スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書と経験と反芻と・・・

2013.06.29 07:13|思索
ここのところ、梅雨そのものですね。

しかし、7月です。

キャニオニングのハイシーズンも、もうすぐです。

7月は、もう昨年の7月以上のご予約を頂いております。

ありがとう御座います。

スタッフだけでなく、色々な方がご協力してくださり、その手ごたえが日々実感できています。

さあ、今シーズンも、事故無く、沢山の方に滑床渓谷キャニオニングを楽しんでいただけるように、鋭意努力して行きたいと思います。

私も、シーズン前に、しっかりダイエットしました!!!

まあ、あともう少し落とさないといけないのですが、これからです。

本題に入りますが、ここのところ、資本主義と社会主義ということについて、考えさせられています。

どちらかと言うと、社会主義の方がメインですが・・・

社会主義と言っても、これまた色々とありまして、話し出したら切りが無い。

哲学をしていた20代の頃は、ここら辺の書籍もかなり読んだのですが、どうもしっくり来なかった。

共感ということではなく、机上の空論、砂上の楼閣のような感があったのを覚えています。

こういう思想に基づいて行動するという基準がイメージできなかったのですね。

で、最近ですが、あ~~~こういう人はいるんだなぁ~~と実地で体験して、嘗て読んでも、あまりリアルに感じられなかった書籍のことが妙に頭に思い浮かばれて来ました。

おそらく、今読んだら、きっとスラスラ頭の中に入って来るのだろうなぁ~~という予感があります。

日本の場合、「哲学なんか理屈っぽいだけで、何の役にも立たない」という風潮が大勢であったりして、机上の空論をあれやこれや作っているだけ・・なんていうような評価を受けたりします。

確かに、アカデミックはそのような感がないでもない、というか、往々にしてそうだと思います。

本との対話は重要ですが、それは、やはり実地の経験に裏打ちされなければ、机上の空論を出ない。

本を書いた著者は、実地の経験に裏打ちされたことを書いているかもしれません。

名著と呼ばれるものは、まず間違いなくそうです。

しかし、読み手の方は、その本の著者の経験を共有しているわけではないので、自分の経験の範囲内で、それを解釈して行くわけです。

どんなに精確に読もうとしても、それは何処まで言っても解釈に過ぎません。

著者と読者が別人格で、経験が異なる以上、そこには完全なる同一などあり得ません。

それでも、本を理解して行くには、自分の経験値を上げていくしかない。

自分自身が何と出会い、何を経験するか、その経験値が高まれば高まるほど、解釈の幅が拡がり、著者の考えに近づける・・・・それどころか、経験値が超えて行けば、それを凌駕して行く・・・弁証法的に言えば、アフヘーベンというやつです。

社会主義というものにリアルさを感じられていなかったのが、全くそんな主義のことなど知ってもいない人と関わることで、あ~~こういう考えなんだ、と理解できるようになったのです。

もちろん、こういう視点を持てたのは、予めそういう本を読んでいたからこそ、理解できなくても理解しようと努力した経験があったからこそ、なのです。

そういう意味で、やはり本との対話というのは、必要なのです。

本は、とりわけ名著というのは、分からないから読まない、捨ててしまってよいというものではない。

分からなくても読んでみる、そして、経験を積んだ後に、再び読む・・・この繰り返し、そう、反芻するということが肝要なのです。


・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

【行動原理】自分自身を知りたい

2013.06.28 01:07|思索
このブログ、更新頻度が激減している上に、記事の内容もどうもイマイチのような気がします。

多分、心に迷いがあるからだと思う。

先行きが不安というのではなく、自分自身の選択に迷っているので、道が定まらない。

一度道が定まれば、猪突猛進ぐらい突き進めるのですが、道に迷っていると、どうにも動きが鈍くなってしまって・・・

四国に移住する決断を下してからこの方、まさに目まぐるしく突き進んで来ました。

道に迷う・・ということは、殆ど無かったです。

これまで、失敗も沢山したけど、失敗は成功の素という感じで、それはそれで必要な過程で、後悔ということはありません。

先日の新聞取材で、色々と話したのですが、記事のキャッチコピーは、「行動原理 自分自身を知りたい」となりました。

これは、私の方ではなく、記者さんの方から提案を頂きまして、私も快諾しました。

そう、自分自身を知りたいから、色々とやっているんですよね。

たとえ事業に失敗しても、それが自分自身を知る手がかりとなるのであれば、自分自身を知るという意味では、成功と言えるかもしれません。

もっとも、これは、自分が1人でやっている限りですが・・・

相手があって、自分以外の人間が深く関わる場合は、失敗は成功の素と開き直ることはできない場合が殆どです。

自分以外の人の人生を左右するのですから・・・

1人で突き進んでいる時には思い切れていたことが、なかなかそう決断できなくなります。

心に迷いが生じるんですね。

もちろん、物事には機というのがありますので、迷っている暇は無い、決断しなければならないということが多々あります。

機を逸すれば、何もしないままに事態は悪化して行くことになりかねない。

が、決断を急かせば、それが致命的なミス、事を仕損じることにもなりかねない。

じっくり時間をかけて考えた方がよいこともあります。

私の場合、四国に移住する前は、本当にじっくり時間をかけて考えていました。

20代の10年間は、ただただ考えていました。

周囲が就職活動に勤しんでいても、自分自身を知ることの方を優先して考えていました。

考える為の猶予時間が欲しくって、大学院に行ったくらいですから・・・

心に迷いがあるのに、とりあえず決断するということができなかったんですね。

当然ですが、これは、就職という観点からすれば、機を逸したことになり、世に言う人気企業のような所には勤める機会はもはや望めない状況になったわけです。

しかし、そのことに対して、後悔はありません。

心に迷いがあるから、自分が納得行くまでじっくり考える・・・こう決断し、その為の犠牲を受け入れる覚悟を持っていたからです。

あの当時も、こう考えていました。

もし就職活動し、会社員になり・・・10年後に、あ~~もしあの時に心の迷いが無くなるまで徹底的に考えていたらどうだったろう・・と振り返った時に、自分自身は後悔しないのか?

こう自問していました。

二つの道は経験できないし、選べない。

一つしかないのですから・・・

自分の人生を後悔しない一つは何か?

どんな道でも、それは賭けであり、失敗するリスクはあります。

たとえ失敗しても、後悔しない選択・・・これを決断することが肝要のような気がします。

そう、たった一度の人生、後悔しないようにね。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

情報収集のコストの行方・・・

2013.06.23 23:38|思索


本日は、新聞取材の追加で、写真撮影でした・・・

掲載は、6月26日(水曜日)の朝日新聞の四国版です。

四国版ですので、四国の人以外は見れませんので、アシカラズ・・・

多分、ネットでは後日見れると思います。

多分、短い動画付きになるみたいです。

ただ、インタビューの音拾えていたか心配です。

何せ、渓谷の中は、水流の音がしますので、ノイズが入るんです。

テレビ撮影なんかでも、一番苦労しているのは、音声さんです。

スライダーで滑った後の表情などをカメラが撮っても、音声が拾えない・・・泣

カメラさんも、高い機材を抱えて苦労されていますけど、音声さんは、もういや!!と言って帰られる人もいます。

今回は、一眼レフカメラに付属している動画機能を使ったものなので、どうなっているかな?

キャニオニングをし始めて、色々なメディアに登場させていただく機会がありましたが、新聞取材が一番好きです。

メディア取材の場合、シナリオを作って来て、それに合わせてお願いします!!ということが多いのですが、新聞取材の場合、そういうことはまずありません。

もちろん、シナリオ通りに合わせるのも、メディアに取り上げられるメリットを考えれば・・・端的に言えば、宣伝効果を考えれば、とても有難いことなのですが、それは、作ったものですし、基本的に自分でなくても大丈夫なことではあるので、どちらかというと、お仕事でやっている!!という感覚になります。

新聞の取材の場合、すべてがすべてではないのでしょうが、私が今まで受けた取材は、シナリオを作って・・というよりも、取材対象から情報を引き出す・・という聞く姿勢でいてくれます。

ですので、思わず話過ぎてしまったりして、後で汗!!なんてこともあります。

こうした姿勢の違いは、やはり資金力の差ということが大きいように思います。

情報の裏を取る・・・これは、とても労力がいることです。

数行の記事のために、1日、2日の現地取材と記事を書く時間・・・情報が確かであるが裏取りもして・・・すごい労力です。

これをするには、それだけの収益力がなければ無理です。

今、ネットの隆盛で、紙媒体主体の新聞が非常に苦戦しています。

ネット情報・・・グーグルニュースのように、新聞の取材力に依存している場合が殆どです。

このブログにしても、時事問題などは、裏取りしている訳ではありませんので、やはり情報ソースとしては機能しません。

あくまでも、個人的な推測見解の域を出ませんので・・・

もちろん、個人的な活動や思索については、自分の経験を踏まえていますので、その限りではありませんが・・・

ネットの隆盛も必要ですが、情報の収集とその正確さを高めて行くには、しっかりとした収益を生み出せる情報収集するメディアの存在というのは、社会にとって必要不可欠だなぁ~~と改めて実感しました。


・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

中国経済バブル崩壊7月説が出回っているらしい

2013.06.21 22:52|経済
先日申請していた助成金ですが、受託団体として決定しました。

本当は嬉しいのだろうけれど、自分で事業提案書を作成して申請したにもかかわらず、あまり嬉しいという気分にはなれない今日この頃です。

今回の助成金は、今まで以上にハードルが高いので、責任重大です。

まあ、100%助成タイプですので、金銭的に・・・ということではありませんが、助成金というのは、両刃の剣ですので、運営を失敗すると、本当に逆効果になるので、運営能力が問われます。

ハード系のものならば、あまり悩まないのですが、やはり雇用が伴うものは難しい。

物を作るだけならば、予算さえ確保すれば、作るのは容易です。

それを運営して行くこと・・・これには雇用が伴うわけですが、これが難しい。

それはそうと、中国バブル7月崩壊説というのが静かに出回っているようですね。

中国「7月バブル崩壊説」 深まる債務の「闇」上海支局長・河崎真澄

遅かれ早かれいつか必ず・・・と思っていましたが、具体的な予兆が出て来ているようですね。

まあ、こういうのは、地震予測みたいなもので、来るのは分かっているけれど、その発生時期を明確に予測するのが困難というもので・・・それでも、大地震の予兆というのは必ずあるものです。

どう考えても、これは持続可能な経済成長とは思えない。

米欧の次は中国経済「失速」

不動産投資とインフラ投資に依存した経済成長ですからね。

このいずれにしても、ランディングコストが必要なもので、供給過多になると、大変なお荷物になります。

立派な箱物を作って、立派な道路を造って・・・それだけで需要が喚起されるならば、日本の地方が寂れることなどは無いでしょう。

オープン時には、無茶苦茶立派だった施設が10年もしたら廃墟・・・資産価値ゼロどころか、マイナスですからね。

例えば、ここ・・・グリュック王国

もう完全に廃墟となっているらしい。

借金して作るのは、貸してくれる所があれば、非常に簡単です。

どんな最高の技術を駆使した立派なものでも、作れてしまいます。

難しいのは、その後・・・

中国経済の行く末がどうなるのか?・・・壮大な実験ですね。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

張り詰めた糸・・・

2013.06.13 23:40|思索
最近、私は、どうも周囲が見えなくなっているみたいです。

というか、視野が狭くなっているみたいです。

知らず知らずの間に、無理をしていたようです。

張り詰めた糸は、それが長く続けば、いつかは切れます。

切れる前に、少し緩めないと、手遅れになりますね。

先週の土曜日、高校の同窓会が東京であったのですが、行けばよかったなぁ~~~。

何を考えていたんだろう。

高校を卒業して以来、四半世紀・・・気分転換になっただろうに。

来月からは、今まで以上にもっと大変になることは目に見えているので、今月中に、少しでも気分転換をしておかないと、本当にまずいですね。


・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

加減法、加点法、減点法・・・

2013.06.07 22:23|思索
最近、色々と考えることが多いのですが、気づいたことがありますので、忘れないうちに書き留めておこう!!

「ヤマアラシのジレンマ」というのがあります。

寒さの中、二匹のヤマアラシが暖め合うために体を寄せ合う、しかし、近づきすぎるとお互いの体の針が相手に刺さってしまう。
でも離れると寒くなる。二匹は近づいたり離れたりを繰り返しながら、お互いに傷つかず、寒くも無い距離を見つける。


フロイトのたとえ話ですが、人間関係は、距離感が大切ということです。

人それぞれ、針の長さ、針の向かっている方向、針の鋭さ・・・これらが違っていて、同じ距離を取っていても、或る人にとっては心地よく、或る人にとっては何も感じず、或る人にとっては激痛・・・という風に、感じ方は違うわけです。

個性というものが、一様な関係ではなく、複雑な関係を生じさせるのです。

ですので、人と人が関わる時は、必ず距離感を計ることがお互いに必要になります。

自分にとって、あ~~いいなぁ~~という風に、良く思う時もあれば・・・

自分にとって、うぁ、これは耐えられない~~~という風に、悪く思う時もあれば・・・

自分にとって、全然興味ない~~という風に、眼中に入らない時もある。

相手に対して、プラスに加点される、マイナスに減点される、プラスマイナスゼロの無得点・・・これが加減法ですね。

他人と折り合いをつけていける人は、直感的であれ、理論的であれ、こういう距離の取り方を心得ています。

こういう術に長けている人は、自然に自分にとって心地の良い距離感を保てる人たちが周囲に集まることになります。

子供は、こういう術が未熟なので、色々と四苦八苦し、その試行錯誤の中から、距離感の取り方を学んで行きます。

もちろん、これが未熟のまま大人になってしまった人もいますが・・・・

例えば、加点法に終始してしまうような人がいます。

他人に対して、減点せずに加点だけを続けるとどうなるか・・・

いわゆるポジティブ思考というか、どんなことに対しても、自分にとって良いように捕らえてしまう。

と言っても、人が付き合える範囲には限界がありますから、特定の或る人に固執し、何をどんな風に拒絶されても、どんな扱いをされても、すべて自分にとって良いこと、「自分の為にしてくれている・・・」という解釈に至り、どんどん執着するようになる。

極端な事例が、要するにストーカーですね。

こういうストーカーにターゲットにされると、本当に大変なことになります。

殺人事件にまで発展しますので、加点法が徹底してしまうような人は、本当に危ないです。

その逆に、減点法に終始する人もいます。

他人に対して、自分にとってマイナスの点だけを見、どんどん減点して行くんですね。

こういう人は、そもそも人との関わりが薄くなります。

例えば、婚カツなんかでなかなか成功しない人は、自分の理想像を描き、それを基準に相手を見て、これが合わない、あれも合わない・・・という風に、どんどん減点して行きます。

自分のことは置いておいて、相手に対して減点していけば、そんな理想的な相手に巡りあえる幸運はそうそうないので、結局結婚しないまま・・ということになります。

まあ、これぐらいならば、関係の多面性ということで、友達作りや仕事では加減法で対処している人もいたりするので、あまり極端なことにはなりません。

難しいのは、減点法のみに終始する人です。

そもそも減点法の人は、他人との関係性を保てないので、1人でいることが多いのですが、それでも血縁などがありますので、そういう繋がりだけは残ったりします。

例えば、甘やかす親であれば、子がどんな態度をとっても、すべて許して受け入れてしまうこともあるでしょう。

子供の方は、まるで自分が規則を司る法の番人、というか、支配者みたいになり、ともかく自分のルールに従うことのみを強要するようになる。

当然、そんな態度を取れば、血縁も何も無い他人は誰も従いませんし、それを従わせる術も大抵はありません。

まあ、王侯貴族のような何らかの地位や権力があれば、その力で従わせることができるでしょうが・・・

そういう力が無い人でも、そのマイルールが一般常識に近ければ、傍からみれば、寧ろしっかりした人と見れますので、関係を持とうと思う人も現れるでしょう。

しかし、一般常識という普遍化された人格などないのです。

必ず個性があります。

ですので、その個性の部分がルールに反するようになり、距離が近づけば近づくほどに、どんどん関係が壊れて行くのです。

こういうタイプの人は、たとえ友達と呼べる人がいたとしても、本当にたまに会うぐらいの存在で、日常生活で頻繁に会うような人ではなかったりします。

個性がぶつからない範囲ではないと、関係性が持続できないのです。

そう、お互いにそうした距離が心地良いという人同士の関係だけが辛うじて構築できるのです。

他人を減点法だけで計る人は、一旦関係を持っても、減点が増えて、運転免許の免停のように、減点が一定の数に達すると、自ら進んで離れて行くので、極端な加点法の人よりも危険度はありません。

まあ、相手にする方はその徒労に疲れますが・・・

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

未熟とは言っていられませんね!!

2013.06.06 00:28|子育て日記
昨年の出生数が過去最低を記録したそうですね。

まあ、合計特殊出生率の方は上がっているので、出産可能年代の減少がもたらした数字なのでしょうが・・・

我が家も、結局のところ、一人っ子になってしまったので、出生率の減少に加担してしまっているわけです。

振り返ってみれば、20代の頃は、子供を育てるなんて、思いも寄りませんでした。

自分のような未熟な人間に、1人の人間の人生を背負って行けるなんて・・・という感じです。

自分が生きて行くだけで精一杯でした。

10代は、生きることそのもので精一杯でしたし・・・

四国に来たのが20代最後の歳で、30代になって、山奥で裸一貫で暮らし始めて、周囲の子育ての姿を見たりして数年、あ~~自分も子供を育ててみたい、と心から思うようになりました。

都会で生まれ育った自分が今まで抱いていた「こう育てなければならない」という無意識の呪縛から解き放たれ、肩の力が抜けたような・・・よく言えば、自然体に受け入れられるようになったのです。

たられば・・なので、実際はどうか分かりませんが、多分都会に住み続けていたら、子供を育てようとは思わなかったと思います。

で、実際に息子が産まれて、すくすくと育っているはいるのですが、それでも尚、やはり自分自身に自信がなかったのでしょう。

二人目・・という踏ん切りは付きませんでした。

親のエゴで・・・と思わないわけではないのですが、色々なことを鑑みると、どうしても最後の一押しができませんでした。

やはり自分の未熟さだったのでしょう。

人の人生を背負う・・・義務と責任を担うということです。

より大きな義務と責任を担うことが心を強く育ててくれます。

別に、子供だけでなく、地位や権力などなど・・・義務と責任の種類は様々です。

どんな義務と責任を担って行くのかは、人それぞれですが、その重さが重ければ重いほど、心も成長し、強く生きて行けるということだと思います。

ただ、産まれた以上、待ったなしの子供に対する義務と責任・・・未熟とは言っていられませんね。


・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事
| 2013.06 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。