シロとリキは、やっぱり以心伝心なのかな?

2007.12.19 23:59|シロ、リキ、コテツ
ところで、メス犬のシロを譲り受けて子供を産ませようとしたのには、今まで紹介したのと別の大きな理由があります。

それは、猟師さん曰く・・・

猟犬の親が傍で育てれば、その親が子犬のしつけをしてくれる

ということだったからです。

猟犬は、血統はもちろんなのですが、それだけでは駄目で、それから色々と躾けないと、立派な猟犬とはならないらしいです。

例えば、最初の頃、シロにしてもリキにしても、私の前を歩こうとしなかった(そのうち、するようになりましたが・・・)のですが、不思議だなあ、と思って、猟師さんに聞いてみたら・・

ああ、子犬の時に、俺の前に出ようとしたら、棒で叩いて、出ないように躾たからなあ~~

ということでした。

(私の心の中では、)棒ですか?棒で頭を叩いていたのですか?そりゃ、シロもリキも無視するわけだ、と思っておりました。

聞いたところによると、猟に連れて行くときは、猟師さんの前に犬が出てしまうと、統制が取れなくなるので、自分がリーダーだと序列付けるためにも、そう躾けるらしいです。

その他にも色々あるのですが、それについてまた別の機会にでも・・・

こんな感じで、猟犬の躾けは、結構大変らしいのですが、親犬がいれば、そういう躾の多くを親がしてくれるらしいです。

ですので、猟犬の子犬をもらっただけでは、鶏や畑の番に役立たない、単なる番犬になってしまうので、親が居た方がいいぞ、ということで、シロが我が家にやって来たわけです。

結局、シロは私の所で子供を産むことができなかったのですが、私の所に来る前に産んだ子供のリキがやって来たのです。

そんなリキは、本当に躾いらずの犬でした。

シロが来た時は、何度か苦労した覚えがあります。

夕方ニワトリ小屋の方が騒がしいので急いで見に行ったら・・・

シロがニワトリ小屋の中にいるではないですか!!

・・・・

・・・

・・

ニワトリを襲っているぞ!!

もうびっくりしました。シロが今にもニワトリに噛み付こうとしている姿を見た時は・・・

ニワトリの番のために来てもらったシロがニワトリを襲うとは、これこそまさに、

ミイラ取りがミイラに!!

というやつです。

急いでシロをニワトリ小屋から引きずり出し、思いっきりしかりつけます。

明日の生活がかかっていますから、革靴の時のようなわけには行きません。マジで、しかりつけました。

ちなみに、ニワトリ飼いで怖い獣の1,2を争うのが犬です。野犬に狙われたら、一晩でニワトリは全滅させられます。野犬は、自分が食べる以外にも、狩猟本能のままに、ともかく狩り続けるわけです。それに、人に慣れている分、知能も高く、かなり強固な対策を立てないと防ぎきれません。幸い、山の奥に野犬がいることはあまりないのですが、郊外には野犬が群れを成しているので、とっても悩まされるらしいです。

今回のシロも、ニワトリ小屋の柵のネットと木枠を食い破り、侵入していました。

まあ、そんな感じで、シロは何度かニワトリを襲おうとすることがあって、それを止めるように躾けるのに、多少苦労したのです。

というか、9歳にもなった老犬がよく止めてくれたなあ、という感じなのですが・・・

それに対して、リキが来た時は、全くニワトリを襲うことがありませんでした。ニワトリが近くをトコトコ歩いていても、完全無視でした。

この姿を見た時も、思ったものです。

シロとリキって、以心伝心しているのかな?と・・・

シロの時に苦労したので、猟犬としてバリバリに活躍していたリキが何の躾けも無くニワトリを襲わないでいるなんて、普通だったらあり得ないだろうなあ、と思えたので、これまたビックリ体験でした。

そうそう、リキのストーカー行為も、やっぱり以心伝心なのかな(笑)。

                                 ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキ   ングがあがります。
             ひょっとして、ひょっとして、ベストテンが見えて来たとか??・・・
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在8位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川12.19

題名は、「四万十川の冬景色6」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「昼御飯は、こんな感じでした。」です。

106昼ごはん

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ