1000万円の政府の預金保証について考える・・・

2010.01.21 09:50|社会情勢
さて、前回からの続きです。

ちょっと話題は飛びますが、日本政府は、預金に対して政府保証をつけています。

その上限は、1000万円です。

これは、ゆうちょ銀行などの国策金融機関だけではなく、すべての国内銀行に適用されるわけですが、ふと思いました。

当たっているのかどうか分かりませんが、この1000万円保証は、かなり曲者だな・・と

預金の話題になると、こういうことを言う人が多いです。

郵貯(民営化以前は特に)は、国が保証しているくれるから安心・・・

でも、民間の金融機関も、政府が同じように1000万円まで預金を保証してくれているから大丈夫だよ。

それに、郵貯には、1000万円までしか預金ができないし・・・

こうして、殆ど利息がないにもかかわらず、言い方を換えれば、金融機関へ事実上の無利子融資をして上げているのです。

そう、超低金利の上、そのなけなしの利息の確か40%ぐらいが税金として徴収されるのですから・・・事実上の無利子融資みたいなものです。

それでも尚、殆どの人が預金をするのです。

なぜか?

金融機関が困っているから、政府が困っているから、自分が助けてあげようという慈善の心からというわけではないでしょう。

単純に、自宅にタンス預金をするよりも、金融機関の金庫に預けておく方が安心だ、という意識からだと思います。

ちなみに、殆どの資産家の人たちは、積極的に資産運用して利益を上げようとしますので、こんなことはしません。

最近は、資産家でない人の中でも、ネットなどで資産運用が手軽になったことで、FXなどで、僅かな資産でも、積極的に運用して利益を出そうとしていますね。

その逆に、小沢一郎氏のように、本人曰く、7億円も自宅にタンス預金していた・・・という人もいますが・・・

まあ、それはともかく、この1000万円以内というのは、住宅購入の頭金を思い浮かべてみても、家計の運転資金の範囲内ぐらいだというのが分かります。

何かあった時にすぐに用意できる家計を回すのに安心な現金・・・数十万円から、その人が住宅購入や老後の生活の蓄えなどを目指していれば、1000万ぐらいを目指したくなるのではなるのではないでしょうか?

1000万円以下の現金というのは、投機資金というよりも、家計の運転資金という意味合いの方が強い。

これ以上の資産を持っていると、投機資金に行く傾向になるのではないでしょうか?

そして、この1000万円以下の個人資産を効率的に金融機関に預けさせるシステムが、郵政事業ということになると思います。

田舎に行けば行くほど、地域の金融機関が郵便局しか無くなります。

そう、日本国民の家計の運転資金を日本の津々浦々までカバーしているのです。

こうして集めた資金を使って、日本政府の国債が買われているわけです。

さて、前置きが長くなりました。

この政府保証が民間金融機関を不利にしているという批判が上がり、さらに金融不安もあって、日本の金融機関に対しても、郵貯の預金上限だった1000万円まで、同じように政府保証を付けることになったのです。

これは、裏を返すと、1000万円までは政府管理下にあるようなものではないのか?

郵貯と同じように、政府保証をバックに預金を集めているのならば、政府の意向にはそれだけ逆らえない、融資先にしても、かなりその意向を汲まざるを得なくなるのではないか?

日本の民間の金融機関にしても、国債を購入しているわけです。

殆ど運用益がないので、欧米の金融機関など見向きもしないにもかかわらず・・・・

安全資産だから???

本当にそうでしょうか?

違うような気がしてなりません。

おっと、まだ前置きが続いていました。

日本政府の財政運営が行き詰れば、日航で今されているように、負債(政府の場合は、国債)の残高のリセットして、再出発させるしかありません。

行政の業務に対する需要は、国土と国民がある限り、絶対に無くなりませんから・・・

いまや、この負債のリセットが行われないようにするにはどうすればよいか?ではなく、将来どのようにして行われるのか?・・・こういうレベルに至ってしまっています。

以前も述べたように、紙幣を乱発することは、最も痛手が大きい。

最も経済に痛手がないのが増税ですが、これは、民主主義体制では極めて実現が難しい。

では、次に痛手が少ないのは・・・・そう、事前調整型破綻で見られるように、債権者に債権放棄をしてもらうことです。

日航に見られるように、社員(行政ならば、公務員)などの給与カットなどの事業の合理化を進めた上で、事業を継続させるために、貸し手責任を問うて、債権放棄をしてもらうことです。

おっと、時間切れ、続く・・・

                    ・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ