行(日本で言うところの日銀)のバランスシートがこれですが、持っている資産の殆どが外貨です。

中国の外貨準備高が急速に膨張していますが、これは、輸出競争力を維持するため、人民元の為替相場を安く抑えるため、外貨を買わざるを得ないからです。

外資が流入するということは、人民元が買われることになるので、本来ならば、それだけ人民元の価値が高くならなければなりません。

それは困るということで、日本が伝説の日銀砲でやったように、自国の通貨を売って外貨を買うという為替介入をして、自国通貨を安くする策が採られるわけですが、これは、自分の資産を外貨に換えて行くという事なので、外貨準備高がどんどん増えていきます。

こうして外貨建て資産が増えると、今度は、これを運用する必要が起こり、それが中国による資源の買い漁りとなって現れるわけですが、さて、ここからが問題です。

もし為替相場が人民元高に振れたらどうなるでしょう?

続く・・・

参考に、こちらをどうぞ!!

中国経済の今後が明るくない三つの理由

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ