鹿肉は、燻製にしても美味しいんです。

2007.12.04 01:28|地域活性化
ところで、昨日から自宅前の山の方から銃声がします。

ユウクンは訳も分からず、奥の家♀さんは怖い、怖い、と言っておりますが・・・

もちろん、暴力団の抗争があったわけでもなく、いよいよ猟期が始まったんですね。猟期は、猟の仕方で変わるので、もう既にワナ猟は始まっていたとは思いますが、多分12月1日から銃の使用が解禁になったのだと思います。

こちらでも書きましたが、我が家の庭はシカの通り道なので、ひょっとしたらシカを狙っていたのかもしれませんが、恐らく狙っていたのは十中八九・・・

イノシシ

イノシシでしょう。

猟師さんたちは、シカをあまり獲りたがりません。
以前にも書きましたが、とても捌くのが大変ですし、取れる肉の量は少ないし、そもそも日本人好みの脂がのった肉ではないからです。

まあ、農業をやっている人間からすると、イノシシもシカも田んぼや畑を荒らす害獣になってしまうので、猟師さん頑張って、という感じになるのでしょうか?

個人的には、ただ単に駆除をすればいいとも思わないのですが、これから野菜を作っていく上では、頭の痛い関門です。

シカの食害

のような感じで、奥の家♀さんの家庭菜園が根こそぎ食べられて行きますからね、現時点でも。このまま何も対策をしなければ、確実に・・・

鶏だけでなく、鹿も飼っていることになってしまいます。

鶏は餌をあげたら卵で返してくれるので助かりますが、鹿は野菜を食べてもそのままですからね。余裕があったら寛大な心で鹿のために野菜も作っていられますが、我が奥の家の財政状況では、とてもただ食いは許されません。飼うのは、鶏だけで十分であります。

というわけで、どんな防護策がよいか、ただいま思案中であります。

・・・・

まあ、それはさておき、こんな農家の天敵となってしまったシカ(だけでなく、イノシシも)をただ単に駆除してしまうだけでなく、せっかく頂戴した命ですから有難くその肉を食べようというわけで、高知県の某村に出来たのが「しまんとのもり組合」でした。確か合言葉は、「害獣を益獣に」という感じだったと思うのですが、イノシシ肉やらシカ肉やらの商品化に取り組んでおります。

先日、その某村でやっているパソコンの勉強会(ちなみに、私が先生らしい?)に行ったら、同じ建物の一階で、そのしまんとのもり組合の岡村さんが何やらいい匂いを出しているじゃないですか。

おやおや何をやっているのかな、と覗いてみたら、シカ肉で燻製を作っていました。

シカの燻製

これが岡村さんの自作燻製器「くんせい君1号」(勝手に私がこう呼ぶことにしました。)で、なんかすごい自信作らしいです。コンパネにガスバーナーで色を付けて(これで味か変わるのかどうかは知りませんが)、なんか年季が入っているような感じになっています。

シカの燻製2

中を覗くと、おっ、シカ肉が並んでいる。

色々なブログで紹介されていましたが、高知のふるさと祭りでも大好評だったらしく、今取材やら視察やらの対応に追われているらしいです(頑張れ!!)。

ちなみに、出来上がったものは、↓のような感じです。

シカの燻製

味ですか?

とっても美味しいです。

今日はここまで・・

                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキ   ングがあがります。
             現在、30位くらいにいますので、是非ご確認を・・・
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在8位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十が12.3


題名は、「渡り鳥が一杯」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「今度は、お尻だ、モ~~~!!」です。

今度は、お尻だ、も~~~!!

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

Comment

ryuji_s1さんへ

鹿肉の燻製

美味しいです。

No title

鹿肉の燻製

おいしそうですね

のりさんへ

熊の肉ですか?う~~ん、食べてみたいです。どんな味なのでしょう?
四国にもツキノワグマが徳島の方にいるみたいですが、四万十川の付近では絶滅したみたいです。何年か前に近所の山で目撃証言が出たのですが、もう新聞扱いされるぐらいですから・・・

鹿と熊

こんばんは!
北海道でも鹿と熊の被害が
あり 特に初冬は餌を求め熊が
出没してハンターと対決していますが
鹿も道路で車にはねられたり
人間と野生動物の共存の難しさを
感じさせます。冬眠前の熊って
怖いんですよね。
でも熊の肉って以外に美味しいんですけどね

サキさんへ

鹿肉の燻製は、牛と違って脂分が少ないですが、思わずビールが飲みたくなります。

こんばんわ

へ~おいしいのが出来上がって良かったですねぇ(^^)よく研究してくださったのですね。
害獣が豚や牛だったらみんな喜んで狩るんでしょうけど、あまり食べられない動物だと殺してしまうだけになってしまいますもんね。
私もおいしい燻製なら、鹿肉に挑戦してみたいなぁ。
非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ