史上最狂の研修伝説 その2

2008.04.02 00:31|アウトドア
四万十川での日々徒然のサイトマップはこちらの記事になります。


さて、キャニオニングの研修にやってきたのは、兵庫県の鹿が壺という所でした。

先生は、鹿が壺をフィールドにしてキャニオニングツアーをしている国際山岳プロガイドのケンさんです。

鹿が壺というフィールドは、小さな滑めた滝や深い滝壺がコンパクトに並んでおり、キャニオニングをするには、とても良い条件が揃っています。

こんな小さな滝と滝壺があれば、もう滑り落ちるのは、かなりスリリングです。

4.1鹿が壺1

もちろん、子供でも、女性でも、安全にスライダーを楽しめます。

4.1鹿が壺2

滝壺に皆で入れば、まるで温泉のようですね(笑)。

4.1鹿が壺3

こんな感じで、子供でも女性でも楽しめるので、4日間のキャニオニングの研修も、そんなに大変ではないだろうと思っていました、最初は・・・

そして実際、研修初日は、普段ケンさんがお客さんに体験してもらっているメニューを中心にしたので、大変というより、結構面白かったです。

あ~~~こんなフィールドが四万十にあったらいいなあ、などと軽く思っていました。

が、それは嵐の前の静けさに過ぎなかったのです。そのことは、翌日から思い知らされることになるのです。

つづく

                                      ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキ        ングがあがります。
              なんとか・・・、30位くらいに・・・
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、おお~~なんとか5位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川4.1

題名は、「滑床渓谷でキャニオニング4」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「えへ!」です。

196えへ

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ