現実は小説よりも奇なり・・と言いますが

2011.03.05 02:28|政治
ところで、リーマンショックからもうすぐ3年になりますが、いよいよ世界経済がキナ臭くなって来ました。

自分の書いているブログなんですが、どうも記事が発見できない、というか、もう発見する気にもならないぐらい前のことですが、確か世界恐慌の時との比較で、この時も本当に深刻な恐慌になったのは3年ぐらい後だったと書いていたと思います。

猛烈な世界同時の財政出動をして、持ち直しましたが、そのカンフル剤がいよいよ切れ始め、禁断症状が現れて始めている・・・こう感じられます。

中東情勢の悪化にしても、中国のインフレ加速にしても、いよいよ火薬庫に火がつきそうな予感がします。

まあ、このことは、別の機会に取り上げるとして、今回は、日本のことを・・・

いつも鋭い分析をされているこの方の記事が目に留まりました。

オザワの罠

なるほど・・・と思わせるストーリーです。

現実は小説よりも奇なり・・と言いますが、本当にそうなのかもしれません。

現状維持勢力と改革勢力という対立がこういう応酬をしていたとしても、あながち驚くことではありません。

小沢一郎さん、与謝野馨さん、いずれも囲碁の腕前はかなりのものらしいですが、囲碁というのは、極めて高度な戦略ゲームで、戦国時代には、武将たちも戦略眼を養う為に、勤しんだそうです。

これが強いということは、先の先を読んだ戦略を立てる気質があるということで、凡人ならば、目先に囚われてしまい相手に隙を見せてしまう所でも、その逆の手を敢えて打っている可能性が高いです。

この件ですが・・・

「 明治以来「政治とカネ」に洗脳されたこの国では、「検察は正義」という迷信を信ずる馬鹿者が大勢いる。捜査を主導した勢力の思い通り、メディア、国民、政治家から「けじめをつけろ」の大合唱が起きた。小沢氏の周辺からも「一時撤退しろ」との進言が相次いだ。普通の政治家なら選挙のことを考えて「一時撤退」する。しかし小沢氏は「徹底抗戦」を宣言した。それが私の言う「オザワの罠」である。検察に起訴させるよう仕向たのは小沢氏なのである。起訴したのを見届けてから小沢氏は代表を辞任して選挙に備えた。

かなり辻褄が合います。

戦略が高度になると、肉を切って骨を断つ・・・これができるようになる。

凡人は、何も犠牲を払うことなく勝利しようとして、結果的に敗走するわけで、戦略が高度になればなるほど、力が拮抗すればするほど、勝利の基準は、相手よりもちょっとでも味方の犠牲が少なければよい、こうなります。

で、当然ですが、凡人はと言うと、相手の骨を断つ為に、最初に自分の肉を切らせることがおろかな行為に見え、安易に批難する。

囲碁ではなく将棋ですが、羽生さんの大局を見ていると、プロの棋士でも理解できないような不可思議な手を打ったり、変な所で長考をしたりします。

羽生マジックと言われていますが、確かに、私のような凡人などが考えても、????ばかりです。

まあ、もう既に途轍もなく強い棋士というの知っているので、ここにすごい戦略があると勘繰るのですので、批難などに至ることはあり得ませんがね。

でも、百戦百勝かというと、本当にあっさりと負けてしまうこともあります。

高度なレベルになると、まさにどちらに転ぶか分からない駆け引きの中で、戦っているということがよく分かります。

政治の世界も、高度になればなるほど、不可思議な行動が増える・・ということでしょう。

しかし、政治家が悪者に仕立て上げられることが多いですが、田中さんが指摘しているように、病巣として根深いのは、「司法」と「メディア」の方です。

日本ほど国民の代表である政治権力より行政権力に迎合した「司法」と「メディア」はない。ところが国民は昔から「司法」と「メディア」を信じ込むように教育されてきた。それが日本の民主主義を阻んでいる。

「司法」と「メディア」の病巣は根深く、だからこそ、深刻と言えるような気がします。

今の政治家というのは、結局のところ、臨時雇用者です。

何年間かしたら必ず選挙の洗礼を受けるわけで、期間限定の契約社員、まあ、任期の延長ありの契約社員です。

選挙に落ちたら、ただの人ですからね。

「司法」と「メディア」は、この洗礼がない。

司法の頂点である最高裁の判事は、政治家と同じように国民審査を経ていますが、これは極めて形骸化しており、まだ誰も否認された人がいません。

分かりませんからね。

メディアに至っては、民間が主導なので、こういう形骸化した審査すらない。

言わば、正規雇用のような存在です。

国民の意思の方向性に圧倒的な影響力を有する存在が、実を言うと、国民からアンタッチャブルな存在なのです。

おっと、時間切れ

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ