地位が人を作る・・・であった欲しいですね。

2009.08.31 23:58|社会情勢
突然ですが、民主党が圧勝しましたね。

正確には、自民党が負けましたね。

小選挙区制度では、こういう逆転が起こるわけですが、世で言われているとおり、民主党の政策が支持されたわけでなく、自民党への失望による批判票だった・・・・ということで、民主党の勝利ではなく自民党の敗北になるのです。

1996年の選挙から始まった小選挙区比例代表並立制ですが、今回の5回目の選挙で、ようやく当初言われていたような2大政党による政権選択のような形に落ち着いたという感じですね。

1994年に法案が成立して15年ですが、当時のことを思い出すと、確か2大政党制の必要性を猫も杓子も主張していたと思います。

中選挙区制で、派閥政治が横行し、利権誘導争いに終始していた状況を打破し、2大政党制で、国民が分かりやすい選挙に・・・ということだったと筈ですが・・・

そこから、野党は、党が無くなったり出来たり、くっ付いたり離れたり、与党の自民党も、いろいろな党と連立を組んだり・・・・まあ、どちらも右往左往しながら、信任を得たらかなり自由な国会運営を出来、信任を失ったら一気に政権を失うという、一応分かりやすい政権選択選挙になりましたね。

また、自民党の派閥の領袖がバタバタと落ちたように、派閥の威力が融解したのも狙い通りと言えば狙い通りと言えなくも無い。

と、こう考えてみると、自民党の大敗北は、もう15年以上前から進行していたということなのでしょう。

15年間かかりましたが・・・

まあ、この小選挙区比例代表並立制は、非自民が政権を取った細川政権の時に成立したものですから、中選挙区制で自民党が過半数を割った第40回の衆議院議員選挙が大きな分かれ目だったということになります。

ここから、以前の対立政党だった社会党と連立を組んだり、支持基盤が徐々に弱体化して行ったのですが、最後に、「自民党をぶっ壊す」と高らかに宣言した小泉さんを総裁にしないと政権がもたなくなったのが決定的だったのでしょう。

小泉さんは、郵政民営化などで、自民党の従来の支持基盤の離反を促進し、本当に自民党をぶっ壊し、公約を守ったということでしょう。

小泉純一郎さん・・・今はかなり批判的に言われていますが、この人は、日本の政治家には珍しく勝負師でしたね。

郵政民営化については、以前からこのブログでも取り上げていますが、ここら辺を再検証すると面白いでしょう。

現状を変えようとすれば、既存の利権から非難されるのは当たり前ですが、その非難を恐れて現状維持に逆戻りしようとすれば、逆にその日和見主義が信用を失墜させる・・・・安倍政権、福田政権、麻生政権という流れの中で、これがどんどん顕在化したということなのでしょう。

リーマンショック以降の金融危機で、その政策が一気に15年前のばら撒き政策に戻ってしまったことで、これが決定付けられたようですね。

ちなみに、ばら撒きの象徴である定額給付金・・・・まだ数ヶ月しか経っていませんが、もう殆ど誰も覚えていないと思うのですが・・・・・

・・・・

自民党が自爆したことによって転がり込んできた民主党政権ですが、野党から与党になって、どんな政策になるのか・・・・全くの未知数ですが、さてどうなることやら・・・・

恐らく、相当な政策のブレやスキャンダルが出ると思いますが、ただ一つ言えることは、何事も最初はあり、地位を経験しなければ、いつまでも成長しないということです。

与党で政権運営をしてみて初めて、その現実を知ることが出来、また仮に野党になったとしても、反対のための反対のような非生産的な対立にはならないでしょうし・・・

逆に、与党の現実を知った者が野党で辛苦を味わうことで、また、その現実を知った者が与党に論戦を挑むことで、より生産的な議論になるでしょうし・・・・

与党はずっと与党、野党はずっと野党という硬直化した対立軸で停滞するよりも、双方が双方の立場を経験し合うことで、より高度で成熟した政治へと発展的に成長できるのではないか、と期待はしています。

政治家に限らずですが、純粋培養よりも、紆余曲折、艱難辛苦を経た方がより芯のある人物へと成長できると思いますので・・・・・

                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              25位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ