今回焼いた私の陶芸作品です。

2007.11.06 23:50|陶芸
さてさて、いよいよ今回の釜焚きでの私の作品ですが・・・・

のものが、そのすべてです。

陶芸作品

今回釜に入れた作品の全体の量に比して、とても少ないです。
陶芸をやり始めた頃は、沢山作っていたのですが、だんだんと作る量が減って、今は大体これぐらいになってしまいました。

私の陶芸歴は手ロクロで作るところから始まったのですが、すぐに電動ロクロで作るようになり、この頃は、かなり大量に作っていました。電動ロクロで作ると、1日やると、徳利が50個も60個も出来てしまうので、焼くのが大変になってしまいます。

今は、再び手ロクロで一つ一つ土の感触を楽しみながら作るので、1日かけても、10個程度出来るぐらいだと思います。

何で電動ロクロで作らないかというと、私の好みの作品を作るに向かないからです。電動ロクロは、均整の取れたきれいな形を作るのに向いていますが、ゆがみのある形を作るには向きません。

そう、私の場合、手跡やコテ跡の残って、自然に出来たビードロが複雑な景色の出来た作品が好きなのです。

ちなみに、陶芸で言うところのビードロとは、松灰が溶けてガラス状になったもので、様々な要因によって、緑色に発色したり、水色、黄色、赤色、透明色等々に変化したりします。この変化によって、とても複雑な景色が出てきます。

どんな感じかというと、例えば、こんな感じです。

陶芸作品

左の作品は、ビードロの溜りが出ていますが、あまりきれいではありません。
右の作品は、ビードロにはなっていません。(これはこれで、いいのですが・・・)

陶芸作品

左の作品は、ビードロがきれいに出ていますが、模様がちょっと単調ですね。
右の作品は、模様は複雑になってきましたが、上にカスがついているし、真ん中に黒い模様がついてしまって、これもあまりきれいではありません。

陶芸作品

こちらの作品は、傷も無いですし、ビードロもきれいに出ています。
が、模様が少し単調です。
実を言うと、これは電動ロクロで作ったものです。たまに電動ロクロも使わないと、やり方を忘れてしまいそうになるので、1つだけ作ったものです。

陶芸作品

これは、少し大きな作品です。私の場合、あまり大きな壺を作ることはあまりないのですが、今回は新しい土を使ったので、どんな色が出るかな、と試しに作ってみました。
ちなみに、こういう作品の方が花を生ける時は映えます。

陶芸作品

これが、今回焼いたもので、最も気に入っているものです。
ビードロがしっかり付いていますし、その溜りが3つも出来ています。これだけ複雑な模様が描かれた作品は、これまでにもなかなか得られませんでした。

しかも、水漏れがないんです。こういう作品は、殆どの場合、水を入れると、漏れてしまいます。ですので、花瓶として使用できるものはごく僅かなのですが、そのごく僅かに入ってくれたようです。

ただ、1つ難を言えば、ビードロの色が緑色で一様なのが残念でした。もう少し、多様な色が出ていたら、もっと魅力的な作品になったと思うのですが・・・・

これは、次回の釜焚きのお楽しみということで・・・・

                              ・・・・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川11.6

場所は、高知県四万十町(旧窪川町)です。
窪川町付近の四万十川は、よく変った形の雲が現れます。
雲好きの私としては、とっても魅力的なところです。

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング     ↑ は、50位くらいに下がってしまいました・・
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.10 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ