ワンマンにならないと・・・・

2011.03.10 02:04|農場日誌
本日は、ちょっと我が家の話を・・・

ここ最近、再びガソリン代、飼料代等の経費の上昇、鳥インフルエンザの流行、さらに不景気など・・・経営環境が悪化しているのは間違いありません。

また、中国のバブルが弾けた時の衝撃波は、尋常なものではないと思われるので、先行きよくなるとは思えません。

というわけで、相当な危機意識を持っています、我が家は・・・というか、私は。

で、色々と経営計画を考えているわけですが、まず再認識しないといけないのは、我が家の強みと弱みです。

強みは、ローコスト体質、小回りが利くこと・・・などですかな。

弱みは、色々とあります。

あり過ぎて、怖い・・・

改めて考えてみると、最大の弱みは、私が営業の方に回れていないということです。

ただいま、営業担当が奥さんで、私が生産担当となっています。

営業と生産、どちらも大切ですが、今のご時勢では、営業の方が格段に難しいです。

経営力というのは、結局のところ、営業力と会計力で、この両柱がしっかりしていると、殆ど上手く行きます。

ちなみに、会計力に関してですが、これは、そんなに心配していません。

会計担当は私なのですが、あまり複雑な経営スタイルにはなっていないので、財務状況は、しっかり分かっております。

寧ろ、悩ましいのは、営業力の方です。

こちらは、今のところ、私が殆どノータッチなのですが、これがいけない。

経営者が営業をしない中小企業は、まず駄目でしょう。

社長の仕事は、仕事を取って来ることと言っても過言ではないほど、ここが重要です。

ですので、本来であれば、我が家の場合も、営業担当が私で、生産担当を奥さんに・・・としたい所なのですが、これが今のところ難しい。

ただいま、まだ生産体制の構築中でして、力仕事ばかりです。

20キロの袋すらまともに持つことのできない奥さんには、これはちょっと無理です。

とすると、生産の方を私がやらざるを得ない。

もしくは、外注に出すか・・・です。

外注に出すと、経費がそれだけかさみ、その投下した資金を回収するだけの経営規模にしないといけなくなり、これはこれでハイリスクですし、自分たちのライフスタイルにも合いません。

外注に出さずに自分で作業をすべてすることになると、経費削減になりますが、今度は、時間と労力がかかります。

ただいま、ここに四苦八苦しているんですね。

キャッシュフローを切らしてはいけないので、売り上げを上げつつ、新規事業への資金注入、時間と労力の割り振りをしないといけないわけで、財務状況とにらめっこしながら、ともかく時間との勝負となるのです。

そう、自力で生産体制を構築するのならば、資金繰りに余裕を持たせながら、如何に費やす時間を短くするか、これが勝負になります。

生産体制を整えずに、営業をすれば、買ってもらえる機会があっても、それを逃してしまいます。

ですので、まず第一に、生産体制を整え、それから営業にパワーを振り向けないといけなくなります。

まあ、本当は、現営業担当として奥さんがいるので、奥さんに頑張ってもらえたらよいのですが、どうも現時点で臨界点に達しているようで、先は望めそうもありません。

とすると、一刻も早く生産体制を整え、私が営業にパワーを割けるようにしないといけないことになります。

生産体制さえ整えれば、養鶏と畑を維持する仕事そのものは、そんなに重労働ではないので、奥さんもそれなりにできるでしょうから、生産担当から営業担当へとシフトチェンジも可能となってきます。

時間短縮するには、作業効率を上げて行くことも重要ですが、何もよりも決断力が必要です。

これまた、私の性格的な弱みですが、どうもワンマンになり切れない。

一人で事業をしている時は、ワンマンにしかなり得ないので問題なかったのですが、夫婦でやるようになると、たとえ二人でも、ここが違って来ます。

わが奥さん、慎重と言えば慎重なのですが、ともかく決断力がない。

新しいことに対して、まず否定形から入る人です。

石橋を叩くことは重要ですが、石橋を渡らなければ叩く意味がありません。

叩くことが渡らない為の理由付けになってしまったら、本末転倒です。

そんな感じなので、奥さんに相談すると、敢えて危険を冒して渡らないほうがいいような気持ちへと誘導されるんですね。

で、よくよく思うのは、もっとワンマンにならないといけないなあ、ということです。

奥さんの協力が得られないのは分かっているのだから、一々意見を聞かず、もっと即断即決で行動しないといけないのだ、と。

気になったのは、この記事です。

スーパードライを高齢化から救う

この記事の結論として・・・

王者のブランドが挑戦者としての志を取り戻そうという時に、そのブランドを担う組織もまた、縦割りの大企業ではなく、草創期のベンチャーにも似た少人数の「チーム」であることを必要としたのだ。

我が家は、大企業でも王者でもありませんが、個人事業の強みである小回りの利く経営を活かすには、ともかく即断即決で行動すること、これが重要だということです。

最近、つくづくそれを感じています。

このままで行くと、本当にお先真っ暗になってしまいます。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ