原発の経済的トレードオフを考えると・・・その4

2011.04.01 02:29|社会情勢
ところで、池田氏がこんな記事を・・・

自動車や石油火力は原発より危険である

こういう推論は、まさに科学的手法に則っています。

で、これが科学信仰の負の面を最も表しています。

科学的理論はあっても、科学理論はありません。

科学的手法というのは、何処まで行っても"蓋然性”から逃れることはできません。

合理性と実証性・・・これが科学的であることの前提です。

合理的に考えることとは、結局のところ、原因と結果の因果律を侵さないということです。

実証的とは、何度繰り返しても同じ現象が起るという再現性です。

仮説が立てられ、理論が出されると、それを追試することがされます。

同じ条件で同じことが起る・・・これが科学的な実証だからです。

今回の地震もそうですが、科学的根拠に立つと、今まで起ったかどうか分からないことは、科学的ではなくなります。

例えば、1千面あるサイコロがあったとします。

たった一つの面を除いて、すべてに平和と書かれていて、その残りの一つに、破滅というのがあったとします。

そのサイコロがどんな形状になっていて何が書かれているかも分からない人がサイコロを振り続けるとします。

死ぬまで永遠に・・・

1回目・・・平和

2回目・・・平和

・・・・・

・・・・

・・・

・・



2千回目・・・やはり平和

科学的に考えれば、2千回同じことをして、2千回平和だったので、これは、永遠に平和が続くと推論されます。

さて、破滅という目は永遠に出ませんか?

科学というのは、実を言うと、誤謬推理を前提にしているのです。

自分たちが実験を繰り返したところ、同じ結果が得られているので、次も同じ結果が得られるだろう・・・こういう推論なのです。

しかし、これは、何処までも蓋然的なのです。

常にリスクを孕んでいることを忘れてはならない。

2千1回目には、破滅の目が出るかもしれないのです。

今回の地震にしても、想定以上の規模ということですが、これまでマグニチュード9クラスの地震は起らなかった・・・だから、これからも起らないだろうという科学的分析に基づいていたのです。

でも、想定以上のことが起った・・・

科学は、絶対ではなく、常に不確実な蓋然性を孕んでいることを忘れてはならない。

もちろん、当然ですが、リスクを恐れて何もしなければ、それこそ破綻です。

石橋を叩いて、叩いて、叩いて・・・・結局、橋を渡らなければ、橋から落ちる心配は無いけれど、それは生きる意味が問われるでしょう。

生きるというのは、そもそも死のリスクを常に抱えているものです。

このリスクをどうヘッジするのか?

原子力発電は、そのリスクに見合った成果をわれわれに与えてくれるのか?

これは、科学的思考で答えを出せる類のものではないのです、実は・・・

と言って、宗教ならば・・ということでもありません。

自分で考えて答えを出すしかない・・・

うぁ、前置きだけで終ってしまった、続く

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ