政治とマスコミについて・・・その1

2010.09.09 01:08|政治
ところで、前回ですが、政治とカネの問題について少し取り上げてみましたので、今度は、政治とマスコミの関係について考えてみたいと思います。

政治とマスコミ・・・もしも私が大物政治家だったらどうするか?・・・こういう視点から推測してみます。

あくまでも推測、というか妄想なので、そこら辺はご考慮のほどを・・・

まず、そもそも政治家の力の源泉というのは何でしょう?

集金力という言葉がまず思い浮かびます。

象徴的に語られるのが田中角栄さんですが、まずはここから考えてみたいです。

集金力がある政治家に権力が集中するように思われますが、事実はこの逆のような気がします。

権力を有した者にお金が集まる・・・ということです。

権力とは、結局のところ、他人から支持される力の総量なので、より多くの人間から支持されることで、それだけ権力は増します。

そして、他人から支持される、これは、他人から信頼・信用されるということでもあり、信用=お金という図式を当てはめると、人から信用されることが増せば増すほど、集金力が高まるということになります。

信用を獲得する方法は、様々です。

人徳というのも一つです。

技能というのも一つです。

家柄(歴史)というのも一つです。

ちなみに、騙すというのも一つです。

まあ、信用を数値化したものがお金ならば、お金の動く所には必ずあると言えるでしょう。

で、これで何が言いたいのかと言うと、政治家の力の源泉というのは、信用力だということなのです。

そして、政治家が信用力を得る方法は、社会情勢の変化と共に、これまた変化していきます。

ここからが本題ですが、現在の社会では、最も多数派を占めるのは、無党派層です。

地縁・血縁の繋がりが弱まり・・

企業・団体への帰属意識が薄れ・・・

そう、組織票という枠が弱まっている訳です。

これは、物流網が発達し、情報化が進んだことの当然の帰結です。

人的・物的移動の範囲が自由に拡大して行けば、この組織(家、地域コミュニティ、企業、宗教など)に属していなければ生きて行けない・・こういう状況が無くなって来たということが大きい。

たとえ結婚しても、離婚もすぐにでき・・

たとえ就職しても、転職ができ・・・

たとえ生まれ育った土地でも、好きな土地に引越しでき・・・

ここに帰属しないと生きて行けない・・・こういう縛りが弱まって行っているわけです。

組織に囚われなくても生きて行ける・・・これは、組織の信用力が弱まるということです。

その逆に強まったのが、個人力というやつです。

もちろん、組織も個人の集合なわけですが、個の色分けができなくなって来たのです。

個人個人、全く同じ考えということはなく、どんな没個性の人であろうと、何らかの個性があり、その個を一括りにまとめるというのは、個の違いを何処かで無視しているわけです。

種の分類というのがこれですね。

人間の顔が皆違っても、人間と言う一つの括りで捉える・・・

肌の色で分類すれば、人種というカテゴリーがその下に出来・・・

話を戻すと、個の違いを強調すると、括りが弱まり、政治で言えば、無党派層となります。

党という括りが弱まるわけです。

もちろん、どんなに括り(党)が弱まっても、社会という組織で何か一つの方向性を決定するには、括り単位になり、無党派層という言い方はあまり正確ではありませんが・・・

無党派層とは、正確に言えば、嫌ならいつでも変更する層ということです。

この無党派層の支持(信用)を取り付けること・・・これが今の政治家に求められる力となって来ているのです。

前置きだけで終わってしまった。

時間切れ続く

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ