自然エネルギーの利益率は?

2011.05.02 01:00|社会情勢
世の中は、ゴールデンウィークなるものに突入したようです。

1年365日休みの無い鶏飼いには、あまり関係ないと言えば関係ないような気がします。

寧ろ、子供の保育園が休みなので、子供が一日中家に居るので、仕事がはかどらない・・・

保育園の有難さが再認識されます。

今年のGWは、出足はどんな感じなのでしょう?

やはり自粛ムードもあり、観光関係者には厳しいものとなっているのでしょうか?

まあ、それはともかく、原発問題から、太陽光や風力が話題に取り上げられることが多くなりました。

これらの自然エネルギーなるものに原発の役割を担わせようとすることが不可能であることについて、ちょっと視点を変えて捉えてみたいと思います。

「自然エネルギー」の幻想

池田氏が言うように、「「自然エネルギー」という言葉を使うのは、エネルギー問題を理解していない人の特徴である。化石燃料はもちろん原子力も、太陽を見ればわかるように自然のエネルギーである。人工のエネルギーなんかありえないのだから、自然か反自然かということは意味をもたない。」ということです。

あるのは、これだけです。

再生可能エネルギーが化石燃料と違うのは、資源が枯渇する心配がないことと環境汚染が少ないことだ。

再生可能という意味では、もともと日本の風土性を活かした発電があります。

すなわち、水力発電ですね。

水力発電は、もし既存のエネルギーではなければ、二酸化炭素を出さないクリーンエネルギーとして脚光を浴びていたことでしょう。

今は、成熟した技術ですので、正の面も負の面も分かって来たということしょうか。

さて、私は別に科学者ではありませんので、一つこういう考え方もできるのではないか、と書いています。

太陽光、風力、水力、潮力、バイオマス、地熱、火力、原子力・・・・これらは、実を言うと、すべて太陽の運動に還元できるのではないか、ということです。

太陽光は、そのままですね。

風力は、太陽の熱で対流が起ることに拠る部分が大きいので、やはり太陽熱に還元できます。

水力は、やはり太陽熱で暖められた水蒸気が雨となって高い場所に降り注ぐことで派生するのですから太陽熱に還元できます。

潮力は、月の引力に起因しますが、これまた太陽の運動で作用しています。

バイオマスは、光合成に還元できますね。

地熱は、惑星誕生まで遡りますが、やはり太陽の運動に起因します。

火力は、どうでしょう。

石炭、石油などは、植物や動物などの有機物が堆積してできたものですが、これ、光合成の賜物ですね。

では、原子力は・・・

ウラン鉱石の起因は、やはり惑星誕生まで遡りますが、恐らくそうではないか、と・・

で、何が言いたいのかというと、殆どの場合、太陽の運動に起因しており、それぞれのエネルギーの違いは、その運動の蓄積の仕方が異なるに過ぎないということです。

そして、エネルギー量は、そこに内積された太陽エネルギーの比例するということでしょうか。

石炭より石油のエネルギー量が多いのは、植物よりも、植物を食してエネルギーを蓄積する動物の方がエネルギーを蓄積しているから・・・

石油のエネルギーが大きいのは、数億年?・・・ともかく、膨大な年月の動物のエネルギーが体積しているから・・・

水力は、広大な面積の海に注がれた太陽熱が蓄積されたから・・・でも、時間軸では石油に及びもつかない。

風力も水力に似ていますが、水と空気の質量の違いがエネルギー効率の違いとなっている・・・

太陽光パネルは、時間軸も面積も極めて小さいので、そのエネルギー量もまた小さい・・・

原子力のウラン鉱石は、どうでしょう?

宇宙は、放射線だらけです。

ウラン鉱石には、惑星誕生期の宇宙の運動エネルギーが凝縮されているのかもしれません。

だから、そのエネルギー量は極めて大きい?

と、まあ、並べてみましたが、もともとのエネルギー量が少ないのですから、太陽光パネルによる発電に期待するのは、無理難題というものです。

経営で喩えると、売り上げが1万円しかないのに、1億円の利益は出ないみたいなことです。

1億円の利益を出そうとすれば、1億円以上の売り上げが無ければならない。

売り上げをエネルギー内積量とすると、実際にエネルギーとして使用できる部分が純利益とします。

純利益を出すには経費がかかり、それが石油であれば、発掘コストであり、精製コストであり・・・となるのですが、純利益部分をどう作り出すか、これが重要なのです。

太陽光パネルは、売り上げは小さく、経費は高く・・・・純利益は殆ど望めない。

石油が革新的だったのは、売上げは大きく、経費は小さく・・・・純利益が沢山出たのです。

他のエネルギーに比して・・・

長い、一旦きります。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ