小沢一郎、民主党代表選に正式に立候補する・・・

2010.09.01 00:01|政治
いよいよ、小沢一郎氏が民主党の代表選挙に正式に立候補しましたね。

で、ちょっと気になることが・・・

報道ステーションを見ていたら、後藤謙二氏がこう指摘していました。

小沢さんは、民主党の代表選に出るに際して、自分が総理大臣になって・・・ということを一言も言っていない、菅さんが総理大臣を決める選挙だと振っても、スルーしている・・・と。

この後藤氏は、あの三宝会の世話人(だった?)なので、そこら辺は留意しないといけないでしょうが、ちょっと気になりました。

小沢一郎という戦略家は、当然ですが、この代表選に勝った場合と負けた場合のいずれでも、どういう行動をその後するのか、想定しているのでしょう。

というか、勝っても負けても、自分の理想を実現する為の道筋を考えているのでしょう。

ひょっとしたら、民主党代表=総理大臣という言及をしない、これを前面に出して争わない、ここにその道筋が垣間見えるのかもしれません。

国民受けを狙うならば、政局ではなく政策を訴える・・こうなるでしょう。

自分が総理大臣になったら、日本をどうする・・・という議論を前面に立て、その対立軸で争うでしょう。

それを敢えてせず、民主党内の支持固めに奔走するならば、どうでしょう?

これは、明らかに分裂することへの色分けをしようとしている・・・ということになるでしょう。

親小沢、反小沢という対立軸で踏み絵を踏ませてしまえば、ねじれ国会を解消するために不可欠となる連立政権の樹立の下地が整います。

そもそも、民主党の代表が誰になろうが、ねじれ国会の状態では、まともな国会運営は出来ず、早晩行き詰まる運命にあるわけです。

以下の記事に詳しいので、再掲します。

「ねじれ」にお気楽な人たち

ねじれを解消するには、衆議院を解散しても殆ど無理です。

まあ、民主党が単独で3分の2以上を確保すれば別ですが、これこそ今の状態では望むべく無いでしょう。

参議院は任期途中での解散が無いので、今回の参議院議員選挙で民主党が過半数を取れなかったことで、もう民主党がそのまま維持し続けることは出来なくなっていたのです。

ねじれ国会を解消するには、自民党を取り入れた連立政権を樹立するしかない。

かと言って、民主党と自民党がそのまま大連立を組んだら、それこそ野党と言える野党がいなくなってしまう。

殆ど挙国一致内閣ですか!!ぐらいの圧倒的多数政権になってしまいます。

これは、逆に国民の支持が得られないでしょう。

とするならば、選択肢は一つです。

民主党を分裂させて、一方が自民党と大連立を組み、もう一方が野党となる・・こういう構図です。

当然ですが、自民党と大連立を組む場合は、自民党の方から総理大臣を出すことになります。

自社政権の時に、社会党の村山富一さんが総理になったようなものです。

自民党は、この誘いを断れないでしょう。

そう、小沢一郎さんは、勝っても負けても、総理大臣になることはないわけです。

だから、敢えて民主党代表=総理大臣という構図を前提とした言及をしないのかもしれません。

民主党の代表選に勝っても負けても、自民党に大連立を呼びかけ、そして、それを実現させるように根回しをしているのではないでしょうか?

この代表選では、自民党と連立を組んだ時に、ねじれ国会が解消でき、安定的な政権運営ができるだけの数が揃えばよい・・・こう考えているのではないか?

そして、今の自民党は、小沢一郎さんが掲げた国民福祉税構想に似た政策を掲げているのです。

先の番組で、後藤謙二氏が『日本再生計画』を書いた頃の小沢さんと今の小沢さんの考えは大分変わったと言っていましたが、多分これは違うでしょう。

表の言葉と裏の言葉・・・本当の狙いは、国民福祉税構想の実現でしょう。

表では消費税増税を封印していますが、これはあくまでも表向きでしょう。

真の狙いは、繰り返しますが、国民福祉税だと思います。

今回の参議院議員選挙は、極めて重要なのです。

それを実現する為の道筋と考えれば、この代表選挙への立候補は辻褄が合います。

まあ、これから本格的な選挙活動をするので、どうでるのか?・・・これは、もう注目するしかありません。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ