日銀がいよいよ市場介入に踏み切りました。

2010.09.16 13:31|経済
日銀が為替介入に入りました。

まあ、まだ1兆円ぐらいの規模ですので、今後の展開は読めませんが・・・

ただ、これまで口先だけの介入でオオカミ少年というレッテルを張られ始めていましたので、ファーストインパクトはかなりあったようです。

円安にかなり振れましたね。

ここら辺は、市場での心理戦なので、ちょっと面白いかもしれない。

しかし、この先を予測するのは、ちょっとデータが無いので、無理ですが・・・

ちなみに、後に日銀砲と言われ、30兆円規模の猛烈な市場介入をした前回(2004年)とは、状況が違いますので、あまり比較になりません。

ただ、この前回の介入の記憶があるので、相当な心理的ストレスを投機筋に与えたことは間違いないのでしょう。

まあ、ハゲタカさんたちも百戦錬磨の強者が揃っているのでしょうから、この心理戦をどう戦うのか・・・素人レベルでは予測できませんね、本当に。

日銀のシナリオはどうなのだろう???

恐らく、ポイントは人民元の動向だと思うのですが・・・

強まる人民元の上昇傾向、3営業日続けて最高値更新


  中国外貨取引センターが14日に発表した人民元対ドル為替レートの中間値は、131ベーシスポイント上昇し、6.7378元に達した。銀行間スポット取引の為替レートは6.7463元で引け、ともに2005年の為替改革後の最高値を更新した。人民元対ドル為替レートの中間値は、3営業日続けて為替改革後の最高値を更新している。中国網日本語版(チャイナネリト)が報じた。
  9月に入り、人民元の上昇傾向が強まっている。人民元対ドル為替レートの中間値は10日、192ベーシスポイント上昇し6.7625元に達し、為替改革後の最高値を更新した。13日はさらに116ベーシスポイント上昇し、6.7509元となった。アナリストは、中国が発表した経済データで経済状況が予想より良好であることが示され、またドルインデックスが下落し、これらが人民元の対ドルレートを押し上げたと見ている。
  為替ディーラーによると、投資家による価格提示の状況から、為替市場における人民元の上昇余地には慎重な姿勢が続いていることがわかる。先物市場からも、人民元の上昇幅の予測は大きくないことがわかる。中国時間14日17時36分現在、海外市場の1年物ノン・デリバリー・フォワード(NDF)のドル対人民元レートは6.6550元、国内市場のドル対人民元の1年物スワッププレミアムの中間値は525ベーシスポイントで、1年後に人民元対ドルレートが6.6938元になるという予測になる。
  アナリストは、中国経済は人民元対ドルレートの大幅上昇を基本的に支持していないと話す。貿易企業の人民元上昇に対する許容能力は限られており、一時その限度を超えても、市場の影響により人民元為替レートは正常な範囲内に戻ることが予想される。
  中国人民銀行が6月19日に人民元為替制度改革推進を発表してから、人民元は小幅上昇し、双方向への変動の特徴が現れ、弾力性が著しく強化された。9月14日の人民元対ドル為替レートの中間値で計算すると、6月19日の為替改革推進の発表後、人民元対ドルレートは1.3%上昇した。05年の為替改革実施以来の上げ幅は20%を超えている。
  中国社会科学院金融研究所中国経済評価センターの劉主任は、「人民元の市場ニーズに基づく適度な上昇は、資源配分の効率を高め、外部環境を改善するのにプラスとなる。当面、人民元対ドルレートが大きく上下する動きとなるだろう。中長期的に見て、中国のマクロ経済の動きは人民元レートに大きく影響する」と話した。(編集担当:米原裕子)


人民元が高くなって来ているので、今後は、日本と中国という米国債の2大引き受け手が同時に大規模な介入をすることになるのかもしれません。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

谷垣 日銀砲 ヘッジファンド

みんなの為替予想 2010年9月16日の相場予想~介入の憶測飛び交う心理戦 ... 日本政府・日銀介入における中期的な効果は置いておいて、少なくとも超短期的には、この日銀介入での変動を利用しない手はない。 ユーロドル→ドル売り継続なるか。NYタイムでの流れや米指標、NY...
| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ