ばいきんまんとアンパンマン・・・

2012.02.17 01:00|経済
子供たちが大好きなアンパンマンですが、結構面白いのがばいきんまんです。

ばいきんまんは、当初はいなかったのです。

で、この逸話があります。

ばいきんまんが登場することになったのは、やなせたかしが、『アンパンマンに“何か”が足りない』と思い悩んでいた頃、やなせの友人だったいずみたくが演出したミュージカル「怪傑アンパンマン」が上演されたときに、その観客の様子を観察していたやなせが、「悪役が必要だ」と思い至ったことによる。

そう、アンパンマンがアンパンマンであるために、ばいきんまんが必要だったということです。

正義の味方アンパンマンは、その悪と対峙することで、正義の味方という光を輝かせることができるわけです。

この二者の関係ですが、経営に置き換えてみると、結構面白い。

特にばいきんまんが・・・

ばいきんまん・・・まさに、起業家タイプそのものなんですよね。

いたずらや悪さが大好きで、いつもみんなを困らせることばかりする。「卑怯は俺様の得意技」と公言し、他人に変装、もしくは騙したり、人質を取ったりなど、後述するような汚い手を好んで使うことが多い。単純で間抜けな面もあり、そこを指摘されると大声で「うるさーい!」と言って激怒し、指摘されてばかりいると、理性が切れ、冷静さを失って、アンパンマン達に襲いかかってくる。他人を騙すが、ばいきんまん自身も騙されやすく、映画『キラキラ星の涙』ではドロンコ魔王にあっさり騙され彼に協力してアンパンマン達を倒そうとしており、アンパンマン達とドキンちゃんの説得にも全く聞く耳を持たなかった。

その一方でかなりの努力家でもあり、アンパンマンを倒すためにはどんな苦労も惜しまず、幼少より密かにトレーニングに明け暮れている。修行の末、肉弾戦(UFOを使わず、この時は鎧を身にまとっていた)でアンパンマンと互角に戦ったり、変身やパワーアップによる姿でアンパンマンを後一歩というところまで追い詰めることもあった。

ゆきんこユキちゃんやラズベリーちゃん、いくらどんちゃんなど、悪意を全く持っていない人々とは、エピソードによっては友達付き合いをしている。また、簡単にあきらめない性格から、チェロヒキーさんやヒヤリコなど、失敗に挫けそうになっている人々を励ますこともある。このように悪役らしかぬ面も多いが、彼自身は自分が悪であり、「正義の敵」であることに誇りを持っている。


どうです、お近くの起業家に、こんな人いませんか?

いたずらや悪さが大好き・・・要するに、遊び心がある。

俺様・・・・まさに、俺様という感じで、押しが強い。

卑怯は俺様の得意技・・・要するに、成功の為には手段を選ばない。

単純で間抜けな面があり、直情型・・・・思い込んだら一途に突き進む猪突猛進型

かなりの努力家・・・言葉の通り。起業家はよく働きますし、勉強もします。

自分と利害関係、というか、障害にならない人とは、とても仲良しになる顔の広さ・・・

失敗しても失敗しても諦めない執念深さ・・・

代表的な人は、スティーブ・ジョブズなんかがそうではないでしょうか?

世で成功したと言われる起業家は、多かれ少なかれこんな側面を有しています。

周囲から悪評を聞くことも多々あります。

あっ、そうそう、どきんちゃんにねだられると、すぐに行動に移すところも、起業家にみられるかな?

英雄色を好むというやつです。

・・・・

逆に、アンパンマンのようなタイプは、経営者には向きません。

自分の身を削って、人々を助けていたら、自分が滅びます。

アンパンマンの頭は、すぐに食べ尽くされてしまいます。

アンパンマンが正義の活動をできるのは、ジャムおじさんがいるからです。

ジャムおじさんは、人間ではなく、妖精らしいですが、妖精なので、パンの材料は無尽蔵です。

買う必要も売る必要も無いのです。

ただ、施す為だけにパンを作っている。

この減ることの無い供給源があるからこそ、無償の奉仕活動は続いているわけです。

こんなことは現実の世の中にはありませんので、こういう人が起業をすると、あっという間に破産してしまいます。

・・・・

ばいきんまんのような人がいなければ、事は起らず、経済活動が無くなってしまいます。

かといって、世の中がばいきんまんだらけになってしまうと、社会から秩序が無くなります。

秩序を整える為のアンパンマンが不可欠です。

何事もバランスということでしょう。

そうそう、かく言う私はどちらのタイプかというと、多分どちらでもありません。

一応起業家ではありますが、そもそも事業を大きくすることを目的にしていませんので、自分で言うのもなんですが、志が低いです。

遊び心はあるかなと思いますが、直情型ではないですし、手段を選ばないタイプでもありません。

かと言って、奉仕活動に勤しむタイプでもありませんし・・・

至って中途半端です。

敢えて言えば、好奇心だけは旺盛です。

哲学の祖と言われるソクラテスの言葉に、無知の知というのがあります。

まあ、端的に言えば、自分が無知であることを知っているということですが、こういうことです。

物事というのは、知れば知るほど、その深遠と広大さを思い知ることになり、自分が如何に無知な存在かを思い知ることになる・・・

知れば知るほど、自分に知識が無いことが分かり、だから、もっと知ろうとする・・・

人生、死ぬまで勉強とはよく言ったものです。

経営も勉強ですが、経営だけが勉強ではないということです。

人生に学ぶことは無尽蔵にある。

この供給が尽きることはありません。

まあ、起業家ではなく、哲学家タイプという感じですね、多分。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ