スズメバチに襲われるの巻 その1

2007.09.03 22:04|スズメバチに襲われるの巻
昨日の日記に、bee83さんからコメントをいただきました。
ブログを拝見させていただいたら、蜜蜂を飼育されているそうで、スズメバチの捕獲器が自作されていました。

スズメバチと言えば、私には苦い思い出があります。

ちなみに、野外での危険生物として挙げられるものの中で、私が一番怖いのはスズメバチです。

マムシで死ぬ人はあまり聞きませんが、スズメバチで死ぬ人は毎年10月・11月になると必ずニュースで聞きます。
スズメバチに襲われた時は、マジで死を覚悟しないといけない。
まあ、スズメバチと言っても、日本には8種類あって、本当に怖いのは2、3種みたいですが・・・

思い起こせば、5年前でしょうか。

その当時、私は鶏を飼っていて、毎日忙しく鶏の世話をしていました。
そんな或る日、スズメバチが近所で栗の木の枝に巣を作り始めました。
ちょっと気になったのですが、無闇矢鱈に生き物を殺すのは好まなかったので、ほっとくことにしました。

9月を過ぎた頃でしょうか?そのスズメバチが鶏小屋の軒下に巣を作り出しました。

???

??

後で知ったのですが、そのスズメバチは、巣をお引越しするタイプだったのです。

まあ、その前の年にもスズメバチが1メートルくらい離れたところに巣を作ったのですが、ボウリングボールぐらいの大きさで、とくに問題が無かったので、大丈夫だとタカをくくっていたのです。

ところが、です。

10月を過ぎた頃から、日に日に大きくなって行くんです。

もう崩れて上部しか残っていませんが、のような感じにまでなりました。

スズメバチの巣

あ~~~、で、でかい。

スズメバチの巣

この中に、スズメバチが詰まっていたわけですね。

大きさは、およそ50センチくらいあったでしょうか。

ちょっと、デカ過ぎます。

こんな巣が鶏小屋の軒下にあるんです。


当然、鶏小屋の中は、スズメバチが飛び交っています。


そして、朝、鶏小屋に行くと、中にびっしりとスズメバチが張り付いているんです。


・・・・・


・・・・


・・・

・・



どうする、俺?




四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川の風景

場所は、高知県中土佐町(旧大野見村)高樋沈下橋です。
「高樋」と書いて、「たかひ」と読みます。
この沈下橋は、四万十川最上流に位置しています。
小さな橋ですが、とても透明度の高い流れが見れます。
ちなみに、このブログの表紙は、この付近の水面の画像を使っています。

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。



関連記事

Comment

非公開コメント

| 2020.10 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ