尖閣問題は、負けるが勝ち・・かな?

2010.10.29 02:29|社会情勢
中国で、反日デモが行われているようですね。

中国・重慶で反日デモ 総領事館のある都市では初

日本では結構報道されているようですが、これって、大きく騒ぎ立てるようなことなのかな?

そもそも、中国当局が認めているという時点で、政府による作為的なものだということが分かります。

中国は、あまり報道されていませんが、暴動多発国ですからね。

当局が背後にある暴動、しかも千人ぐらいの規模のようですし・・・

ちなみに、こちらのニュースを見ると、ここでも千人ぐらいが抗議をして警察と衝突したようですが・・・

雲南省イ族村民、警察と衝突 土地収用に抗議

千人規模の暴動など、日常茶飯事・・・ぐらいではないのかな?

反日デモだけが取り上げられると、それ一色にあるように思われがちですが、事実はどうもそうではないようです。

むしろ、反日という名目でデモを認めたら、それが政府批判を噴出する切っ掛けになりつつあり、それを恐れているようです。

「多党制を導入せよ」 反日デモに反政府の声も 元外交官「密約の報道が影響」

中国政府は、自分たちへの非難の圧力を逸らす為に、今までも反日ということを利用して来たのですが、これで誤魔化しきれない所に来ているようです。

それはそうと、ここでも触れられていますが、日中間で密約があったのではないか?と言われていますね。

日中「尖閣密約」あった

このアエラに記事に対して、中国国内での反応がこちらで触れられています。

日中「尖閣密約」あったか 中国側「中傷と悪だくみ」 炎上の反日感情に亀裂

多分、この密約は十分に考えられます。

民主党が中国漁船の船長をすぐに釈放したことで、弱腰外交と非難されていますが、そもそも自民党政権時代は、逮捕すらしないで、追い掛け回すだけで終えていたんですよね。

そう、逮捕したこと自体がかなり強硬な対応だったわけです。

まあ、もし密約があったとして、元々自民党に属していた人が中心に居る民主党政権がこの密約を知らなかったというのも変なので、ひょっとすると、敢えて強行に出たのかもしれません。

で、結果的にみると・・・国内的には負けになったのかな?

でも、外交的にはどうなのでしょう?

中国人が見る中国=「船長の釈放:日本の勝ち 中国の負け」

国際的に見ると、こちらの方が真実のような気がします。

そもそも、日本の場合、憲法上も武力制圧ということができないわけで、自分の主張を通そうと思ったら、周囲を味方につける以外に方法が無いのです。

記事にもあるとおり、今回の件で、米国がしっかり尖閣諸島を日本の領土として認めると宣言したことは、極めて大きい。

中国が横暴で日本が虐められている(?)という構図を国際世論に植えつけられたのであれば、これは負けるが勝ちということになるでしょう。

例えば、裁判で係争する時も、基本的に手を出した方が不利・・・となりませんか?

調停をする上位の立場が存在しない場合、強硬に我を通そうとした者がそのまま押し通すということになりがちですが、そうではない場合、むしろ節度を持たない者の方が制されることになるものです。

時間切れ

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ