ハイリスクハイリターンのギャンブル経営とは・・・

2009.08.24 15:28|アジア経済(韓国、中国)
ところで、韓国の株価指数(KOSPI)が1600ポイント代を超えましたね。一時は、900ポイント代まで下がったので、まさに急回復です。

この急回復を牽引しているのが、サムスン電子と現代自動車のようです。

KOSPI指数1600ポイント回復、優良銘柄主導で(上)
強気論と高値警戒論が交錯

 24日の韓国株式市場は、韓国を代表するIT、自動車メーカーのサムスン電子と現代自動車の株価が急騰し、KOSPI指数は1年1カ月ぶりに1600ポイントを回復。大引けは前日比31.24ポイント(1.98%)上昇した1612.33ポイントで、昨年7月24日以来の最高値を記録した。

 1600ポイント回復は、サムスン電子、現代自など韓国を代表する企業が上場来高値を更新したことが追い風となった。両社の好調は、韓国企業が日本の品質、中国の価格競争力の板挟みとなる「サンドイッチ状態」に転落するとの懸念を払しょくした。韓国企業はむしろ、中国よりも優秀な品質、日本よりも安い価格を売り物にする「逆サンドイッチ戦略」で世界シェアを高めている。このため、市場関係者からは両社の株価がさらに上昇するとの声も聞かれる。しかし、両社の株価が既に過熱状態にあるとの指摘も少なくない。

■破竹の勢い

 サムスン電子の株価は24日の寄り付きから77万1000ウォンを付け、上場来高値を更新した。その後も上昇を続け、前日比3.43%高の78万3000ウォンで引けた。昨年5月に記録した上場来高値(76万4000ウォン)を1万9000ウォンも上回った。同社の株価急騰は、世界の半導体市場における生き残り競争で、サムスン電子が最後の勝者となり、景気回復時に最大の恩恵を受けるとの観測が背景にある。

 米投資銀行メリルリンチは同日のリポートで、サムスン電子の今年7-9月期の営業利益が過去5年で最高となる3兆ウォン(約2290億円)を超えると予測し、目標株価を90万ウォンから97万ウォンへと引き上げた。外資系証券会社の中でメリルの目標株価は最も高い。国内証券会社では今月17日、キウム証券がサムスン電子の目標株価を5年ぶりに100万ウォンに設定している。

ソース:朝鮮日報


これをどう見るか?

実態に見合っていない怪しい動きであるのは間違いありません。

いや、見かけ上は、見合っているのかもしれません。

以前にも紹介しましたが、韓国政府の景気対策で国内販売の利益率が上昇し、海外市場での利益率の低下を補っているみたいなので、決算上は好調になっていますからね。

そうそう、こういう記事もありましたね。

2011年国際会計基準採用、市場への影響必至

 LG経済研究院は23日、2011年から企業決算に国際財務報告基準(IFRS)が導入されると、韓国の輸出大企業の収益性や財務状態が悪化するという分析を示した。

 同研究院が発表した報告書によると、IFRSの適用に伴い、輸出大企業の売上高営業利益率は0.9ポイント低下し、負債比率は72.5ポイント高まる。IFRSが本格適用されると、企業の隠れた負債が明らかになり、国際市場における韓国企業への信頼が低下する「会計基準ショック」が起きる可能性を指摘した形だ。

 IFRSは子会社と海外法人を含む連結財務指標を中心に会社の業績を公示する制度で、世界約100カ国で採用されている会計基準だ。韓国は11年度から全ての上場企業にIFRSが適用される。これに先立ち、サムスン電子は10年度からIFRSを適用する方針を明らかにしていた。

 報告書によると、資産規模2兆ウォン(約1520億円)以上、輸出比率50%以上の輸出大企業38社の2008年決算は、既存の会計基準を適用すると、売上高営業利益率(営業利益を売上高で割った比率)は5.9%、負債比率は152.9%だった。しかし、IFRSを適用すると、売上高営業利益率は5.0%に低下し、負債比率は225.4%へと高まった。報告書は「輸出大企業の海外子会社は本社よりも財務状況が劣るため」と理由を分析した。

 同研究院のパク・サンス研究委員は「IFRSが導入されれば、企業の隠れた負債や不良債権が明らかになる可能性があり、これまで知られていた企業情報と違いが生じるため、一般投資家が混乱することがあり得る」と述べた上で、負債比率が200%以下ならば企業の財務状況が健全だとする現在の政策基準も変わる可能性があると指摘した。

金正薫(キム・ジョンフン)記者


これまでにも、韓国企業の決算の摩訶不思議についても度々取り上げて来たのですが、やはり、というか、やっぱり、というか、かなり実態からかけ離れた決算になっているみたいですね。

独占的な国内市場で高値販売をする一方、海外市場で薄利多売の安値販売をする・・・・いわゆるダンピング販売をしているので、海外の収益が悪いはずなのですが、これを決算から外すことで、好決算を演出し、株価を吊り上げ、そこで資金を獲得しているということです。

子会社に損失を付け替えるのは、粉飾決算の常套手段ですが、これが何処まで行われているのか、蓋を開けてみないと分かりません。

また、現代自動車のマーケティング手法は、当面の売上を確保して、隠れ損失を先送りするというものなので、負の部分がどう現れるのか・・・・・

ちょっと説明が面倒なので、こちらのブログの記事を参考にしてください。

ソフトバンク増収増益の秘密

これは、ソフトバンクの携帯販売を取り上げた事例ですが、基本的には、現代自動車のマーケティングも同じです。

失業補償、ガソリン補助などの販売促進策は、車の販売台数と価格を購入時には保っていますが、後から実質の値引き分の支払いが派生します。

こういう販売をすると、後から来る実質値引き分の支払いを補うために、それ以上の販売台数を確保しないと破綻してしまうという自転車操業に陥ってしまいます。

もしそれが反転すると、業績は一気に悪化、株価も急反落し、資金繰りが一気に悪化し、破綻します。

まあ、自転車操業をしているうちに、独占的な販売シェアを確保し、ライバルを駆逐し、販売価格を吊り上げて、利益を拡大することができれば、生き残ること、それも独占的巨大企業として生き残ることができます。

ハイリスクハイリターンのギャンブル経営の典型のような戦略です。

                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              25位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ