韓国経済は、まさに自転車操業・・・

2009.01.19 21:03|アジア経済(韓国、中国)
ところで、今日ですが、朝鮮日報にこんな記事がありました。

産業銀、20億ドルの海外債権を発行
韓国政府の保証なしに成就

 産業銀行は17日、20億ドル(約1820億円)規模の海外債権を、政府の保証なしに発行することに成功した。産銀が発行した海外債権は5年満期の固定金利ドル建てで、金利はライボー(ロンドン銀行間出し手金利)に6.15%を上乗せしたものとなった。産銀関係者は「今回発行した海外債権には、発行額の3倍に達する注文が殺到するなど、海外投資家の関心が非常に高かった」と説明した。

 昨年9月のリーマン・ブラザーズ倒産以降、不安定な状況が続いている金融市場について、今年はやや安定を取り戻すと産銀は予想してきたが、今回はそのような中での債権発行成就となった。今回調達した資金は海外からの借金返済や、外貨建て融資などに振り向ける計画だという。

姜京希(カン・ギョンヒ)記者

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

・・・・・・・・

これって、政府系の銀行のお手柄みたいに書いていますが、実際のところ、相当に資金繰りに行き詰まっているってことですよね?

ただいま、世界中で利下げが行われていて、米国も日本もゼロ金利政策を採っています。韓国も、2.5%ぐらいだったような・・・・

にもかかわらず、です。

ライボー(ロンドン銀行間出し手金利)に6.15%を上乗せして買い手が殺到したって・・・・

無茶苦茶でしょ。

・・・・

ちなみに、ライボー とは??

LIBOR( ライボー = London Interbank Offered Rate )とは、ロンドンにある金融の中心地であるシティ( ロンドン市場 )の銀行間取引金利のことを指す。LIBORは、変動金利指標の中心であり、短期金利の指標としても使われている。英国銀行協会( BBA = Britisch Bankers’ Association )が毎日通貨ごとに、午前11時の時点での複数の銀行の金利を集計した上で決定、発表しているものになる。LIBOR は貸し出し側のレートであり、単に LIBOR と言うこともあれば、BBA LIBOR と呼ばれることもある。
LIBOR は、プロジェクト ファイナンスと呼ばれる、会社自体ではなく、その会社の個々のプロジェクトに対して国際的な融資をする際にも貸し手側の金利の指標のひとつとして用いられることが多いものである。その際は、「 LIBOR に~パーセント上乗せ 」というように使われることが多い。プロジェクトファイナンスは、会社自体の信用や業績とは関係なく、そのプロジェクトの成功率やリスク等によって融資を受けることができるものになっている。
ちなみに東京の銀行間取引金利は、 TIBOR( タイボー )と呼ばれ、こちらも LIBOR 同様に毎日午前11時の時点での複数の銀行の金利を集計した上で、決定、発表されているものである。会社やプロジェクトがリスクの高いものであればあるほど、 LIBOR や TIBOR よりも高い金利で融資を受けることになると考えられる。
                                      文:松井 芽久美


・・・・・

そう、このライボーは、変動金利指標の中心であり、短期金利の指標としても使われているものらしいのですが、韓国産業銀行は、5年満期という長期債権の固定金利、そして・・・・6.15%の上乗せ金利での発行です。

・・・・・

・・・・

・・・

・・



一体、どれだけリスクがあると考えられているんでしょう???

というか、こんな高金利で返済できるの??

政府系とはいえ銀行ですから、ここで調達した20億ドルを使って、それを運用してこの金利以上の運用益を出さないといけないはずなのですが・・・・・

・・・・・・

いやいや、十分な外貨準備金がると言いながら、何ともおかしな条件でお金を借りるものです。

ちなみに、この20億ドルの使い方ですが、海外からの借金返済、外貨建て融資に使われると書いてありますね。

海外からの借金返済・・・・・つまり、借金の借り換えということかな・・・・借金で借金の返済をすることを何というかというと・・・・自転車操業!!と言います。
しかも、どんどん高金利での借り換えになっているのですから・・・・自転車、相当高速で回っていますね。

外貨建て融資・・・・・・つまり、外貨準備高の偽装ということかな・・・・ひょっとして、また今月も外貨準備高増えていたりして(笑)

外貨準備高というのは、実を言うと、見かけ上大きくすることが出来ます。簡単に言えば、このように、債権を発行して資金を融通し、それで米国債とかを買えば、ドル建ての外貨準備高はその分だけ増えます。でも、言うまでもなく、これは、借金で調達した資金で融資しているので、右から左に流しているだけで、見かけ上の資金に過ぎません。

ただいま、中国が外貨準備高世界一ですが、これだけで財務状況が優れているということを意味していないのです。

そもそも、外貨準備高の上位は、中国、日本、台湾・・・などのアジア諸国が並んでいますが、これは、ドル決算の貿易が多いからにほかなりません。ヨーロッパ諸国は、ユーロがありますので、ドルの外貨準備はそんなに必要ないのです。米国は、もちろん無くても大丈夫ですし・・・・

話を韓国に戻しますが、韓米スワップ協定を使用して30億ドルを調達したようですね。

これも、言うまでもなく、借金です。金利も付きます。

その返済期限は、4月末ですが、こんなに借金しまくって、どう対処するのでしょう???

やっぱり、韓国から目が離せませんね・・・・
                        ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。



関連記事

タグ:韓国経済 韓国

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ