政治が動いていますね・・・

2012.06.27 01:13|政治
政治が動いていますね。

あまり情報を見ていないので、何とも言えないのですが、なるほど・・・という展開ではあります。

小沢一郎という人は、本当に稀有な存在ですね・・・

またまた、新党を立ち上げるかもしれないようですが、絶妙なタイミングだなぁ~~と思います。

参考になるのは、こちら・・・

追い詰められているのは誰か

そもそもねじれ国会の中で、何も決められない状態にあったのです。

それを打破するには、自民党と公明党に賛成してもらうしかない。

それには、そう誘導するだけの道が無ければならない。

小沢氏は、田中氏が指摘しているように、そもそもが消費税増税論者、というか、国民福祉税論者です。

このブログでも、何度か取り上げました(記事は・・・どこかにあります)

しかし、もし消費税に小沢氏が賛成したら、これが国会を通過することは間違いなくありません。

じゃ、これを通すにはどうすればよいか?

自分が反対すればいいのです。

それも中途半端ではなく、党の分裂も見据えて・・・

自公は、この対立軸のどちらかに付くしかない・・・というか、反小沢で一致するしかない。

消費税の増税を公約に掲げているのですから・・・・ね。

社会保障改革と消費税増税の法案が同時に通過しました。

ねじれ国会であるにもかかわらず・・・

小沢氏というのは、囲碁が上手いそうですが、本当に物事の大局を見て、戦術を駆使しているようです。

政党という枠に囚われていない・・・

政党というは、自分の政治理念を実現する為の手段と割り切っているのでしょう。

一つの政権で、一つの重要な政策が実現すれば、それでよいと考えているのかもしれません。

欧米の企業などは、一つのプロジェクトでチームを作り、そのプロジェクトが完遂したら、チームは解散し、新しいプロジェクトに向かって、新たなメンバーでプロジェクトチームを作る・・・

こういうことが多いと聞きます。

同じメンバーで馴れ合いで色々なプロジェクトに取り組むのではなく、それぞれのプロジェクトに最適な人材を求め、そのメンバーでチームを作る・・・

こういう柔軟な発想を持つことで、難局を切り抜けて行くのです。

日本の場合、企業に忠誠を・・・という終身雇用の理念が根強いですね。

この観点からすると、どんどんチームを作り壊す行為は、節操が無いとなります。

もちろん、同じメンバーでずっとやることで、熟成される機能もあります。

例えば、職人芸と呼ばれるような精密な作業には、同じメンバーでやることが重要です。

日本の製品の精度は・・・すごいですね。

それに比べて、米国製は・・・大雑把?

しかし、発想は柔軟です。

アップルなんかが代表的ですが・・・面白い。

小沢氏は、非常に日本的でない発想の持ち主のように思います。

小選挙区制、国民福祉税(社会保障と消費税の一体改革)・・・政権交代をしたことで、実現させています。

ちなみに、欧米は2大政党制になっていることが多いですが、政治という公の分野では、企業という私分野の逆に、柔軟性は無いですね。

非常に単純で伝統的な枠組みでされ、まるで終身雇用のように、政治家も政党を変えることがありません。

その逆に、日本の場合は、政治は非常に柔軟です。

いやいや、自民党の一党政治が続いたではないか・・・と思われるかもしれません。

逆なのです。

自民党という名を冠していますが、実際は、党内派閥が政党と同じくらい思想が違っていて、その中で、政治家は派閥という名の党籍の所属を変えたりしていたのですから・・・

政策の実現の為に、引っ付いたり離れたり・・・選挙にしても、中選挙区制の下で、自民党内にライバルが居たのです。

その当時の野党の社会党などは、政権を採る気の無い野党と言えない野党でしたし・・・

党内で柔軟に駆け引きをしていたのです。

んっ、こういう意味では、小沢一郎という人は、日本の政治家の代表みたいな人ということになりますね。

社会保障改革と消費税増税の一体改革の法案が通ったことで、このチームはその使命を終えて解散し、新たなプロジェクトに向けて、新たなチームを作る・・・・

次の衆議院議員選挙は、そういう位置づけになるのでしょう・・・多分。

あっ、蛇足ですが、欧米の政治家というは、同じチームで熟成させているだけあって、外交などでは非常に緻密な戦略を駆使しますね。

日本の政治家の外交は・・・・大雑把??

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ