赤字国債は、国家破綻に導く麻薬・・・(その10)

2009.05.21 01:29|麻薬に犯された世界経済
さて、「赤字国債は、国家破綻に導く麻薬・・・」の続きです。

前回の記事は、こちらです。

日本政府の巨額の財政赤字の代償は、必ず国民に押し寄せてきます。

問題は、誰がそれを負担するのか?

そう、これは、かなり選択が分かれる所です。

増税ならば、消費税のように広く均等に負担してもらうようにするか、所得税のように富裕層により多く負担してもらうようにするか、それとも、資産税のように資産に対して課税するのか・・・・ともかく、税制をどう策定するかによって、国民一人当たりの負担率が変わってきます。

・・・・これ、どう策定しても、負担が多い層が不満を持つことでしょう。

紙幣の増刷ならば、円の価値が暴落しますので、現金資産を有している人の負担が大きくなります。
というか、日常必需品などを生産する設備や土地など、いわゆる固定資産が目減りすることはないので、現金や預金などの流動資産を多く抱える庶民層の負担が半端では無くなります。

・・・・これ、とてつもなく貧富の差を拡大させます。

社会保障サービスの低下ならば、それを補うために、資産のある人は民間サービスで代替するでしょうから、結局資産の無い庶民層の生活レベルが低下します。

・・・・これ、米国の現実ですが、とてつもない貧富の差を拡大させます。

まあ、富裕層への増税以外は、貧富の差の拡大ということが起こりわけです。

では、現実的には、どうなるのでしょうか?

これは、日本の国民性によるので、難しいところなのですが、恐らく・・・どれを選んでも、最終的には、政府の再構築ということになると思います。

これ、政権交代では対応できません。

自民党だろうが、民主党だろうが、共産党だろうが・・・・政府そのものが維持されている以上、借金の踏み倒しが出来ないからです。

返済が無理な以上、債権放棄をしてもらう以外に道は無いのですが、増税、紙幣増刷、社会保障サービスの低下・・・・どんな政権になろうとも、これを実行するのは難しい。

一番簡単なのは、倒産企業の民事再生法のように、一旦破産させた上で、債務を分離し、優良資産を受け継いだ新会社を立ち上げ、それで一からやり直すということです。

政府・・・・これ、財政破綻で転覆するのは、歴史上よくあることですから、特に珍しいことではないのですが、債権者がどんなに経営責任などを追求しても、あれは前の会社のアホな経営者の所為で、自分たちは関係ないと白を切ってしまえば、債権は霧散してしまいます。

まあ、貸し損ですが・・・・

時間切れ、続く

                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、20位くらいです。 応援よろしくお願いします。






関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ