スズメバチに襲われるの巻 その3

2007.09.05 22:29|スズメバチに襲われるの巻
初めての方はこちらをどうぞ。

その1
その2

さて、キイロスズメバチが飛び交う小屋で鶏の世話をすることがとても危険なことが分かりました。

巣の近くを通るだけで、襲って来るくらい凶暴らしいのです。

1匹ならまだしも、集団で襲われたら、マジで死にそうです。

何せ、最盛期には働き蜂が1000匹を超えるそうですから・・・・

・・・・

・・・

・・

(滝汗)


そして実際に、鶏に餌をあげていたら、刺されましたよ、しっかり!!

手の甲にブスッと。



あ、いた、た・・・・

ともかく、即座に逃げて、川の中に手を入れて、毒を薄めました。

その時に刺しに来たのは1匹だけだったので、大事にはなりませんでしたが、こちらが何もしなくても、スズメバチが襲ってくることが身に染みて分かりました。

もし何かの拍子で鶏が騒いでスズメバチを刺激でもしようものなら、どうなるか分かったものではありません。

スズメバチに刺されて、1週間後に死体で発見では、洒落にもなりません。


が、そう言っても、毎日の鶏の世話をしないわけにはいきません。生活かかっていますから・・・・


どうしよう・・・


どうしよう・・・・

どうしよう・・・・・



ところで、このとき、とっても疑問に思ったことがありました。

鶏はどうして大丈夫なのだろうか?と。

私が少し近づいただけでも刺すのですから、一日中小屋の中にいる100羽くらいの鶏は、普段と同じように羽ばたいて騒いでいるわけですし、もう刺されまくってもおかしくないはず、というより、もう蜂だらけで死んでいる鶏だらけの方が理屈に合うじゃないか、と。

それとも、鶏は、スズメバチに刺されても大丈夫なのでしょうか?

う~~ん、謎だ?

誰か答えを知っている人がいたら、教えてください。


まあ、それはともかく、


どうする、俺?



四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川の風景

場所は、高知県四万十市西土佐江川崎です。
何故か、橋の欄干からロープで降りています。
ちなみに、ちゃんと管轄官庁から許可をいただいております。

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。



関連記事

Comment

非公開コメント

| 2020.10 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ