沈下橋の構造って・・・シンプルです。

2009.08.19 06:43|四万十川のあれこれ
四万十がで日々徒然というタイトルながら、ここのところ、殆ど四万十川の話が出て来ない当ブログですが、たまには・・・

先日の大雨で、長生の沈下橋が壊れましたね。

四万十川沈下橋

以前は、こんな感じでした。

四万十川沈下橋

この沈下橋は、まだまだ生活道で活躍しているので、困っている人もかなりいると思いますが、壊れた沈下橋と言えば、こちらの方が先です。

四万十川沈下橋

これは、葛川の沈下橋ですが、もう道が封鎖されていて、全く生活道として使われていないので、5年前に壊れてから、今までずっとこの姿のままです。

これが壊れたのが5年前、そして、これだけの大雨は5年振り・・・そう、あの2004年大殺界以来という感じでした。

かなりの大雨でした。

本題に入りますが、沈下橋というのは、構造がとてもシンプルで、欄干がないことで、大雨で水面下に沈下しても、流されること無く保てるのですが、この間、葛川の沈下橋をマジマジと見てみたら・・・

四万十川沈下橋

うげっ・・・・

コンクリートの板を橋桁に載せているだけで、何にも止めていないんですね。

橋桁のくぼみの中にすっぽり入れて、後は、コンクリート板の自重だけで安定させているわけです。

いや~~~シンプルだとは思っていましたが、ここまで手抜きシンプルだとは思っていませんでした。

これでも殆どの大水でも壊れないのですから・・・コンクリート強度が経年劣化で落ちて、それで橋桁の突起の部分が崩れない限り、まず大丈夫なんですから、なるほどと感心してしまいました。

それに、もし壊れても、これならば、直すが簡単ですしね。

壊れたら直せばいい・・・だから、お金を掛けずに構造をシンプルにする・・・・これはこれで、とても合理的です。

                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              25位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。


関連記事

Comment

これぁ…

沈下橋が壊れるたぁ凄かったんやね
しかも壊れても治さん橋もあるがかえ…
しかも橋の構造も初めて知った
いや・・・ハジメマシテ弐式です
(@_@;)ドモドモ

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ