中国不動産バブルにソフトランディングはあるのかな

2011.01.28 10:07|アジア経済(韓国、中国)
中国の不動産バブルがすごいですね。

北京市の最高地価、坪1440万円 北京を売ればアメリカが「買える」か

坪単価1440万円ですか。

バブルの絶頂期に坪単価1億2千万円以上をつけた銀座の一等地に比べればまだまだですが、平均所得水準などを鑑みれば、すごいですね。

で、この記事で気になるのは・・・

在米の中国人経済学者・何清漣氏は、中国の不動産価格は消費者の購買能力や市場の需要と完全にかけ離れており、その実態は「政府やデベロッパー、個人投資家により作り上げられたバブルと偽りの繁栄」だと指摘した。中国の多くの不動産政策は見かけ上は、価格抑制のために制定されているが、実際の施策ではむしろバブルを維持するように働きかけている、と同氏は批判した。

そう、中国政府は、見かけ上の価格抑制策を打ち出していますが、これは、下落させたいのではなく、何とか価格上昇を維持したいための政策でしょう。

急激にではなく、少しずつ・・・下落するでもなく、維持するのでもなく、少しずつ右肩上がりに価格が上昇して欲しい、そのための政策なのでしょう。

これ以外は、社会秩序を維持できないでしょう・・・

まあ、これは、日本のバブル絶頂期にも試みられたことですがね。

リーマンショック以降の米国の経済政策を見ても、かなり日本のバブル期の政策を研究したようですが、それでもなお、やはり似たような政策を採っているのです。

選択肢は相当に限られているのでしょう。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ