中国経済を見ていると、かちかち山が思い出されます。

2010.12.19 01:33|アジア経済(韓国、中国)
中国のインフレが加速しているようです。

CPI上昇率5ヶ月連続 食品・不動産が主因 金利上げの対策でさらに悪化か=中国

インフレ抑制で政府が価格統制 食用油メーカー、大規模生産停止へ=中国 」

人が生きていく上での必需品である衣食住が高騰して行くのですから、庶民はたまったものではないでしょう。

中国政府の対応を見ていると、日本童話の『かちかち山』に出て来る泥舟を思い出します。

まあ、事の顛末が同じになると言うことではありませんが、泥舟で海に漕ぎ出たようなものです。

見かけは大きく立派ですが、いずれ溶けて沈んでしまう・・・この運命は変わらないでしょう。

ただいま、こっちでひび割れが起きて水が噴出し、あっちで噴出し、その都度応急処置で塞いでいる、こんな感じのようです。

強制的な価格統制などしても、一時しのぎにしかならず、こういう生産停止などが起こり、これが更なる供給不安をあおり、それが買占め衝動を煽動し、さらなる供給不足が起こり、価格が高騰する・・・・このインフレスパイラルに入ると、パニック買いへと発展します。

石油ショックの時のトイレットペーペーのような事例が似ていますかね。

まあ、原因は、価格統制ではありませんでしたがね。

価格統制でメーカーの利益を圧迫すると、統制の利かない輸入する資源価格などが上がることはあっても下がることがない以上、当然ですが、人件費が抑制をする以外に無くなります。

結果、一般労働者の所得は減少し、さらなる消費力の減退に陥ることになります。

価格統制などしても、対処療法にはなっても、根治療法にはなりません。

そもそも、中国政府が人民元安を維持しようとする限り、どんどん国内に人民元が溢れかえります。

そうしたら、インフレになるのは当たり前です。

溢れかえったマネーは、すごい圧力となって泥舟に亀裂を作り、溢れ出してくることでしょう。

インフレを抑制するのならば、人民元を回収することです。

当然ですが、これは、人民元高を招き、中国製品は価格競争力を失い、やっぱり景気の悪化、というか、バブルの崩壊をもたらします。

そう、この手が使えないので、価格統制という対処療法を採らざるを得ないのでしょう。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ