高学歴ワーキングプアが急増中・・・らしい。

2010.02.19 02:24|僕が山奥に移住した理由
前回の続き、と言うか、蛇足ですが、こんな記事を以前見つけました。

“高学歴ワーキングプア”が急増中!
「官製資格ビジネス」に乗せられた博士たちの悲痛


これまた、なんか、激しく同意してしまいました。

学歴が高くなれば、人生の選択肢が増えて行くと誤解されがち、とりわけ団塊世代以上の世代の人たちと話していると、この認識のずれは、もはや埋めようが無いほど大きく、決して埋まることは無い場合が殆どです。

「博士課程修了者は専門性ばかり高く、フレキシビリティーに欠けている」とありますが、まさにその通りで、大学院ともなれば、研究分野がどんどん細分化されて行きます。理系はまだそれでもいいのかもしれませんが、文系の場合、その専門性が高くなればなるほど、逆に企業活動に必要な能力からかけ離れて行き、浮世離れしてしまいます。

前回、偏差値の高い大学ほど、語学力が高くなると書きましたが、これもかなり張りぼてだったりします。

大学院研究で読むの原書というのは、極めて専門性の高い分野の書物なのですが、そこで書かれている英語、フランス語、ドイツ語・・・これらを読むことは出来ます。

しかし、一般的なビジネス英語のようなものは、読めないのです。

????と思われるかもしれませんが、よくよく考えてみてください。

日本人だからと言って、古典・・例えば、源氏物語などを読み解くことが無条件に出来るというわけではないでしょう。

医学書は?

物理学書は???

日本語が出来ても、専門性の高いものなどは、ちゃんとその分野を勉強しないと理解できないものなのです。

母国語ならば、日常会話という基礎があり、その上に積み重ねるということがされるのですが、外国語の場合は、必ずしもそうはなりません。

大学院などでは、この専門性の高い分野の書物を日常会話もしたことがない段階で読み解いて行くのです。

ですので、下手をすると、本当にその分野の書物しか読めないということになってしまうのです。

こうして、企業にとって必要の無い知識は沢山持っているけれど、フレキシビリティーに欠ける高学歴者が生まれていきます。

ちなみに、私もそうでした。

このままではいけない、とつくづく思ったのは、大学院時代の同じゼミ生のこの一言でした・・・

もう俺ら、大学教授目指す以外に道が無いからね・・・

とても印象的だったのでよく覚えているのですが、人生の選択肢が増えているはずなのに、現実には、自分にやれることの可能性がこれしかないということなのか?・・・・

当時、非生産的な儀式のような講義を聞かされ続けていたので、この道に進みたいとも思わなくなっていました。

というわけで、ここからドロップアウトすることにしました。

この先に何が自分に出来るのか定かではなかったけれど、それでも今のままでいい筈が無い。

もっとも、すぐにドロップアウトしたわけではないのですが・・・・

学歴とか就職とか、こういうしがらみから解放されて、純粋に知的好奇心を膨らませて行くと、アカデミックな世界の中でも、それはそれでまだやれることは沢山あったので、知的好奇心を満たすために学生をやっていました。

でも、いつかドロップアウトすることは確信していました。

そして実際に、ドロップアウトしたのですが、今では・・・山里暮らしをしています。

まあ、現状収入は少ないので、やっぱり高学歴ワーキングプアとも言えなくも無いのですが、ドロップアウトしたことに後悔はありません。

この先どうなるかは分かりませんが・・・・今回の話題、重いな(汗)

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。

関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ