サムスン電子の第2四半期の決算を見る・・・

2009.07.25 02:29|アジア経済(韓国、中国)
今回も、ちょっと予定変更で、韓国サムスン電子の業績を見てみましょう。

このテーマは、以前に「サムスン電子の2008年の決算を見ると・・・」という記事で取り上げましたので、事後経過というやつです。

韓国サムスン電子の第2四半期、純利益が10四半期で最大

[ソウル 24日 ロイター] 韓国のサムスン電子(005930.KS: 株価, 企業情報, レポート)が発表した第2・四半期決算は5%増益で、市場予想を上回った。純利益は10四半期で最大を記録した。主力の半導体事業が黒字に転換した。

 地元証券会社の情報技術(IT)専門家は「サムスンはDDR3(ダブル・データ・レート)で主導しており、現在の半導体セクターの回復の恩恵を最も受けるだろう」と指摘。「懸念されるのは、携帯電話機部門が市場の期待に届かないかもしれないことだ。メモリーチップとフラットパネルが、下半期の最大の下支え役になる」との見方を示した。

 一方、サムスンは、年内の業績について、慎重な見方を示している。

 サムスンの広報担当者は「営業利益がウォン高や競争激化の影響を受ける可能性があり、年内については慎重な見方を維持する」と述べた。

 サムスンの半導体部門は、営業利益率(連結)が第2・四半期に4%となり、第1・四半期のマイナス13%からプラスに転換した。ただ携帯電話部門の利益率は10%で、第1・四半期の11%から低下した。

 第2・四半期の純利益は2兆2500億ウォン(18億1000万ドル)と、前年同期の2兆1400億ウォンから5%増加。ロイターがまとめたアナリスト11人の予想平均1兆6800億ウォンを上回った。

 営業利益は1兆0600億ウォン、アナリスト予想は1兆1900億ウォンだった。前年同期の2兆1500億ウォンは大幅に下回っているものの、第1・四半期の1480億ウォンの7倍の水準となっている。

 売上高は21兆ウォンとなり、前年同期の18兆ウォンを上回った。


なんか、とても好調のようですね。

おや、おや、韓国経済=サムスン電子とも言われるぐらいの存在が好調ということは、ひょっとして韓国経済が経済危機を克服したの?

というわけで、現代自動車に続いて、サムスン電子の決算書を見てみましょう!!

サムスン決算
(画像をクリックすると、大きく見れます)

これは、サムスン電子のHPで公開されている資料です。

英語なので、分かりにくいかもしれませんが、現代自動車にかなりダブります。

まず、売上(Sales)が上がっていますが、韓国内(Domestic)の売上の方が伸びています。

そう、独占市場の国内市場の景気対策が効いているがよく分かります。輸出も、中国向けが牽引しているようです。

次に、販売コスト(Cost of Sales)ですが、これは高止まっていますが、原料価格が落ちたことで、多少改善しています。

そこで、かなり利益が確保されているのですが、やっぱりマーケティング費用を大きく掛けています。

つまり、売上を上げるために、かなりの販促策を実施しているということです。

その結果、営業利益(Operating Profits)率は、5.1%になっていますので、かなり薄利多売をしていることが分かります。

しかし、問題は、ここから・・・ここまでは、そんなに問題ないとも言えるのですが、興味をそそられるのは、営業外収益(Non OP Income & Expenses)の方です。

為替差益に関してはマイナスですが、株式の配当金(Gain (or Loss) on Equity Investment)の方は、大きく増やしています。営業利益の1.4倍近い額ですからね。

この額は、08年の年間を通した配当金利益に匹敵する額で、それを3ヶ月で稼いだわけです。

韓国の株式市場KOSPIが上昇していますね。いよいよ1500ウォンを超えてきました。リーマンショック以降の最安値が900ウォン台まで落ちましたから、5割以上上がったことになります。

これが何を意味するのでしょうか?

まあ、もう言うまでもありませんが、世界各国の財政出動による金余り状態によって息を吹き返したハゲタカさんたちが韓国にマネーを流入させているのです。

韓国市場は、市場相場を容易に操作が出来、乱高下を起こすことができます。

そして、ハゲタカさんたちにとって、この乱高下が儲けるチャンスをもたらすのです。上がりも下がりもしない安定市場は、差益が見込めないので、運用益を出しにくいのです。

韓国市場は、ハゲタカさんにとっての格好の狩場となっており、ハゲタカさんの復活と共に、サムスン電子の収益構造も復活していたわけです。

日本の電機メーカーが巨額の構造改革(リストラ)費用を特別損失に計上しているのに対して、配当金収益で純利益を水増ししているサムスン電子・・・・どちらが正しいのか?

まだまだ、要注目です。

                     ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              25位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。


関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ