スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国と韓国の不動産バブルの状況が気になります

2012.11.23 01:34|アジア経済(韓国、中国)
中国と韓国の不動産バブルの状況が気になりますね。

特に、中国よりも規模の小さい韓国が世界同時恐慌の発端になる可能性があると思っていた・・・これ、何年か前にこのブログで書いていましたね・・・ので、気になります。

ちょっと気になる記事がありました。

「日本病に罹った」とついに認めた韓国

サムスン電子と現代自動車の躍進が取りざたされ、すごく好調のようですが、非常に危うい経済状況にあるということです。

ちなみに、この両社にしても、非常に偏った収益構造になっている、とりわけ、現代自動車の場合、ほぼ独占状態の韓国市場で営業利益の大半を稼いでいるので、これは、韓国経済の浮沈に左右されるでしょう。

記事の中で、「韓国の不動産価格がことさらに注目されるのは、不動産ローンが米国のサブプライムローンに似て「少しでも値下がりすると大量の不良債務者を生みかねない構造」だからだ」とありますが、チョンセに象徴されるように、非常にリスキーな市場なのです。

チョンセ・・・これがある時点で、思いっきりバブルでしょう。

不動産価格が下落に転じて、資産価値が落ちれば、あっという間に資金繰りに行き詰まり、連鎖的にどんどん破綻するシステムです、これ。

こんなシステムが登場するぐらい不動産価格を煽ったのですから、その反動の谷は深く深く・・・

韓国人9割「現在は深刻な経済危機」

ただいま、阿倍自民党総裁が金融緩和を唱えていますね。

大分、方向修正発言もされているみたいですが・・・

阿倍氏への白川氏の反論が的を射過ぎていて・・・

輪転機をぐるぐる回して紙幣を刷る・・・マジですか??

資産バブルを起こそうということでしょうが、次期首相になりそうな人がこれですから・・・どうなるのでしょう?

まあ、日本の近隣国で、資産バブルが崩壊した時の壮絶さ・・・もうすぐ見れると思いますがね。

中国に前のめりに浸かった企業ほど、このリバウンドの影響をもろに受けるので、かなり心配です。

<分析>日本車メーカー、中国からの撤退に「未練なし」―英メディア

やっぱり、トヨタ・・・すごいのかな?

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2018.09 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。