検察審議会とは・・・弁護士の独壇場?

2010.10.09 00:05|政治
小沢一郎さんに対して下した検察審議会の結論に対して、知れば知るほど、作為的な誘導を感じざるを得ません。

超有名ブロガーのこちらの記事が面白いですね。

11人の操り人形たち

検察審議会のメンバーの平均年齢が30.9歳というのは知っていましたが、人選そのものが作為的な意図を持ってなされたのではないかと疑いたくなります。

しかも、これです。

代表選当日の小沢氏審査、「議論煮詰まり」議決

こういうやり取りを見ると・・・あの議決書は、殆ど審査補助員の弁護士による誘導によっているように思えて来ます。

「9月上旬には、「起訴議決」を出す場合に義務付けられている検察官の意見聴取を行った。意見聴取では、東京地検特捜部の斎藤隆博副部長が1時間以上にわたって説明。斎藤副部長は「元秘書らの供述だけでは、小沢氏と元秘書らとの共謀の成立を認めるのは難しい。有罪を取るには、慎重に証拠を検討することが必要です」などと、審査員らに訴えたという。

 審査員に法律的な助言をする審査補助員を務めた吉田繁実弁護士は、暴力団内部の共謀の成否が争点となった判例や、犯罪の実行行為者でなくても謀議に参加すれば共犯として有罪になるなどと認定した1958年の最高裁大法廷判決を審査員に示し、「暴力団や政治家という違いは考えずに、上下関係で判断して下さい」と説明した。」


小沢一郎さんが民主党の代表選に立候補してから頻繁に審議をし、しかも、議決は代表選の結果が出て30分後・・・

で、ここで気になるのは、審査補助員の弁護士が「暴力団や政治家という違いは考えずに、上下関係で判断して下さい」と言っている所です。

これは、明らかに一つの方向性に誘導しています。

法的アドバイスをするならば、こうも考えられるがこうも考えられる・・・という選択肢を広げ、その上で判断してくださいとなるのが筋だと思いますが、寧ろその逆に、こう判断してください・・・と狭めている。

11名の審査員に対して、たった一人の法律の専門家がアドバイザーとして入れば、殆ど思いのままでしょう。

某バラエティ番組、まあ昔の「行列ができる法律相談所」を見ても、弁護士と言えど、見解が対立する方が殆どなのです。

あの番組では、4人の弁護士が判断していますが、もしあれが1人だけの独壇場だったらどうでしょう?

法律的に絶対こうだ!!と言ってのける弁護士が誘導したら、何も法律を知らない一般人がそれを翻すことはできますか?

検察審議会のあり方・・・今のままで、本当に公正なものとして有効なのだろうか?

公正であるとはどういうことか?・・・これが問われているのでしょう。

いつも政治分野で鋭い指摘をされているこの方も怒っていますね。

痴呆国家

この中で指摘されていますが、日本は「政治教育」が本当に疎かです。

選挙に投票することは国民の義務と謳いながら、政治をどう判断することが大切か、学校教育で全く教えられていない。

私が未熟だっただけかもしれませんが、20歳で選挙権を得て、何を基準にどう検討していけばよいか、全然分からなかった。

政治を判断する術を教育されていなかったんですね。

で、大学に入ってから、殆ど独習していました。

マキャベリやホッブスに始まり・・・という感じで、一からですね。

今でも、まだまだ分からないことだらけですが、正義、公正、自由・・・色々な考えがあるのはよく分かります。

色々な考えがあると分かっているからこそ、絶対こうだ!!と言われると、いや待てよ、違う考え方もあるんじゃないかな?とすぐに思います。

社会で生きて行くのに必要な術が、あまりにも学校教育では欠けている。

政治教育だけでなく、会計や税務などもそうです。

学校で全く教えないから、簿記の学校に行ったりしないといけない。

日本では、ベンチャーが育たないと言いますが、当たり前です。

学校で教えないのですから・・・ね。

教育改革・・・これが日本の本質的な問題だと思っています、本当に。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ