預貯金は、金融機関への貸付けです。

2009.06.18 09:31|社会情勢
ところで、日本政府の借金、すなわち日本国債の貸し手、まあいわゆる貸付している債権者は、日本国民です。

正確には、日本国民の預貯金、とりわけ郵貯や年金基金であったりします。

今回の日本政府の財政出動も、元を辿っていけば、ここら辺に行き着きます。

日本国民が膨大な預貯金を抱えているのは事実なので、それを国内だけでなく世界中に貸し付けているわけです。

何度も繰り返しますが、日本政府に破綻の恐れがあったとしても、今のところ、日本という国が破綻することはまずあり得ません。

もちろん、日本政府という子供の親である国民は、連帯保証人みたいなものなので、借金の返済義務を負わされます。

では、どのように負わされるのか?

増税、通貨増刷、社会保障の低下などの処置があるのですが、最も混乱が少ないのは、以前にも書きましたが、増税です。

増税ならば、まだ政府が社会をコントロール化に置けているので、物の流れ(経済)に不可欠な信用保証がまだ効くからです。

しかし、この増税が難しい・・・

最も妥当なのは、昭和21年がそうであったように、預貯金から徴収することです。

もともと蓄えられている余力部分、人間でいう所の脂肪のような所なので、社会生活に与える影響は、その他の方法と比較すると、かなり限定的になります。

GMの破綻に見られるように、債権者に債権圧縮を迫ることで、事前調整型の破綻のようにすることで、一番混乱無く、財政再建に進めるようになります。

預貯金に対する考え方で勘違いが多いのですが、金融機関への預金というのは、言い方を換えると、貸付です。

そう、法人であろうと、個人であろうと、金融機関にお金を貸しているのです、金融機関は借金をしているのです。

ですので、利息という名の利子を付けて返さないといけないわけです。

そして、債権者(貸し手)である以上、その債務に対して責任があります。

債務者が返せなくなれば、それは、貸した方にも責任があるのです・・・・・これ、社会常識です。

だから、返せそうに無い人にお金を貸さないですし、ちゃんとリスクを考えてするものなのです。

郵貯・・・・この国有銀行は、日本政府、しいては、その先にある国民への徴税権を連帯保証人することで、格段の信用力を得て、国民はこぞって貸付をし、巨大化していきました。

この借金は、日本政府にさらに貸し付けられ、かんぽの宿にも見られるように、とてつもない不良債権と化しているのです。

この不良債権の責任は、もちろん運用に失敗した政府にあるのですが、そんな政府にお金を貸し付けている郵貯に、お金を貸している方にも、やっぱり責任があるはずです。

とするならば、預貯金から徴収するのが、一番公平性が保てるということになるでしょう。

しかし、現在のグローバルな社会では、これはこれで相当に難しい。

時間切れ、続きは次回に・・・・

                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

『蛇にピアス』主演で吉高由里子フルヌード披露!過激すぎてお蔵入りした動画入手!

『蛇にピアス』はあまりにも暴力や性描写が多いためかなりお蔵入りとなったシーンがかなり多いと言われていますが、そのお蔵入りとなった過激な動画を入手したので一足先にご覧ください!

http://oxdrotsh.blogspot.com/
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来栖あつこのマッサージ中に・・・!丸.見え映.像!!

精神不安定を自身のブログで告白、女性誌で年下の俳優との交際トラブルを告白したタレントの来栖あつこさん(31)が30日、都内で会見を...
| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ