日本の不動産の20年後の姿は・・・・

2008.12.23 00:37|社会情勢
ところで、前回不動産価格の推移について取り上げました。

今後の不動産価格は、底値が分からないくらい下落しそうなのですが、もちっと、奥の家的予想を立ててみたいと思います。

こちらの人口ピラミッドをもう一度見てください。

人口ピラミッド

これって、不動産価格が下がるというよりも、住宅需要が半分以下に落ち込むということなんですよね。

今から各世代の人口を増やすことは出来ないのですから、これは確実に訪れます。

では、2030年の予測を見てみましょう。

人口ピラミッド

これは、20数年後の予測ですので、そんなに先にことではありませんが、ちょっとマジでやばいです。

住宅の購買層が半減していますので、住宅需要が半減するのは確かですが、気になるのは、その上の方です。

そう、団塊世代が80歳代になって、ピラミッドの山がそのまま上に行っているのです。

団塊世代が如何に元気だと言っても、この年まで、マンションで夫婦(もしくは、1人)で生活できる人は少ないと思います。

普通に考えれば、老人ホーム等の施設に移動している人が多いことでしょう。

とすると、何が起こるかというと、大量の中古マンションが溢れ出て来るということになります。

この大量の中古マンションは、さらなる負担をもたらします。

そもそも、マンションの場合、すべての部屋が一気に空になるということは少なく、歯抜けのように徐々に空き室が増えていきます。

これは、かなり大問題です。

マンションを購入した人はご存知の通り、マンションの共益スペースなどの維持のための管理費、それから修繕費などが毎月支払われています。

これは、今のところ、ほぼ満室の状態で算定されていますので、空き室が増えれば増えるほど、在室の人の負担が増加することを意味しています。

そう、購入したマンションだけど、そこに住み続けるためには、家賃を払う以上のものになりかねないのです。

すると、今度は、元気な老人も、今のマンションから別の狭い部屋を賃貸しようとすることが考えられます。

そもそも、子供が独立したり、配偶者を無くしたり、居住人数が減少してくると、大きな住居は、とても不便なものになります。

日々の掃除だけでなく、家の修繕維持など、だんだんと難しくなるからです。

そんな時は、むしろ狭いマンションの方が住みやすくなったりさえするのです。

という感じで、マンションからどんどん人がいなくなるのですが、その中古マンションを購入する層がとてつもなく少ないのです。

そもそも、この世代が中古マンションを買うとはとても思えない。なぜなら、土地があまり、不動産価格が下落しているのですから、一戸建て住宅を購入したいと思うことでしょう。

そう、中古マンションは、殆ど売れず、どんどん居住者が減少していくことになるのです。

その結果、更に不動産価格が落ち込み、どんどんゴーストマンションが増えていくことでしょう。

特に、高層マンションが危なそうです。

高層マンションには、エレベーターが欠かせませんが、この維持はとてつもなく費用がかかるんですよね。また、建物自体の維持管理のコストも、低層マンションに比して、とてもつなく高いんですよね。

ここに、老人が住み続けるのは・・・・・なかなか難しいでしょうね。

そもそも、マンションのような集合住宅は、集合しているからこそコストパフォーマンスが一戸建て住宅に比して優れるのであって、このメリットが失われたら、今度は逆に、とてつもない高コスト住宅になってしまうのです。

・・・・・

・・・・

・・・

・・



どうです?

現在の少子高齢化問題がとてつもない大問題だということが分かっていただけたでしょうか?

不動産は、とても裾野が広い産業なので、この分野が景気全体に及ぼす影響はとても大きいのです。

直接的な建設需要の減少だけでなく、公共交通機関等のインフラの維持も難しくなるのです。

まあ、山奥暮らしの我が奥の家の場合、そもそもマンション自体が縁遠い存在なので、経済素人の予測と読み飛ばしてください。


                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。

関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ