スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁と農業と家族と・・・

2013.01.27 13:59|奥の家誕生
先日、縁(えにし)ということについて考えさせられた。

人と人を繋ぐ縁・・・繋ぐには、そこに縁がなければならない。

繋ぎ続けるには、縁を育まなければならない。

そういうことです。

で、ふと振り返ってみて、夫婦というのは、つくづく縁なんだな、と思った次第です。

全くの他人が一緒に暮らすんですからね。

それを繋ぐ縁がなければ、そうそう続くものではない。

我が夫婦の縁の始まりは、田舎暮らしであり、農業です。

ここで一緒に一から農業をして行こう!!

これが原点です。

出会いの最初は、土石流災害で養鶏場が流された時でした。

そんな事情で、農業を休業することになっていたのですが、農業を再開することだけは決めていて、その当時の嫁さんも農業をやりたかった・・・

偶然か必然か、とにもかくにも目指す方向性が同じだったんです。

で、一緒にやっていこう!!となったのですが、しばらくは農業を再開できませんでした。

別のお給料の仕事をしていたので・・・

お給料仕事があのまま続いていたら、縁は無くなり、別れることになっていたのではないかな、と思います。

期間限定だったので、まだ持ちましたが・・・嫁さんは、「約束が違う!!」とかなり言っていたようですから・・・

そんなこんなをしている間に、子供が生まれて、新しい縁ができたわけです。

我が夫婦の場合、農業と子供が夫婦を繋ぐ縁なのです。

性格的に相性が良いとはとても思えない凸凹夫婦ですが、今まで分離しないのは、このお陰です。

というわけで、農業以外の仕事をしていても、それはあくまでも副業であり、本業は農業なのです。

農業を辞めるということは、嫁さんとの縁の一つを断ち切ることです。

たぶん、私が都会に戻って給料仕事をしようと言ったら、離婚となるでしょうね。

夫が都会からの移住を決断して、奥さんが反対して、結局離婚した・・・これはよく聞く話しなのですが、確かに気持ちは分かります。

夫婦を始めた時の縁を断てば、そこに別の縁が無ければ、縁は切れるものです。

最近、よくキャニオニングで取り上げられたりするので、養鶏は辞められたのかなと思った・・と言われたりします。

辞めていませんから・・・汗

キャニオニングは、あくまでも農業を維持した上でしかやりません。

事業が大きくなったら、それだけキャニオニングの方で人手を雇うということで、専業になることはあり得ません。

また、将来的には部分的に頼むことはあっても、農作業を誰かにすべて頼む気もありません。

私が農作業をしているからこそ、仕事上の繋がりがあり、縁となり得るのですから・・・

経営の安定を目指すならば、人を雇うぐらいの規模まで広げた方がよいとは思っているのですが、家族の安定という意味では、マイナスになるのです。

家族経営の枠を超えて、他の人が入ると、明らかにバランスが崩れるのです、我が夫婦の場合は・・・

これは、身に染みて実感しているので、農作業は、私自身ができるだけやらなければならないのです。

そう、農作業をすることが、たとえそれがどんなに収益効率や作業効率の面から非効率であっても、これを辞めるということは、家族を離散させることと同義なのです。

そんな訳で、農業が本業なのです!!

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

慣れとは恐ろしいもので・・・

2013.01.25 23:16|日常
フェイスブックでは何度か取り上げていますが、我が家は寒いです!!

本当に寒いです。

何、雪国に比べれば・・と言われそうですが、雪国の人の家は、ばっちり暖房が効いているのが常でしょうから、家の中は半袖Tシャツでいられるぐらいでしょう。

我が家の場合は、家の中が寒いのです。

何故なら・・・

台所の窓は!!

窓が開いている

霜が降りて真っ白だろうがお構いなしで、これだけ開いております。

トイレと言えば・・・

窓が開いている

はい、ばっちり開いております。

簡易水洗トイレですが、全然臭いません。

では、風呂場と言えば・・・

窓が開いている

もちろん、開いております。

しかも、風通しをよくする為に、入り口のドアも全開です。

我が家の嫁さんは、4時起きなのですが、これで料理とかもしている訳です。

すごいっす!!

臭いがこもるからと言って、ファブリーズや芳香剤などは絶対に使いません。

空気を入れ替える。

いやいや、外気と同じ状態にする!!

これが嫁さんの臭い消し方法です。

除湿機なんて使いません。

風通しをよくして、家の中を風が舞うことで、湿気なんてこもりません。

乾燥しまくります。

これが自然の除湿機なのです。

どうです???

夏場は、こういう家はよく見かけるでしょう。

冬場に、これですからね。

ちなみに、決定権は旦那には無いのかって???・・

ある訳ありません(泣)

しかし、慣れとは恐ろしいものです。

慣れてしまえば、だんだんどうでも良くなって来ました。

心頭滅却すれば・・・です。

ちなみに、これが赤ちゃんの頃から当たり前に育った我が子ユウクンは、これが当たり前なのです。

私の車に乗ると、真冬の今でも窓全開にします。

空気を入れ替えなきゃ!!と言いつつ・・・

まあ、鶏の餌とかを運搬するので、かなり鶏くさいのは確かなのですが・・・

鬼のように、全開にしてくれます。

で、家に帰ると、この寒い家の中で、まず靴下を脱ぎます。

父親の私にも、靴下汚れているから、家に戻ったら脱がないと駄目だよ、と注意してくれます。

で、裸足で家の中を闊歩しています。

当然ですが、コタツなんてありません。

で、上着も脱ぎます。

Yシャツにトレーナーで寒くないのかな?

我が家では、インフルエンザが流行っているから暖かくしなさい!!という言葉は存在しません。

ちなみに、父親の私は、ヒートテックやらフリーズやらネックウォーマーとかを着こんで、まあ、家の中と外で服装が変わらないで済むようにしています。

そうそう、こんな我が息子なので、暖房の効いている所に行くと、逆に嫌がります。

本日も、某松野町役場の某産業振興課さんに一緒に行ったら、部屋に入った瞬間に、こう尋ねられました。

どうしてこの部屋はこんなに暑いの??

まあ、たぶんこれが普通なのだと思うのだよ・・・と言っておきました。

そして、私が要件を済ましている間、暑いから嫌だと言って、ずっと外で待っていました。

この子は、こうして育って行くのでしょう。

まあ、私がユウクンぐらい年の時は、まだまだ真冬に半袖半ズボンの子供が結構いましたからね。

甘いと言えば、甘いのかもしれません。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

根拠の無い自信を持てるのか・・・

2013.01.24 01:36|経済
またまた、ブログの更新が滞ってしまいました・・・汗

本当に、一日があっと言う間で・・・困ったものです。

というか、仕事ができる人間になりたいです。

今年の目標です!!!!!!!

しかし、頭の中では、色々と考えを巡らせています。

で、アイデアは色々と浮かんでいるのですが、それを実現させるだけの時間と能力が全然足りていません。

本当に、仕事のできる人間にならねば・・・です。

と、今年の目標を宣言した所で、24日までに、大学時代の恩師の退職記念冊子の原稿を送らなければならないのでしたが、無事に寄稿することができました。

千田先生、本当にお疲れ様でした、そして、有難うございました。

退職後のご活躍も、楽しみにしております。

来月には退職を祝う会が催されるそうなのですが、残念ながら、こちらは欠席せざるを得ないのです。

どう考えても、東京まで行く時間が無いので・・・

シーズンオフの筈なのだけれど・・汗

さあ、次には、HPと決算をしなければ!!

あと、来月の発表とプレゼンの準備もしなければ!!

ということで、まだしばらくは更新が滞りそうな今日この頃です。

本題ですが、こんな記事がありました。

ビジネスで大成功する人は“根拠のない自信”を持っている

確かに、根拠の無い自信というのは、ビジネスで成功した人にはよく見られます。

哲学的格言で言うと、「信は力なり」というのがありますが、信じるというのは、その方向が正しければ、これはすごい力を生み出したりします。

営業力のある人というのは、ほぼ信じ込めるタイプです。

それは、スピード感が違うからです。

信じきれずに疑念を持つ人は、何をするか?

所謂、石橋を叩く訳です。

石橋を叩いて、それが壊れないか、安全かを確かめようとする・・・

慎重し過ぎると、石橋を叩いて叩いて・・・結局、渡らないどころか、石橋を叩き壊してしまうような事態にすらなったりする。

根拠は無いけれど信じれる人は、初めて渡る橋でも、エイヤ!!と無造作に渡ってしまったりする。

石橋を叩く手間が省かれていますから、それだけスピードが速い。

このスピードというのは、ビジネスなんかだと、すごく重要になるんですね。

timing is everything!!

大きく飛躍できる機会があったとしても、その機会を掴めなければ、たとえ同じことをしても、失敗するということです。

将棋に例えたら、一手前では起死回生の妙手であっても、一手違ったら、最悪の悪手になったりするようなものです。

もちろん、石橋を叩いて渡る慎重さが無いので、その石橋に足を踏み入れた瞬間に、壊れて落ちてしまうかもしれない。

信じる力の強い人は、無用心に失敗もする人です。

失敗を恐れずに、エイヤ!!と進める人ということは、失敗するリスクを厭わないということです。

運があり・・・

経験を積み・・・

直感を鍛え・・・

これが、スピード感を落とさずに、リスクを減らす方策なのでしょうが、この方策を高めるには、それだけのリスクを潜り抜けないといけないのですから、やはり天分が必要なのでしょう。

ちなみに、私の場合は、「根拠の無い自信」というのが持てないタイプの典型です。

哲学というのは、根拠を追求しているということでもあるのですが、まあ、「信じる」ということの対極にあります。

そんな哲学にどっぷりと嵌っているのですから・・・ね。



・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

年度末まで、猛烈なダッシュしないと!!

2013.01.10 03:19|日常
新年が明けて、もう10日以上経ってしまいました。

本当に、あっという間です。

今年は、仕事に追われるのではなく、追うぐらいの余裕を持ちたいものです。

まあ、それはともかく、来月の中旬に、農業関係で発表をして欲しいと頼まれています。

時間は15分程度らしいのですが、さあ、何を発表しよう???

鶏についてのマニアックな話をしても、全然面白くないでしょうし・・・というか、私が話したくない。

別に秘密にしたい何かがある訳ではないのですが、こういう話は、全く性に合わないのです。

こだわり・・・正解があるようで無いものなのですしね。

ということで、やっぱり農業経営の方になるのかな?と思いつつ、かと言って、以前話したことを話しても自分が面白くないので、結局のところ、こんな感じのタイトルにしました。

「小規模農業のリスク管理」

農業というと、地道で安定していそうなイメージがありますが、現在は、非常にギャンブル性の高い分野であったりします。

リスクを採らなければリターンが無いのはどこも一緒ですが、小規模経営の農業の場合は、どういうリスクがあって、どういうリスクを採るのか?・・・これが難しい。

まあ、大規模でも難しいと言えば難しいですが、大規模になればなるほど、安定するというか、小回りが利かなくなり、経営の選択肢が少なくなって来る場合が多いですからね。

個人事業の農業の場合は、吹けば飛んでしまうような存在なので、その中でどう生き残るのか・・これは、一瞬一瞬が勝負であったりします。

と、そんなわけで、四国に移住して、農業を始めてから、常に考えているのは、どういうリスクを採って行くか?ということでした。

このテーマでも、掘り下げれば90分くらいは話せそうですが、今回は15分ということなので、ざっくりと発表したいと思います。

鬼北夢農業を語る会という催しらしいのですが、間違いなく爆笑は取れないだろうなあ~~~汗

その前に、大学時代の恩師の退職記念冊子に、何か投稿しないといけないのだった。

これは、哲学系なのですが・・・・

そうそう、今月末に何かのパネラーも頼まれていたような気がします。

これは、キャニオニング系なのかな?・・・

2月には、助成金関係のプレゼンもしないといけないし・・・

税務申告が3つあるし・・・

HPのリニューアル作業が3つあるし・・・

本当は四月までに鶏小屋を作りたかったのですが、完全にあきらめました。

絶対に無理です。

キャニオニングのフォレストキャニオンの株式会社化の手続きもしなければなりません。

本は買ったんですけれどね、まだ全然読んでいません。

今回は、さすがに司法書士さんにお願いしようと思ってはいるのですが、基礎知識は予め持っておきたいので、勉強しないといけません。

年度末まで、猛烈なダッシュしないと!!

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

「なんで」と「だから」

2013.01.10 03:19|子育て日記
最近、来年小学生の息子ユウクンと話していると、気になることがあります。

だから・・!!

と、よく言うのです。

息子>これはこうで、こうでしょ!!

私>これというのは何だ?「これ」では分からんぞ!!

息子>だから・・・怒

という感じです。

まあ、まだまだボキャブラリーが少ないので、説明しようとしてもできないのは分かります。

本当に、これはこれで、これがこうなっていて・・・という特定単語がないことがありますので・・・汗

一応、前後の流れから推測できなくも無いのですが、敢えて分からない振りをして・・

私>これって、何だ?

と突っ込みます。

すると、小馬鹿にした感じ(もう、そんなことも知らないの~~)で、「だから!!怒」となるのです。

さてさて・・・ちょっと迷うのです。

こういう言い回しは、大人がやっては駄目ですが、子供の場合は違います。

大人がやってはいけない受け返しの代表格は・・・

なんで??



だから

です。

相手から言われたことに対して、なんで?、なんで?と大の大人が問い返して来たら、私の場合、何も話す気力が無くなります。

これ、自分が言った見解に対して、表面上聞いた素振りは見せても、内心は何も理解しようとする気がないという現れだからです。

もし本気で理解しようとするのならば、「貴方が言ったことはこうだけれど、それはこうこうと理解していいのか?」という感じの受け答えが帰って来るはずです。

一度自分の中で消化しようすることなく、相手にもっと自分に分かるように説明しろ!!という意識が根底にあるから・・・ただ単に「なんで?」という受け答えが出て来るのです。

哲学をしていると、必ず以下のような言い方をされる場面に出くわします。

もっと分かり易い言葉で説明して!!

で、世の中には、「サルでも分かる・・・」というタイトルの本が出てきたりするのですが、これは、実を言うと本末転倒です。

自分が分かろうという努力や修練をしないで、努力や修練を積み重ねて来た人の境地を知ろうとしているからです。

どんな世界でもそうですが、たとえば、野球のイチローが努力と修練と経験を積み重ねてたどり着いた境地は、同じ道を辿った人にしか共有することはできません。

それをしないで、イチローのたどり着いた境地をわかり易く説明しろ!!と言うのは、その人が積み重ねて来た経験や努力を軽んじる行為です。

逆に、同じような経験を積み重ねて来た人が出会うと、殆ど言葉を交わさなくても、何らかのシンパシーを感じることができるものです。

「なんで、なんで・・・」と言って許されるのは、子供だけ、というか、子供に対しては、この「なんで?」を大切に受け止めて、育てて行かなけばならないでしょう。

3歳児と押し問答をしていますか?

というわけで、「何で?」ということに対してはあまり悩まないのですが、「だから・・」という方は・・・さてさて??

自分が相手に何かを伝えた時、その相手が「それは、こうこう・・ということなの?」と問い返した時、「だから・・・」と返答するのは、大の大人がしてはいけない。

これは、コミュニケーションを途絶えさせます。

自分が言ったことに対して、相手が理解しようとする意思を示しているのに、「だから・・」と対応してしまうのは、こういうことだからです。

自分の説明はちゃんとしていた、にもかかわらず、自分の考えて違うことを言う相手は、理解する能力が無い人間に違いない・・・こういう意識が「だから・・・」の裏にはあるということで、結局のところ、自分自身に対しては全く反省する気はないということでしょう。

相手の理解が自分の考えて違っていたら、自分の説明がどうして誤解されてしまったのか?何が間違っていたのか?・・・等々、相手よりもまず自分の説明の仕方をチェックする・・・

いわゆるPDCAサイクルが必要ということです。

自分が言ったことを言いっ放しでは成長が無い。

反省(検証)と、それを踏まえた上での改善した行動が無ければ、コミュニケーション能力は育ちません。

というわけで、「だから・・・」とユウクンが連呼すると、これは、放って置くわけには行かないのです。

当然ですが、「だから、と言うな!!」という禁止対応はしません。

「だから・・・」の先で、それを改善させるように誘導しなければならない。

今のところは、「だから・・・」と言われたら、ユウクンの言ったことに対して、どこら辺が説明不足なのかをこちらで指摘してあげる感じなのですが・・・所謂、回答例を出してあげるのですが・・・

なかなか、どうして・・・

教育は難しいです。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

今年もよろしくお願いします!!

2013.01.06 03:32|日常
遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

ブログ・・・全然更新できていないですね(泣)。

書き留めておこう!!と思うことは多々あるのですが、文章化するとこまでたどり着けませんでした。

年末年始は、毎年恒例で奥さんが実家に1週間ぐらい帰省します。

鶏を飼っているので、一日中休める日は無いので、どちらかが帰省したら、どちらかがお留守番をしなければならないパターンとなります。

元々、独身時代は独りでやっていましたので、一人でやれない仕事量では全然無い筈なのですが、鶏以外は殆ど何もできなくなります。

あ~~~独身の頃は、こんな感じだったなあ、と思い返すのが恒例です。

そして、嫁さんの有り難味を実感するのも、これまた恒例です。

我が家の場合、夫婦で一緒に仕事をするということは、殆ど、というか、全くありません。

農作業というと、夫婦一緒に力を合わせて・・・というイメージがありますし、実際に、そういう光景は、他所ではよく見るのですが、我が家の場合は違います。

完全に分業している感じで、お互いがお互いの作業分担を一人でしています。

元々独りで一切の仕事をして来たので、できない訳ではないのですし、作業効率を考えても、こちらの方が良いので、自然と今の形に落ち着きました。

性格的にも、お互いにこれが合っているようです。

で、そんなこんなで、年末年始は、普段はしていない仕事を奥さんの代わりにするのですが、これが加わると、殆ど寝正月ならぬ、仕事正月になります。

まあ、仕事続きなのは、いつものことと言えば、そうなのですが、奥さんがしっかり営業仕事をしてくれているので、私の方は、それだけ別の仕事ができるということが実感できるので、これはこれで、貴重なことなのです。

感謝、感謝!!

しかし、年末になると、本当に思います。

あ~~今年一年、何やっていたんだろう!!と・・

年始の目標が全然達成できていない・・・というか、やらなければならないことがますます山積しているし・・・

達成できない目標を立てているのか、それとも自分の能力不足なのか・・・

まあ、後者なんでしょうけれど、ご迷惑をおかけしています。

今年こそは、何とか挽回したいと誓って、今年もどうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事
| 2013.01 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。