菅首相は「誤解があった」・・・ですか?

2011.06.06 02:04|政治
もう突っ込みどころ満載過ぎて・・・

「誤解があった」と首相、党幹部に長期続投否定

 菅首相は5日、東京都内のホテルで民主党の斎藤勁国会対策委員長代理らと会談した。斎藤氏によると、首相は2日の記者会見での発言が、年明けまで続投する意欲があると受けとられたことについて、「退陣と(福島第一原子力発電所の)冷温停止が絡めて受け止められたが、そうではない。誤解があった」と述べ、長期続投を否定した。
 この後、首相は首相公邸で岡田氏、枝野官房長官、民主党の安住淳国会対策委員長と会談。夜には寺田学前首相補佐官ら側近議員とも会い、寺田氏らに対しては、政府が6月末に予定している社会保障と税の一体改革案取りまとめをやり遂げたいとの意向を示した。
 一方、自民党の石原幹事長は5日のNHKの番組で「菅内閣は死に体だ。一日も早く辞めてもらいたい。常識的には月内だ」と語り、菅首相の6月中の退陣を求めた。公明党の井上幹事長も同番組で、「時期を明示しない辞任表明は延命策に過ぎない。直ちに辞めるべきだ」と同調した。
(2011年6月5日23時08分 読売新聞)


あまりにも短絡的で、あまりにも無責任で・・・・びっくりしました。

本当に、この人が日本の首相だなんて・・・・ 

密室の会談での約束なので、とりあえず都合の悪いところは曖昧にして、内閣不信任案の否決を取り付け、その後は、言った言わないの水掛け論にして、首相職にしがみ付く・・・

で、それがまかり通らない雰囲気になると、一転して「誤解があった」と弁明する。

本当に、ペテン師ですね。

こんなに言葉の軽い人が日本を代表して国際公約とか宣言するんですから、恐ろしい。

何の為に、首相職に留まりたいのでしょう?

恐らく、何も周囲が見えていないのでしょうね。

ちなみに、菅首相と鳩山前首相の交わした「覚書」の件ですが、これを見て、辞任とは書いてない、だから、辞任しなくてよいとシラを切れると思ったのでしょうか?

菅直人氏のホールドアップ

一、民主党を壊さないこと
二、自民党政権に逆戻りさせないこと
三、大震災の復興並びに被災者の救済に責任を持つこと
 1、東日本大震災復興の基本方針及び組織に関する法律案(復興基本法案)の成立
 2、第二次補正予算の早期編成のめどをつけること

確かに、辞任とは書いていませんね。

しかし、これが早期辞任を前提とした覚書であることは、一目瞭然です。

民主党を壊さないこと・・・結局のところ、小沢グループが造反しないように配慮することです。

これは、菅首相の辞任以外に手立てが無い。

自民党政権に戻さないこと・・・これもそうです。

民主党が分裂すれば、分裂した者同士の連立はあり得ませんから、自民党と公明党などと連立するしかなくなる、これは、連立の条件が自民党から首相を出すことになるでしょうから、菅首相が辞任するしかない。

要するに、菅首相の辞任が大前提に置かれていなければ、成立しないのです。

そして、これ・・・

三、大震災の復興並びに被災者の救済に責任を持つこと
 1、東日本大震災復興の基本方針及び組織に関する法律案(復興基本法案)の成立
 2、第二次補正予算の早期編成のめどをつけること

菅首相が辞任するにしても、後任の為に、これだけの仕事はしてから引き継ぐのが責任であり、それが最後の花道だということです。

辞任時期を明示してはいませんが、これは当然です。

ともかく、これを早く(早期に)実現することが花道になるけれど、それを明確な期限を切って発表したら、ねじれ国会の中で、野党の思う壺です。

例えば、6月末までにとしたら、逆に言えば、6月末までは絶対に賛成しない・・という戦略が取れます。

そう、参議院で賛成さえしなければ、後は勝手に自滅するのです。

時期を限定など、できるわけない。

時期を限定できないのですから、辞任の文言を覚書に入れることもできるわけない。

しかし、内閣不信任案の採決が取られる前の状況を踏まえて、その上でこの覚書の内容を見れば、鳩山さんが言っていたことは、筋が通ります。

鳩山さんは、恐らくですが、民主党の分裂を避けるために、菅首相に引き際の花道を作ることで、辞任の説得をしようとしたのでしょう。

温情を掛けたという感じだと思います。

だからこそ、それを反故にされて、激怒した。

もともと騙しての内閣不信任案の否決だったので、これがばれて、どんどん孤立して行き、結局のところ、「誤解があった」ですね。

本当に、これで国際外交をするのですから、赤子の手をひねるようなものでしょうね。

米国などからすれば・・・・

しかし、今回ばかりは、小沢氏も、策士策に溺れた・・・かと思っていたのですが、どうもそうではないみたいです。

菅政権の最期

極めて計算尽くめだったとすると・・・・役者が違いすぎたようです。

首相退陣後に期限付き大連立…民・自幹事長表明

この難局を乗り越える為には、先ず以ってねじれ国会を解消することです。

何も決められない状態は、ただ時を失し、自滅を待つだけになります。

その決断が間違っているかもしれないけれど、ともかく決断し行動できる体制を作ることが、大前提です。

会議は踊る、されど決まらず・・・状態では、それだけで間違いが決定です。

これには、大連立をするしかない。

日本の選挙制度上、これしか道はありません。

で、菅首相が辞めることで大連立が成り立つならば、シナリオ通りなのかもしれません、とりあえずは。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ