ストーカー犬リキ、我が家に来る。

2007.12.09 01:23|シロ、リキ、コテツ
さて、猟犬のリキを譲ってくれるというので、猟師さんの家まで迎えに行ったのですが、リキを檻から出して、その猟師さんが「リキよ、まあ元気でやれや」と別れの言葉が終わる前から、リキは軽トラの荷台に飛び乗り、もう行く来満々で待機しております。

ひょっとしたら、猟に行く気でいるのかな?と思っていたのですが、私が軽トラに乗り込んで、家に到着しても、もう全然帰る気はないようでした。

猟師さんから鎖を離したら、家に戻って来てしまうだろうから、1週間くらいは絶対離しては駄目だぞ、と言われていたのですが・・・

ものの2日もした時に、間違って鎖を離してしまった時にも、はしゃいでいるだけで、全然逃げようとしません。それどころか・・・

もう滅茶苦茶うれしそうに突進して来るではありませんか!!

もう大丈夫なのかな?と試してみることにして、2日目にして、リキ君は、猟犬としての仕事をしてもらうことにしたのです。

そうなんです、その当時の私の財政事情でもただ飯を食わせるような余裕は無かったのです。猟犬が欲しかったのは、別に1人暮らしが寂しくって相棒が欲しかったわけでなく、ただ単にニワトリと野菜を獣から守るためだったのです。

ですので、鎖にずっと繋いでいては、全く意味が無いのです。
鎖に繋がれた犬が吼えたくらいでは、すぐに慣れて獣は平気で畑を荒らします。現に、今の家ではリキをずっと鎖に繋いでいるのですが、これまでも紹介したように、シカはもう我が物顔で野菜を食べて行きますから・・・
リキには、なんとしても、夜獣が現れる時に、イノシシやシカやタヌキなんかを追い払ってもらわなければならなかったのです。まあ、いわゆる放し飼いなのですが、もともと、人里離れた山奥だったので、昼間はともかく夜は全く人が来ることはなかったので、大丈夫だったのです。ちなみに、移住してからこの方、夜に農場に来た人は、リキをくれた猟師さん以外は誰もいませんでした(笑)。

こんな感じで、リキに働いてもらうことにしたのですが、こうして離してみるとすぐに分かりました。

こ、こいつ、ずっと俺の後に付いて来るな!!

そうなんです、ともかく私がちょっとでも外に出ると、必ず後ろか前かにいるんです。

夜、ニワトリの見回りをしたりはもちろんこと、青空(いやいや夜空か)トイレをする時にも、横にいるわけです。

俺、何でこんな山奥の夜中に、犬に見つめられながらトイレをしていないといけないんだろう???

と頭の中を駆け巡りながら、しておりました。

まあ、それでも小の方ならまだいいです。これが大の時になると・・・

踏ん張りながら、リキが飛び掛って来るのを抑えているという、とても人様には見せられない姿をさらけ出していました。

・・・・

・・・

・・



リキ君、貴方、かなり異常ですね(滝汗)。

                                 ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキ   ングがあがります。
             びっくり仰天、10位以内が視野に入ってきました・・・
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川12・8

題名は、「赤鉄橋と屋形舟」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「こんな食事はいかがですか?」です。

95おつかれさまでした

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

Comment

のりさんへ

確かに、そんな使命感があるような・・・
私が仲良く話している人には愛想がいいのですが、私がちょっとめんどくさいなあ、と思った人に対しては、吠え掛かりますから・・・こいつ、私の心が分かるのかな、と勘繰りたくなるくらいです。

リキが見張り?

イヤー笑いました!
ひょっとしてリキは「俺がご主人様の
見張りをしなきゃ」って言う使命感
なんでしょうか?なかなか
立派な心がけですね(笑
非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ