ウォーレン・バフェット、韓国株を買う・・・

2009.05.08 01:01|アジア経済(韓国、中国)
ところで、韓国経済がここのところ復調傾向ですね。ウォンも、1ドル当たり1200ウォン代にまで下がりましたし・・・・

ウォン

韓国の株式市場も、かなり上昇していますね。

外貨準備高も、2124億8000万ドルにまで増えていますしね、

貿易黒字も、過去最高の60億ドル以上を記録しました。

・・・・・・

・・・・

・・・

・・

なんか、良い事尽くめ?

しかも、米国の著名な投資家のウォーレン・バフェット氏も、韓国株をお勧めしていますしね。

世界的投資家バフェット氏、韓国企業を絶賛

 米国の投資持株会社バークシャー・ハサウェイの会長であるウォーレン・バフェット氏は3日、「韓国には優秀な企業が多く、追加の投資対象を探している」と述べた。この日、同社の本社があるネブラスカ州オマハのマリオットホテルで行われた会見で同氏は、「これまで韓国人は特に製造業で大きな成果を上げてきた。今後も数年は韓国経済の発展が続くだろう」と予想した。

 とりわけ韓国の優秀な企業を称賛し、「昨年、個人的に韓国のある企業の株を購入した。バークシャー・ハサウェイとしても、有望な韓国企業数社を追加の投資対象リストに載せて検討を行っている。基本的に韓国の株は適切な価格で購入すれば、今後も多くの利益をもたらしてくれるだろう」と明るい見通しを示した。

 バフェット氏は追加の購入対象としている韓国企業について、「バークシャー・ハサウェイの収益に影響を及ぼすほどの規模を持つ世界的な大企業が必要だ」と述べたが、「投資対象となる企業が属する業界は競争が激しいため、その分野も公開はできない」と慎重だった。また、韓国企業への投資に向けて2000ページの企業ハンドブックや韓国信用評価企業情報網サービス(KIS line)なども利用していると語った。バークシャー・ハサウェイはポスコの5.2%をはじめとして、20種類以上の韓国株を所有しているという。バフェット氏はポスコについて「世界で最も優れた鉄鋼メーカー」と評し、鉄鋼産業は今は困難な状況にあるが、今後は業績が改善するだろうと予想した。

 バフェット氏と共に投資を行っているバークシャー・ハサウェイのチャーリー・マンガー副会長も、「ポスコはエンジニアリング、生産、効率性、財務の健全性などの側面で非常に優れている。韓国のような小さな国が世界最高の企業を持つことは簡単なことではないが、韓国はポスコだけではなく、複数の優秀な企業を持っている」と述べた。保守的な投資を行うことで知られるマンガー副会長のファミリー・ファンドは投資先を3カ国に絞っているが、ここに韓国も含まれている。

ソース:朝鮮日報


ウォーレン・バフェット氏は、ご存知のとおり、百戦錬磨の凄腕投資家で、実を言うと、とても興味をそそられれる人物だったので、そのうちこのブログでも取り上げたいなあ、と思っていたりもしています。

そんなバフェット氏がお薦めしているのですから・・・・・韓国経済は、やっぱり将来有望なのかな?

実際、ただいまの韓国株の上昇は、外国人投資家によるものみたいですしね。

外国人の1日平均買い越し額、過去5年で最大

【ソウル7日聯合ニュース】国内株式市場で外国人投資家の1日平均買い越し規模が5年ぶりの高水準を記録したことがわかった。
 証券業界が7日に明らかにしたところによると、有価証券市場での外国人の1日平均買い越し額は4月は1900億ウォン(約147億円)で、2250億ウォンを記録した2004年1月以降で最高水準と集計された。1日平均買い越し額は外国人の月累計買い越し額を営業日数で割った数値だ。外国人は有価証券市場で年初から4月末まで5兆3854億ウォンの買い越し、特に4月のひと月で4兆2008億ウォン相当を買い、株価上昇をけん引した。

 今月に入ってからも3営業日連続で「バイコリア」が続いており、前日までの2営業日では7176億ウォンの買い越しとなっている。

 専門家らはおおむね、外国人のこうした買い越しは続くと見通す。ハナ大投証券のパク・キヨン研究員は、外国人の1日平均買い越し規模は増加傾向にあり、これが指数上昇の主要けん引役となっていると話した。

 東部証券のソン・ギョングン研究員は、最近のウォン高で外国人は為替利益も得られるため、買い越し傾向はしばらく続くとした。東洋総合金融証券のイ・ジェマン研究員も、国内経済の健全性を表す外貨流動性が改善しており、これがウォンの価値上昇に肯定的な影響を与える可能性は高く、これに伴い外国人による資金の追加流入が可能になるとの見通しを示した。


・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・



まあ、それはないでしょう!!

そもそも、韓国株の上昇は、韓国経済の力というよりも、外国人投資家の買い越しにも見られるように、世界の主要国、とりわけ米国の財政出動の賜物に他なりません。

ウォーレン・バフェット氏、自分がよく分からないところには投資をしない方針らしいですが、そもそも韓国の金融機関が米国のハゲタカさんたちに牛耳られているのですから、そして、そのゴールドマン・サックスやバンク・オブ・アメリカなどの株を大量に保有しているのですから、韓国経済へのお金の出入りなど、手に取るように分かるのでしょう。

さらに言えば、米国の財政出動を主導しているのも、どうもハゲタカさんたちのようなので、まだまだ対処療法的な救済措置の効果は持続するのでしょう。

しかし、オバマ米国大統領・・・・チェンジ、チェンジと申していますが、どうもハゲタカさんたちの延命にご執心のようで、米国経済の方が心配になってしまいます。

米国の浮沈は、本当に影響が大きいですからね。

まあ、それはともかく、オバマ大統領が心血注いで金融システムの保護に勤しんでいることで、金余り状態へと揺り戻されているので、このマネーが呼び水となって、投資先を求めて、原油を初めとした資源価格、株価などが上昇しています。

落ち込みが激しかった分、韓国経済の揺り戻し効果も大きかったようです。

                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              35位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、20位くらいです。 応援よろしくお願いします。



関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ