山から木を切り出すのは大変!!その4

2007.09.16 22:27|山で木を切るのは大変!!
初めての方は、その1・2・3をどうぞ!!

さて、山に木を切りに行って、いきなり危機的状況に陥ってしまった私、奥の家♂ですが、この状況をどう打破したのでしょう。

とりあえず、切れた幹を全体重をかけて揺らしてみました。

ちなみに、これは、とても危険なので、やめましょう。もし万が一、全体重をかけている時に幹が倒れて、それに挟まれでもしたらよくて大怪我、下手したら死にます。

まあ、私の場合、ビクともしませんでしたが・・・

次に、クサビを打ってみることにしました。
が、そもそも揺らしても全然動かない幹です。今更切り口にクサビを打ち込もうとしても、入り込むわけがありません。

あ~~~幹に挟まれているチェーンソーの何とも哀れな姿・・・・

ここで考えました。

無い知恵を振り絞って考えました。

・・・・

・・・

・・



そうだ!!


ハウツー本にこう書かれていたのを思い出しました。

プロの林業家は、ワイヤーとかを使って自由自在に木を倒して行くと・・・

そう、そう、ワイヤーとウィンチを使えば、幹を倒すことは可能なんじゃないか、と。

善は急げ、です。

もちろん、ワイヤーとウィンチは持っていなかったので、とりあえずDIYに行って購入してきました。
それから早速、切った幹と隣の木の幹にワイヤーをかけ、ウィンチで引っ張ってみました。

動きました(喜)。

まず、チェーンソーが取れました。

それから、更に引っ張ってみたら、木も倒れました。

なせば、なるものだなあ!!

が、まだ木が倒れたに過ぎません。

これから、この木を山から降ろさなければなりません。

つづく・・・

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川の風景

場所は、高知県四万十町(旧十和村)です。
遠くに見えるのは、芽吹手沈下橋です。
「芽吹手」と書いて、「かやぶくて」と読みます。
が、実はこれは通称で、正式名称は、新谷橋と言います。
入り口の看板にも、芽吹手沈下橋と書いてあるのですが・・・・

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。




関連記事

Comment

No title

いつも応援ありがとうございます。
家の近くの蜜蜂の巣箱も、散歩で通りかかると、いつもスズメバチが群がっています。
これからいよいよですね・・・

山林作業は危険がいっぱい!

危険な作業なので、事故に気をつけて下さい!
そう、この時期はスズメバチの活動期、攻撃性が強くなっているので・・注意ね!
ランキング応援して・・・と、またです!
非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ