スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なんで」と「だから」

2013.01.10 03:19|子育て日記
最近、来年小学生の息子ユウクンと話していると、気になることがあります。

だから・・!!

と、よく言うのです。

息子>これはこうで、こうでしょ!!

私>これというのは何だ?「これ」では分からんぞ!!

息子>だから・・・怒

という感じです。

まあ、まだまだボキャブラリーが少ないので、説明しようとしてもできないのは分かります。

本当に、これはこれで、これがこうなっていて・・・という特定単語がないことがありますので・・・汗

一応、前後の流れから推測できなくも無いのですが、敢えて分からない振りをして・・

私>これって、何だ?

と突っ込みます。

すると、小馬鹿にした感じ(もう、そんなことも知らないの~~)で、「だから!!怒」となるのです。

さてさて・・・ちょっと迷うのです。

こういう言い回しは、大人がやっては駄目ですが、子供の場合は違います。

大人がやってはいけない受け返しの代表格は・・・

なんで??



だから

です。

相手から言われたことに対して、なんで?、なんで?と大の大人が問い返して来たら、私の場合、何も話す気力が無くなります。

これ、自分が言った見解に対して、表面上聞いた素振りは見せても、内心は何も理解しようとする気がないという現れだからです。

もし本気で理解しようとするのならば、「貴方が言ったことはこうだけれど、それはこうこうと理解していいのか?」という感じの受け答えが帰って来るはずです。

一度自分の中で消化しようすることなく、相手にもっと自分に分かるように説明しろ!!という意識が根底にあるから・・・ただ単に「なんで?」という受け答えが出て来るのです。

哲学をしていると、必ず以下のような言い方をされる場面に出くわします。

もっと分かり易い言葉で説明して!!

で、世の中には、「サルでも分かる・・・」というタイトルの本が出てきたりするのですが、これは、実を言うと本末転倒です。

自分が分かろうという努力や修練をしないで、努力や修練を積み重ねて来た人の境地を知ろうとしているからです。

どんな世界でもそうですが、たとえば、野球のイチローが努力と修練と経験を積み重ねてたどり着いた境地は、同じ道を辿った人にしか共有することはできません。

それをしないで、イチローのたどり着いた境地をわかり易く説明しろ!!と言うのは、その人が積み重ねて来た経験や努力を軽んじる行為です。

逆に、同じような経験を積み重ねて来た人が出会うと、殆ど言葉を交わさなくても、何らかのシンパシーを感じることができるものです。

「なんで、なんで・・・」と言って許されるのは、子供だけ、というか、子供に対しては、この「なんで?」を大切に受け止めて、育てて行かなけばならないでしょう。

3歳児と押し問答をしていますか?

というわけで、「何で?」ということに対してはあまり悩まないのですが、「だから・・」という方は・・・さてさて??

自分が相手に何かを伝えた時、その相手が「それは、こうこう・・ということなの?」と問い返した時、「だから・・・」と返答するのは、大の大人がしてはいけない。

これは、コミュニケーションを途絶えさせます。

自分が言ったことに対して、相手が理解しようとする意思を示しているのに、「だから・・」と対応してしまうのは、こういうことだからです。

自分の説明はちゃんとしていた、にもかかわらず、自分の考えて違うことを言う相手は、理解する能力が無い人間に違いない・・・こういう意識が「だから・・・」の裏にはあるということで、結局のところ、自分自身に対しては全く反省する気はないということでしょう。

相手の理解が自分の考えて違っていたら、自分の説明がどうして誤解されてしまったのか?何が間違っていたのか?・・・等々、相手よりもまず自分の説明の仕方をチェックする・・・

いわゆるPDCAサイクルが必要ということです。

自分が言ったことを言いっ放しでは成長が無い。

反省(検証)と、それを踏まえた上での改善した行動が無ければ、コミュニケーション能力は育ちません。

というわけで、「だから・・・」とユウクンが連呼すると、これは、放って置くわけには行かないのです。

当然ですが、「だから、と言うな!!」という禁止対応はしません。

「だから・・・」の先で、それを改善させるように誘導しなければならない。

今のところは、「だから・・・」と言われたら、ユウクンの言ったことに対して、どこら辺が説明不足なのかをこちらで指摘してあげる感じなのですが・・・所謂、回答例を出してあげるのですが・・・

なかなか、どうして・・・

教育は難しいです。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

Comment

いつもブログなど拝見させて頂いてます。
流石はプロですね。いろいろと考えさせられました。


非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。