スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼンはシンプルに・・・

2013.02.14 23:39|思索
本日は、助成金申請の為のプレゼンの事前模擬練習会というやつに行っていました。

本番は、来週にあります。

このタイプのプレゼンというやつは、できるだけ論旨をシンプルにするのがコツ・・の筈。

持ち時間は7分ですからね。

これをオーバーすることはマイナス評価にしかならないので、7分で無駄なものを省いて、アイデアというか、考え方を伝えるのがコツ・・・の筈。

思い返せば、私がまだ若かりし頃は、これが全然理解できていなかった。

学生の頃に書いた論文を読み返してみたら、ともかく反論をすべて封殺するような議論の進め方をしているんですね。

一つの見解に対して、想定される反論を自ら自問し、それを反証する・・・これを繰り返しているのです。

まあ、反論の余地がないような全く隙のない完璧な説明を目指していたのです。

ですので、文章が鬼のように長い。

長い上に、全くまとまらない。

そりゃそうです、反論に対する反証、その反証に対する反論に対する反証・・・・これを延々と想定して行くのですから、末広がりで議論の幅がどんどん広がってしまうのです。

こういうことをやっていたので、この頃の読書量は半端ではなかった。

反証を続ける為に、知識の量が必要になったからです。

こういう作業、省察は、自分自身が考えを深めるには非常に有効です。

ただ、これを相手に伝えようとするのは、あまり意味がない。

反論する余地を封殺されたら、議論にすらなりませんので・・・

それでもなお議論をしようとすると、重箱の隅を突っつくような指摘に終始するようになり、それに反証して行ったりすると、どんどん議論が矮小化して行くんですね。

反論、解釈の余地を残す・・・それには、考え方の筋だけにし、無駄な贅肉を落とすということです。

この究極がアフォリズム(断片主義)というやつで、ニーチェなんかが代表格ですね。

俳句や短歌なども、敢えてシンプルにすることで、読むものの解釈の余地を広げています。

で、話は戻しますが、プレゼンという場では、プレゼンターと審査する者がいます。

審査する方は、意見をするのが仕事です。

プレゼンの内容がどんなに隙が無くても、何も意見をしなければ、その存在意義を失います。

ということで、重箱の隅を突っつくようなこともせざるを得なくなります。

なので、重箱の隅を突っつくようなことをされたくなければ、敢えて隙を作らなければならないのです。

そう、突っ込みどころを敢えて残すのです。

こういう突っ込みが来るだろうな、ということが分かっていながら、敢えてそれを省くのです。

すると、理性的な人であれば、ちゃんとセオリー通りに、そこを質問してくれます。

当然ですが、既に想定問答は済んでいるので、迷わず答えることができます。

審査する方は、これで面目が立ち、尚且つプレゼン内容の考え方に筋が通っていることも確認できます。

となるのですが、たまにですが、全く斜め上の遥か上を超えるような質問をされることがあります。

・・・・・

・・・・

・・・

・・



それを言ったら、おしまいでしょ?

そんな突込みをされることがあります。

まあ、なかなか予定通りにはいかないものです(汗)。

今年は、パネラー1回、事例発表1回、プレゼン1回・・・という感じで既に消化しました。

自分自身の考えを整理する良い機会になるので、毎年1回ぐらいは人前で話せたらいいなと思っているのですが、今年は新年早々にクリアしました!!

これで7年連続での達成です。

来年も何かあるかな??

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2018.09 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。