スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学とは、ヒューマニズムの極致・・・

2013.04.18 02:38|思索
ちょっと面白い記事があったので、ご紹介!!

主役はダーク

「科学者が物理法則と呼んでいるものは、本質的には宗教で神と呼ばれているものと同一なのではないか」という考えですが、これは、まさに正鵠を射ていて・・・

科学とは何か?

宗教とは何か?

神とは何か?

世界とは何か?

この問いの答えが明確になっていなければ、賛否の結論なんて出ない、というか、何がなんだか分からない見解なので、これを掘り下げていくと、百科事典のような厚さの文章量が必要になって来ます。

この記事で、池田氏は、キリスト教の信仰・・・となぞっていますが、これは誤解を生みます。

そもそもキリスト教とは何か?・・・これがあいまいです。

絶対神という1神教ならば、これは何もキリスト教に限ったものではない。

キリスト教のキリスト教的なるものの定義が曖昧なままでは、ここに民族宗教の名を出すのは、これはこれでおかしな事です。

キリスト教の本質とは何か?

私が正鵠を射ているというのは、上の文で知の限界が指摘されていることです。

科学の根幹を支える原理は、合理性と実証性です。

科学という価値観を信じるということは、「合理的に考えられる世界がすべて」という信仰を持つことです。

思考は、エクスカリバーのように、すべてを論理化し・・・いな、真理という原理が支配している世界を読み解く能力ということかな。

絶対知である神を信じる・・これがキリスト教的とするならば・・・・

人知を絶対的に信じる・・・これが科学的となるでしょう。

科学とは、ヒューマニズムの極致です。

絶対知が神という人間以外の存在とされていることを裏返せば、それは、人知が未完の知しか持ちえていないということになります。

原罪を有し、堕落した存在ですね。

神が絶対であり、すべてであり、人は、知を有しているけれど、神の統べる世界の中に存在する知を有する存在に過ぎないのです。

科学では、神は存在せず、人知は万能となり、すべての知を解き明かすことができる能力とされることになった。

今はまだ解き明かされていないけれど、いずれ科学的探求が進めば、すべてが解き明かされる・・・この前提に立っているわけです。

しかし、本当にそうなのか?

思考とは、エクスカリバーなのか?

科学はヒューマニズムである・・・

科学はニヒリズムである・・・

これは、ニーチェの言葉です。

思考には限界がある・・・これを紛れも無く認めることができた時、己の能力の限界を自覚した時、世界は全く別の姿となって現れることでしょう。

そうそう、先日ですが、某経済レポート誌の記者さんに、趣味は何ですか?と聞かれました。

う~~~ん、アウトドアでないことは確かで、インドア派なんですけど、趣味ね。

あ~~~やっぱり哲学ですね。

農業にしろ、キャニオニングにしろ、デザインにしろ・・・どれも生活の糧を稼ぐ為になっているので、仕事であって、趣味とは言えない。

お金を稼ぐという意図から全く離れてやっていることは、哲学です。

大学に残って研究者の道を目指す・・・これに興味が沸かなかったのは、多分仕事としてやりたいことではなかったからでしょう。

哲学は、趣味であると同時に、ライフワークでもあります。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2018.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。