スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塀を憎み、慣れ、依存する・・・

2012.01.31 00:22|社会情勢
ここのところ、どうもポカが多い・・・汗

日曜日は、住んでいる組で、新年会があったのですが、すっかり忘れていました。

毎月最終日曜日には、常会が夜にあって、それに行くつもりで6時半集会所に行っていたら・・・既に宴の後・・・・汗

お昼から新年会だったのです。

あ~~~でも、まだ飲んでいる人が三人!!

6時間半、飲みっぱなしですか!!

とりあえず私もそこから参加して、8時過ぎにお開きとなりました。

嫁さんに迎えに来てもらうのも面倒だったので、車は置いて、集会所から歩いて家路に着きました。

う~~ん、やはり歩いて帰れる距離というのは良いです。

東京に居た頃は、よく池袋で飲んで、終電が無くなって、歩いて2時間半ぐらいかけて帰ったものです、家まで・・・

ちなみに、日中は作業小屋作りに勤しんでいました。

トタン屋根もほぼ打ち付け終わって、小屋らしくなって来ました。

まあ、これからが結構大変なんですけどね。

壁作りとか、ドア作りとか、コンクリ床作りとか・・・・

ただ、ちょっと迷っています。

ただいま放置されたままの丸太を養生する意味でも、次の保管倉庫作りに先に取り掛かった方がいいのかな?と。

木材市場?

これがまだそのまま放置されたままなので、丸太をさっさと使って、少し減らすと同時に、養生をしておかないと、腐りが入ってしまったら元も子もありませんで・・・・

多分、屋根作りだけだったら、そんなに時間をかけずに出来るはず・・・

この丸太の量だと、恐らく保管倉庫を作って、さらに鶏小屋を作っても、まだ残るはず・・・

恐らく、最後に建てる予定の男の隠れ家の建材も、ほぼ賄えるのではないのかな、と踏んでいます。

というか、まだ搬出しきれていない丸太が奥に残っているんですよね。

どうするかな?

もっとも、大きな障害は、基礎作りなんですね、これが・・・

今は、凍るので、コンクリ施工は基本的にできないので、ブロック置くだけ基礎ならばできますが、コンクリ施工を伴った基礎工事は、無理してやりません。

保管倉庫は、ブロックを置くだけ基礎にするつもりなのですが、鶏小屋は、コンクリ施工をしますし、男の隠れ家に至っては、土地の形状の関係で、まだまだ石積み壁作りをしないといけないので、これは、一人でコツコツやる場合、手間と時間がかかります。

男の隠れ家・・・少し時間に余裕ができたら作ろうかな~~と悠長に考えていたのですが、諸般の事情があって、少し急がないといけなくなりそうです。

これが終れば、農場関係での箱物作りは、ほぼ終了です。

本格的に、野菜や果樹作りにも勤しむことができるはず・・・

本題に入るのを忘れるところでした。

少し前に、こんな記事を書きました。

柵というのは、良くも悪くも・・・です

この記事の中で、モーガン・フリーマンの台詞を引用しました。

牢獄にいれらると、最初は塀を憎む、そのうち、慣れる、そして最後に、依存するようになる・・・

これ、今の日本の学校状況の変遷がそのままのような気がします。

戦後の荒廃期から高度経済成長期を迎え、教育施設も充実してきて・・これ、一旦更地になった土地に塀をどんどん作って行ったということでしょう。

塀がかなり出来上がり、塀の無い時期を知らない子供たちが学校に入るようになって起ったこと・・・暴力的な反抗でしたね。

まさにツッパリの世界。

もう四半世紀も前になりますが、私が中学生の頃からそれ前は、暴走族やらが凄かった時代です。

尾崎豊の歌の世界がまさに象徴的でした。

盗んだバイクで走り出し・・・です。

テレビドラマで言えば、第一期の金八先生でしょうか。

腐ったミカンは・・・というやつです。

で、その後に起ったことは何か?

塀を乗り越え脱走したり、壊したりする行動は減り、というか、諦め、それを受け入れ・・・寧ろ学校内にストレスが篭るようになった。

いわゆるイジメというやつです。

見かけは真面目な優等生が、裏では陰湿なイジメをしている・・・これの問題が顕著になりました。

テレビドラマで言えば、野島伸司の「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」のようなものですかね。

塀の中の優等生が塀の中でイジメの首謀者になる・・・

塀に慣れ、それに従い、でも、その閉塞感のストレスがたまり・・・塀の中の弱き者を探し、攻撃する。

で、その後、所謂ゆとり世代というのが登場します。

塀があることに慣れるどころか、実を言うと、それに依存している。

塀の中の規律を守ることに関しては優秀で、非常にクールだけれど、情熱に欠ける。

塀をストレスと感じるよりも、むしろそれが無いと不安になる。

自由に何でいいからやってみなさい!!と言うと、何をやってよいか分からない。

指示されることが当たり前で、指示が無いと不安で、パニックに陥ってしまう。

言わないからやらなかった・・・ということが当たり前のように口に出る。

・・・・

塀という観点から見ると、日本の現代教育の変遷は、こうなるのかな?

さて、この先はどうなるのかな?

「ショーシャンクの空で」では、主人公のたアンディ・デュフレーンは、脱獄しましたね。

図書係だったブルックスは、50年の牢獄生活から釈放され、その孤独に、自殺を選びました。

レッドは、40年の牢獄生活から釈放され、その孤独から自殺を考え、アンディ・デュフレーンとの約束で、希望を掴みます。

ショーシャンクの空でについては、「ショーシャンクの空に あらすじ

日本という国は、どうなるのかな?

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

80歳が定年なんですね・・・

2012.01.28 01:09|日常
昨日は、ニワトリの飼料で使うものをもらいに某会社にお伺いしたら、担当の方が今月末で定年で退職されるということでした。

後の方に引継ぎはしておきましたので、今まで通りに来てくださいということだったのですが、お年を聞いてびっくり。

79歳らしいです。

80歳が定年なんですね。

全くそんな風には見えなかったので・・・・働くってすごいな、と思いました。

ちなみに、そちらの会社には、60歳で定年になった後に就職されたそうで、勤続20年になるということですね。

70歳になったら、一から何かをやってみたいのですが、励みになりました。

私も、後30年もしない間に70歳ですから、あっという間のことです、多分。

ありがとうございます。

70歳から始める都会での起業というのも面白いかもしれませんが、移住などはせず、今のところで何か新しいことをするというのも面白いような気がしています。

後30年もしたら、このままで行ったら、ここら辺も限界集落も甚だしい状態になっていることでしょう。

移住して13年近く経ちますが、未だに下っ端ですし・・・・恐らく世代交代は殆どしないでしょうから、このまま上にスライドして行くだけでしょう。

そんな中、何か新しいことが出来る可能性が出て来るかもしれません。

その何か?はまだ分かりませんが、働き続けることで、何かが見えて来そうな気がします。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

リスクゼロ症候群という愚・・・

2012.01.27 01:38|社会情勢
前回の続きですが、ちょっとタイムリーな記事がありました。

リスクゼロ症候群が日本をさらに停滞させる - wasting time?

リスク無しのリターンは無いというもので、リスクゼロを目指すということは、結局のところ、何もやらないということになります。

いやいや、生きるということそのものがリスクを抱えることなので、究極的には、死ぬしかなくなってしまう。

もちろん、リスクを減らして、リターンを増やす努力はしないといけないわけですが、これがリスクの軽減だけを目指すと、コスト高となってしまう。

建物なんか、まさにそうですね。

どんな地震にも耐えられる構造にするのは、やろうと思ったら際限が無いわけです。

脆弱地盤だったら、岩盤まで杭を入れて、いやいや岩盤まで掘って、それに杭を打ち込み、それも無数に・・・なんてしたり・・・

これまた極端ですが、自分で建物を建ててみたら分かりますが、補強する為の作業というのは、とても手間がかかるものなのです。

それでもリスクゼロにはならない。

ひょっとしたら隕石が落ちるかもしれませんし・・・・

岩盤を突き破って、マグマが噴出すかもしれない。

隕石が落ちても大丈夫なような屋根を作らないといけない。

想定できるのだから・・・・

岩盤が壊れても大丈夫な補強をしないといけない。

想定できるのだから・・・・

そんな建物を建てていたら、理論上は可能でも、その手間(コスト)が膨大すぎて、逆に何も建てられません。

コストが高くなれば価格が高くなり、売れない・・・

ですので、コストを下げざるを得ないわけで、どれくらい丈夫に作るか?ではなく、どれぐらい強度を犠牲にしても大丈夫か?ということを考えるようになります。

アウトドア体験なんかもそうですね。

何か子供体験を請け負ったりすると、たまにこういうことを責任者に言われます。

そんなことをやって危険はありませんか?と・・・

で、その責任者は、こういう言葉を期待しているわけです。

安全です!!

しかし、現実には、危険は、有ります。

それを軽減する為の努力はしますが、危険が全く無い状態にすることは出来ないし、もし限りなく危険ゼロにしたいのならば、それに応じて費用もそれだけ派生するということです。

面倒を見る人を何にも配置しないといけないとか、その人を何ヶ月も訓練しないといけないとか・・・

それでも、リスクゼロにはならないわけです。

リスクを取るからこそ、感動であったり、爽快感であったり・・・何らかのリターンが得られるのであって、リスク無しでは到達できるものではありません。

リスクをゼロに無くすのではなく、リスクはリスクとしてあるものとして、それを管理すること・・・いわゆるリスクマネジメントですが、これが重要ということです。

これは、どれぐらいのリスクがあって、それに見合ったリターンがあるのかどうか?・・・そのリスクを冒してチャレンジするだけの価値があるのかどうか?

こんなことを判断できることが重要ということです。


・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

柵というのは、良くも悪くも・・・です

2012.01.25 00:38|社会情勢
本日は、雪でしたね。

吹雪いていたうえ、寒かったので、こういう時は、早目に仕事を切り上げて、デスクワーク、デスクワーク!!と思っていたら、我が息子ユウクンも保育園を早目に切り上げて、ご在宅でした。

仕事できねぇ~~~

まあ、お相手するのは言いのですがね。

お仕事も進めたい。

まあ、諦めが肝心ということです。

9時に就寝してからが勝負です。

本題に入りますが、こんな記事が気になりました。

中学柔道授業で足技、乱取り禁止…名古屋市教委


「名古屋市 授業 柔道」の記事をお探しですか?最新関連記事が 3 件 あります。
 名古屋市立高校の柔道部で昨年6月、1年生の男子部員が練習中に頭を打ち、翌月に死亡した事故を受けて、市教育委員会は、新年度から中学1、2年男女の体育で必修化される柔道の授業で、「大外刈り」など後方に倒れて頭を打つ可能性がある足技を行わない方針を固めた。
 市教委によると、18日に臨時開催した安全指導講習会の後で、担当者が対応を検討。市立高の柔道部員が大外刈りによる急性硬膜下血腫で死亡したことを重く受け止め、中学生の段階では柔道の習熟度が低い点も考慮し、大外刈りや大内刈りなどの足技のほか、互いに技をかけ合う「乱取り」も行わないことを決めた。
 安全対策の強化を図ったもので、文部科学省にも了承を得ているといい、今後、市の教育課程に明記した上で、各中学校に周知させる。

(2012年1月21日09時59分 読売新聞)


日本人らしい対応です。

米国に行ったことはありませんが、グランドキャニオンには柵が無いそうです。

いや、一部にはあるのかな?

まあ、日本でしたら、立看板と柵のオンパレード、さらに監視員ですね。

で、こういう記事が参考になります。

小沢一郎「日本改造計画」<グランド・キャニオン>に<柵>はない(小沢一郎研究・5)

まあ、それはともかく、柵というのは、良くも悪くも・・・です。

柵というのは、安全を保証するものであると同時に、自由を阻害するものです。

牢獄には、脱走を阻止する為の柵がつきものです。

柵という制約の中で行動することが限定されているわけです。

罪を犯した代償として・・・

しかし、裏を返せば、彼らを世の荒波から守っているということになるかもしれません。

罪を犯したのならば被害者があり、復讐されるかもしれません。

そういうリスクを阻止してくれるのですから・・・

以前、「ショーシャンクの空で」という映画を見ました。

その中で、モーガン・フリーマンの台詞が印象的です。

牢獄にいれらると、最初は塀を憎む、そのうち、慣れる、そして最後に、依存するようになる・・・

長年牢獄の図書係をしていた老人に仮釈放が決まって、それに恐れて囚人仲間を傷つけようとした事件に対して、こんな感じのことを言っています。

塀、柵・・・無くてよいものではありませんが、これを強固にし過ぎると、牢獄のようになり、自由への意志が損なわれます。

モーガン・フリーマンは、この件の最後に、終身刑とは心を殺す刑というようなことを言っていたような(あやふやですみません)。

私が中学校に通っていた時代は、もう4半世紀以上前になってしまいましたが、確かに息苦しかった。

その当時も、ヘンテコ校則がよく話題になっていました。

スカートの丈は膝上5センチ・・なんて、当たり前!!

男女間は、無闇に話してならない!!なんてのも、何処かの学校にあったような・・・

まあ、枚挙に暇が無いですね。

で、これは自由を抑圧されていくので、ストレスがたまり、いつか爆発・・・

まさに、尾崎豊の世界です。

塀を作ったら、それを乗り越えるやつが出て、さらに塀を高くして、それもまた乗り越えるやつが出て、もっと塀を高くして・・・この繰り返しがヘンテコ校則帳を作るのでしょう。

で、話は少し戻りますが、米国とかは、こういうことをしようすると、反対運動が起るのです。

例えば、代表的なのが銃ですね。

これだけ銃乱射事件が起きても、それでも銃の禁止とはならない。

銃を保持する権利、というか、自分を守る権利を!!ということです。

自由の裏側には、責任があります。

権利の裏側にも、責任があります。

責任を持って行動するのが大人ということでしょう。

責任を持たなければならないから、その代わりに自由を得ているわけです。

日本では、タバコ、酒、ギャンブル・・・なんか、そうですね。

で、責任感というは、年を取れば、自然と備わるようなものではありません。

育まれるものです。

小さな自由から少しずつ自由を大きくすることで、責任感も少しずつ備わるというものでしょう。

さて、ここで最初の話題に戻ります。

中学での柔道授業で、足技や乱取りの禁止は、大き過ぎる責任ということなのでしょうか?

まあ、人それぞれ・・・

しかし、これで、起業家は生まれないよなあ~~

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

もうすぐ南予いやし博です・・・

2012.01.24 00:38|地域活性化
本日は、またまた宇和島市内の某所で、ワークショップに参加しました。

とはいえ、ユウクンのお迎えなどもあり、途中で退席せざるを得ませんでした。

中途半端となって、甚だ残念でしたが、こればかりは仕方がありません。

もうすぐ南予地方を対象に、いやし博というのが始まります。

いやし博HP

今年は、こちら関係の取り組みで、かなり大変そうです。

キャニオニングもそうですが、他にも木登りもしないといけないですし・・・

まあ、私の場合、あくまでも松野町圏内、というか、滑床渓谷での活動ですので、ご近所です。

ご近所と言っても、車で15分くらいはかかるかな?

今年は、ここを何往復することになるのだろう?

本日のワークショップの冒頭は、自己紹介を兼ねて、今年幸せに感じたことは何ですか?というテーマに答えることでした。

思わず、怪我無く過ごせたこと!!と答えてしまいました。

まだ、いやいや、もう3週間が過ぎ去ってしまった今年ですが、厄年真っ只中なので、とりわけ怪我や事故には注意しないとね。

怪我や病気無く今年がなんとか過ごせたら、多分、色々とやることができたと思える一年となりそうな気がします。

車の事故も、注意ですね。

どんな観光シーズンになるのだろう?

不安と期待が入り混じっています。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

趣味・・・農場作り、です!!

2012.01.22 01:37|農場日誌
本日もまた、雨でした。

雨は無いと困りますが、やはり作業を進めてくれるのは、晴れです。

明日は、晴れのようなので、作業小屋作りも再開です。

そうそう、昨日は、いつもお世話になっているSさんが、養殖ハマチの生簀に使っていたネットを持って来てくれました。

海のものは丈夫なので、鹿避けネットに使えます、有難うございます。

で、ついでに農場の様子を見てくれたのですが、またまたすばらしいアイデアを頂きました。

う~~ん、風流なティールーム、いやいや居酒屋が出来そうです、実現したら・・・

京都の貴船の川床に負けないですね!!

しかし、農場作りは、工夫次第で、色々と面白いことができます。

趣味・・・農場作り、です!!

まあ、趣味ではありますが、実益も兼ねています。

というか、実益が優先します。

資金的に余裕があったら、趣味が優先するんですけど、全然そうではないので、まずはともかく実益優先です。

と言いながら、既に10年以上が経ちました。

未だに、趣味のスペースを作るまでに至っていません。

アイデアは色々とあるのですが、実現までのハードルは高いです。

いつになることやら・・・・

とはいえ、実益とはいえ、趣味のような農場作りなので、基本的に作業は楽しいです。

もうすぐ、作業小屋も屋根のトタン張りに入ります。

ということで、トタンも購入して来ました。

これまでは、畜産波板というやつを使用していたのですが、今回からは、ガルバリウム製の波板にします。

まあ、以前にも使用したことはあるのですが、これは、非常に耐久性に優れていて、コストパフォーマンスが良くて耐久性がある・・・なかなかの優れものです。

もう少し安価なカラートタンも使用していたのですが、こいつは、10年もしないで錆が入りますが、ガルバリウムトタンは、数十年は持つでしょう。

屋根というのは、耐久性が非常に問われます。

屋根の張替え・・・大変ですからね。

ここで、ケチって安物を買うと、後ですごい後悔をすることになります。

畜産波板も、20年は大丈夫ということですが、前回の鶏小屋作りの際、下に引く材が丸太ということもあり、ちょっと大変だったので、懲りました。

これからは、すべてガルバリウムトタンで、屋根を施工することになると思います。

男の隠れ家を作り際、コロニアルという屋根材を使用することも考えたのですが、これだけトタンで建物を建てて、一つだけ違うのは、逆に違和感があるなあ~~ということで、却下。

まあ、トタンというのは、雨が当たると音が大きいので、住宅の場合は、断熱材などを入れて、防音処置をしないと、後で大変なことになります。

しかし、やり方によっては、味のある建物にすることも可能です。

今から少しづつ作戦を練っています。

農場作り・・・これは、何も建物を建てることだけではなく、畑の土を作ったり、果樹を育てたり・・・これらもすべてです。

先は長いです。

多分、今後30年の営農期間の間、完成は無いでしょうね。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

テレビ無しの生活です。

2012.01.20 00:52|日常
いよいよ、ネットビジネス講習会も大詰めとなって来ました。

ということ・・ではないようですが、地元ケーブルテレビ局さんが取材に来てくれました。

明日から放送みたいです。

北宇和、宇和島地区ではご覧いただけるようです。

最近、PCのテレビチューナーが使えなくなり、テレビを殆ど見ていない生活となっています。

居間にあるテレビは、殆ど見ることありません。

殆ど嫁さんとユウクンに占拠されていますので・・・・

しかも、寝るのが9時頃、しかも、その前から布団を敷いてくつろいでいますので、居間に私の居場所はありませんのです。

だいたい8時ごろまで、外で仕事をしていたりしますし・・・

ということで、PCのテレビチューナーが使えなくなった時点で、私のテレビ生活は終了となってしまいました。

無くても困らないと言えば、困らないのですが、テレビ・・・どうしようかな?

たまには、ニュースぐらいはみたいと思わないでもない。

液晶テレビの価格、転げ落ちるようですね。

32Vで、2万7千円を切るぐらい・・・

おいおい!!

2万7千円かあ~~

う~~~ん、どうしようかなぁ~~

NHKの受信料やらケーブルテレビの受信料も払っているのに・・・

突然、我が家に液晶テレビが届いたら、さすがに嫁さんもオカンムリだろうなあ~~

嫁さんの脳内インプットでは、10万円以上の買い物をしたと思われるだろうし・・・

それに、テレビを買うならば、もっと他に必要なものがありますのでね。

例えば、チョッパー!!

チョキではありません、チョッパーとは、粉砕機のことですね。

鶏が食べられるように、塊になっているものなどを粉砕してくれる機械です。

これは、作業効率が高まるので、資金に余裕ができたら欲しい機械です。

ということで、いつになることか分かりませんが、テレビ無しの生活です。

まあ、ネット動画は見れますからね。

ということで、多分ここ最近、何度も出ているであろう地元ケーブルテレビですが、自分は全然見ていません。

それはそうと、NPO法人森の国ネットも、ただいま認可の申請中です。

2月には認証され、登記を済ませられる予定です。

HPも作成して、取り組みをしないといけないです。

というか、キャニオニングのHPですね。

細部まで作りこまないといけません。

作業小屋作りばかりしている場合ではありません。

テレビ見る暇があったら、仕事しろ!!ということですね、多分(汗)。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

さて、知恵を絞らなければ・・・

2012.01.19 02:24|農場日誌
本日は、少し驚くことがありました。

経営って、というか、人材育成って、本当に難しい。

昨年のテーマは、私の場合も、人材育成でありました。

本日のサプライズとは違いますが、これ、なかなか上手く行きません。

反省点、多々・・

そして、今年も、やっぱり人材育成もしないといけません。

今年は、さらに難易度が上がるような気がする・・・

毎年、毎年・・・・色々ですね。

我が家の経営改善もしないといけません。

なぁ、なぁになってしまっている部分が多過ぎる。

仕事はしているけれど、それだけで満足していると手痛い思いをします。

経営改善の方法は、大きく分けて二つです。

売上げを伸ばすか、経費を削減するか・・・・

売上げを伸ばす方法は、生産量を増やすか、商品単価を上げるか?

生産量を増やすにしても、単品の商品料を増やすか、ラインナップを増やすか?

経費を削減する方法は、商品の品質を落とすに、如何に無駄を省くか?

作業効率を高める為には?

営業効率を上げる為には?

という感じです。

ただいま、作業小屋を製作したりして、作業効率の向上に取り組んでいます。

その他にも、作業効率を高める余地はまだまだ高いです。

ちなみに、私の場合、機械を導入する基準は、作業が楽になるかどうかではなく、時間が節約できるかどうかです。

体力を使う分には、疲れはしますが、普段の仕事で運動が出来て、身体が鍛えられるので、これはプラスなので、機械は無くていいです。

餌の攪拌なんかは、我が家の程度の規模でしたら、スコップ攪拌の方が早いくらいです。

車が必需品の田舎での生活は、移動がすべて車になってしまって、かえって運動不足になりがちなんですね。

デスクワークの仕事をしていた時は、今より全然ほっそりしていて、犬の散歩とかで歩かないと、体力が落ちてしまうぐらいでした。

ですので、時間が節約できない機械化は、基本的にしません。

時間が節約できる機械は、値段との相談ですが、要検討です。

昨年は、ユンボ&ダンプを貸してもらえて、これは百人力でした。

今、鶏小屋やら作業小屋が建てられるのも、まさにこの力で、作業効率が格段に向上したからです。

これらの機械は、使わない時の方がはるかに長いので、購入するのは憚れるのですがね。

初期の購入費用の他に、保管倉庫やらメンテなどなど・・・ありますのでね。

車などは、もちろん購入です。

毎日毎日使いますので・・・

毎日は使いませんが、軽トラもまた購入した方がいいです、我が家の場合は。

軽の貨物の維持費は、安いですし・・・

そう言えば、TPP関連で、米国の自動車大手3社が日本の軽規格の廃止を要望して来ましたね。

まあ、確かに、維持費に差があり過ぎるかもしれません。

それはともかく、作業効率は、日々考えています。

ただし、私の分の仕事だけですが・・・

畑事業・・・・これは、赤字ですね、間違いなく。

さらに、実を言うと、営業効率も高めないといけません。

これは、生産効率よりも遥かに難しい。

営業担当は、嫁さんなのですが、そうも言っていられません。

経営の根幹に係る問題なので・・・・

ただいま、鶏時計で春が来て、産卵率がかなり上昇して、少し卵が余り気味です・・・

昨年は、ずっと卵が足りない状態だったので、あの時にあれば・・・という感じです。

まさに、機会ロス・・・生産担当として、これは恥ずかしい限りです。

それはともかく、こういう時こそ、新規営業のチャンスなのですが、嫁さんにその気は無し。

私が頑張らないといけないのですが、さて、知恵を絞らなければ・・・

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

学業も大切ですが、働くのも大切・・・

2012.01.17 02:41|子育て日記
久々の雨でした。

まあ、雨と言っても、あまり変わらないのですが・・・・

本題に入りますが、先日ですが、子供の教育について心配ありませんか?・・・と質問されました。

アバウトだな~~

教育って、学校のこと、お金のこと、人のこと???

ちなみに、教育のことは、殆ど心配していません。

いや、大学なんか出るとなったら、これは大事です。

お金が・・・・・汗

自分は、親にすごくお金を使わせたのでね。

何とも頭が痛い。

もう5歳で、再来年には、小学生です。

この分ですと、中学生もあっという間で、高校生なんか高速でしょう!!

まあ、小学生になったら、仕事を手伝ってもらって、自分で稼いでもらいましょう!!

今でさえ、お礼、お礼・・・と騒いでいますからね。

鶏の世話、畑や果樹、パソコン関係、さらに成功していたらキャニオニングガイドまで・・・

大工仕事から土木作業まで、好きなの選んでください(笑)。

おっと、ご希望があれば、可能な限り、業務を変更しても構いませんぞ!!

1日3時間の時給700円×300日で、年間63万円

63万円×10年ぐらいで、630万円

あは、問題解決ですね。

ということで、よろしく、ユウクン(笑)。

しかし、もしこの計画が成功して、高校卒業時点で預金が630万円くらいあったとして、その時にユウクンが何に使うかな?

即物的な遊興物の購入に走ったら、それまでですね。

育て方を間違えたということでしょう。

自分自身への投資に使ったら、これは成功かな?

さて、どうなることでしょう?

戦後、子供の労働からの解放ということで、学業優先で、働く経験を排斥して来たわけです。

これはこれで、良かったのでしょうが、現在は、極端にやり過ぎたでしょう。

子供は働いてはいけない、勉強しなさい!!ですからね。

こういうのは、白黒をはっきりつけていいものではない。

学業も大切ですが、働くのも大切ということです。

子供時代に働くばかりで勉強する機会が制約されていた世代の人からは、子供の時勉強することがうらやましくて仕方がなかったとよく聞きます。

激烈な受験戦争を経験して来たアラフォー世代の私の場合は、子供時代にはそうとはとても思えなかった。

で、実際のところ、起業人とかは、どちらの世代から出ているのか?

松下幸之助さんを筆頭に、前者なのです。

働くことの中から、知識への渇望が生まれ、それが大きな原動力になって来たのでしょう。

学校に行かなくなって赤飯を炊きたいとは思いませんが、子供の教育で、学校におんぶに抱っこになる気もありません。

もし受験勉強することになっても、勉強そのものは、私で対応できるんじゃないかな?

これはこれで、ちょっと実験してみたい事柄です。

折角、多大な資金をかけて受験勉強させてもらったので、ここら辺で投資の回収をはからないとね(笑)。

ちなみに、ユウクンが高校生になる頃、それまでには時間を作って、何か資格取得の勉強でも、一緒にしてみるかな?

我が家は、家の構造上、個室というものが無いので、勉強するとしたら一緒にするのが一番です。

一緒に大学受験でも・・・これは、これで面白いかな?

いや、私がつまらない、これは・・・・もう大学に戻りたいとは思いませんのでね。

勉強は、やはり面白くなければいけません。

というか、以前にも書きましたが、70歳を向かえた暁には、何か全く別のことをして事業をしたいので、それに役立つ資格がいいですね。

これは、やる気になるな!!

う~~ん、何がいいかな?

お薦めのものはないですか?

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

国家の礎は、教育にあり・・・

2012.01.16 02:09|政治
今日は、日曜日で保育園がお休みの日です。

で、家の方で仕事をしていると、もはや雑食系ではなくなって来たユウクンがやって来ます。

鶏の餌を作っていると、餌をかき混ぜる箱の中に陣取って、スコップでかき回してくれます・・・

・・・・

・・・

・・



邪魔!!


と、心の中で叫びながら、子供を右へ左へ誘導しながら、スコップで餌を拡販していきます。

鶏的にはもう春を感じているようで、最近卵の数が増えてきました。

というか、増え過ぎて来ましたので、これまで先送りになっていたニワトリさんの解体もしたりするのですが、これまた、横で騒いでいます。

鶏さんを絞めている横で、何故かはしゃいでいる・・・・汗

ちなみに、奥さんは、この間だけでもユウクンの相手をしなくて済むので、何をさせていても、ノータッチで、自分のお仕事にまい進しております。

まあ、雑食系ではなくなって来ましたが、野生系にはなって来たかな?

そうそう、ここのところ、ポケモンに嵌っています。

テレビでポケモンを見たくて仕方が無いらしく、あれやこれやと誘導して来ます。

スコップで餌をかき回してくれるのはいいのですが、その後に・・・

お礼は?

・・・・・・

・・・・

・・



お礼???


ユウクン曰く、手伝ってもらったら御礼をするものだから、御礼は???ということらしい。

そういう催促は、はしたないぞ!!

と思いつつも、じゃ、ミカン1個とか言うと、え~~やだ!!ポケモン1回見よう!!となる。

こいつ、だんだん知恵がついて来たなあ~~~

悪知恵だけれど・・・

で、ここで再度交渉・・・

ポケモンは嫌だなあ~~公園で遊ぼうか?

等々

父子の交渉が続くのでありました。

ちなみに、ポケモンは、結構いいかな~~なんて、思っています。

ポケモンのテレビを見ると、新しいポケモンが出て来ると、自分で本を持って来て、ページをめくって、それを探して、ちゃんと読んで覚えて行くんですから・・・

これ、分からないことは、辞書で調べなさい!!ということを実践しているわけです。

ポケモン、恐るべし!!

まあ、保育園児ですから、内容は、ポケモンだろうが、算数だろうが、そんなことはあまり関係ない。

自分が知りたいことを自分で調べる・・・これが出来れば、後はその興味が移っていけばいいだけのことです。

小学校に入ったら、嫌でもこういうことが制約されますからね。

ちょっと気になる記事がありました。

日本型『詰め込み教育』の正体

その通りですね。

日本で最も改革すべき問題は、消費税でも、TPPでも、経済でも、政治浄化でも、年金でも・・・そんなことではないでしょう。

これらの問題がどうでもいいということではありませんが、これらの問題の根っこにあるのが教育です。

国家の礎は、教育にあり・・・これは、よく言われることです。

日本の教育制度に苦しめられて来たので、もし政治家になったとしたら、教育改革をしたいです。

で、施策としては、たった一つです。

大学受験資格に、2年間の就労経験を付す!!

これだけです。

すごい猛反発が出て来るだろうなあ~~~特に、アカデミック世界から・・・

お隣の韓国では、2年間の兵役がありますが、2年間の就労経験そのものは、時間的な無理はない筈です。

現在の大学入学者の4割程度だったかなあ~~、かなりの数がAO入試で入っているそうです。

一芸・・・ですか?

こういうのは、就労経験を積んだ先で得られるものでしょう?

そうそう、こんなことも言われていましたね。

日本人の思考能力がここまで低下したのは、「経験を積む場」が日本から減ったからだと思う。
岡野 雅行・岡野工業代表社員


そう、経験を積む機会が無いまま大学を入っても、思考力はそうそう育ちません。

社会人になって身に染みるのは、あの時に勉強しておけばよかった!!です。

裏を返せば、社会人になった後、勉強する機会があれば、意欲の伴った学業ができるわけです。

まあ、ここら辺の施策の効果は、うんちくが長くなるので、今回は割愛します。

もし政治家になるとしたら、これをやってみたいですね。

政治家・・・目指しませんけど・・・

まあ、これ以上にやってみたいことがありますので・・・・

ただ、自分の子供には、こういう経験はさせてあげたいです。

ですので、経験させることに対しては、出来るだけやらせることにしています。

ここら辺の子供は、見ていると、楽しいです。

経験させると、まるで乾いたスポンジが水を吸収するかのごとく、どんどん変化して行く。

明日も、ポケモン見る約束をさせられてしまいました~~~

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

果樹への道は、遠く険しいです。

2012.01.15 01:03|農場日誌
丸太が友達となりつつある、日々徒然です。

実を言うと、育苗用のビニールハウスなんかも、将来的には欲しいと思っています。

野菜、果樹への道は、遠く険しい。

先日、ブルーベリーの剪定講習に参加しましたが、剪定・・・難しいですね。

先生は、パッパパッパと切って行き、あっという間に丸坊主のようにブルーベリーを仕立てて行くのを見て、こりゃ、相当に経験を積まないと難しいんだな、と改めて実感しました。

野菜もそうですが、果樹をやりたいのも、就農の頃から変わりません。

変わりませんが、既にそれから13年・・・

未だに志半ばです。

野菜も、まだまだですし・・・・

まだまだ養鶏の方が安定期に入っていないので、どうしても意識がそちらに行って、畑の方は、見て見ぬ振り状態です。

とりあえず、折角の丸太を腐らせる前に、何としても箱物を作ってしまわなければ・・・・

こちらが完成すれば、少しは余裕が出来るはず・・・

そう言えば、農場に鉄製で薪で沸かせる浴槽を放置していたのですが、いつも間にやら無くなっていました。

今日、気づきました。

どうも、誰かに無断で持って行かれたようです。

山奥ということで油断していると、こういうことが起ります。

我が農場・・・人目が無いからなあ~~~

こっそり持っていかれても、怪しむ人はいません。

この浴槽を使って、薪で沸かした露天風呂を男の隠れ家に作ろうと思っていたのですが、これは、儚い夢となってしまいました。

勝手に持っていた人!!

どうかお返しください。

合掌。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

作業小屋作り・・・真っ最中です。

2012.01.13 20:50|農場日誌
年が明けて、奥さんが帰省して、それからボチボチと作業小屋を作っています。

これは、前回の記事でも書きましたが、作業効率を高める上で、無くてはならない箱物です。

で、ただいまどんな感じかというと・・・

作業小屋作り

こんな感じであります。

今回は、前回の鶏小屋の大きさの半分なので、楽ちんです。

まあ、作業小屋なので、床をコンクリにしたり、壁を作ったり・・・という作業もあり、先はまだ長いです。

しかし、無駄に太い丸太です。

乾燥しているので、一人でも持つことができますがね。

これらの丸太を使うことになった経緯を知らない人からすれば、これまたなんと贅沢な~~となるのかな?

角材での作業が懐かしい。

でも、チェーンソーで丸太を切り刻むのも、楽しんでいます。

この作業小屋が出来ると、日常作業がここに集約できますし、それに、休憩できるスペースも確保することが出来ます。

来客があっても、立ち話・・なんて状況から脱することが出来ます。

しかし、このエリアで使用する丸太材は、だいたい使い終わったので、さすがにすっきりしてきました。

作業小屋作り

最初は、これだけありましたからね。

鶏小屋作り

いや~~こう見ると、よく使いました。

まあ、まだ半分も使っていませんがね。

こちらのエリアの丸太は、このままですから・・・

木材市場?

まだまだ・・ですね。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

ちょっとケチって・・・後の祭りです。

2012.01.12 09:29|PC関連
最近、更新頻度が何気に落ちている気がしていたら、やっぱり落ちていました。

これは、多分やる気の問題です。

新年早々、ポカばかり・・・・困ったものです。

正月ボケというやつでしょうか?

卵の配達を忘れるなんてこともあり、言語道断です。

それはそうと、年も明けたので、決算をしないといけません。

決算は、事業見直しの良い機会です。

我が家も、今年はどうするか・・・・

今年は、節目の勝負の年になりそうです。

まあ、毎年言っているような気がしないでもありませんが・・・毎年が勝負ということです、多分。

主事業である養鶏については、鶏小屋やら倉庫などの建設を終え、いよいよ安定期に入らなければなりません。

ただいま、地味に作業小屋作りに勤しんでいます。

今月中には、それなりの形にしたいです。

この作業小屋が完成して稼動すると、作業効率がかなり上がると思っています。

今は、少し作業に無駄が多いです。

鶏の作業を集約することで、まだまだ時間は作れる筈・・・

嫁さんと私との作業連携もかなり改善の余地があるので、どうにかしないといけません。

そもそも、私が独身の時に一人でやっていた事業規模を夫婦二人でやっているのですから、これで良い訳ありません。

そして、来月には、倉庫の建築に入って・・・

橋も作っておかないと・・・・

そうそう、クラッシュしたPCですが、サードPCは、SSDに換装し直しても、OSを読み込んでくれません。

インストールする途中で、固まってしまって・・・・何度か繰り返している間に、とうとうバイオスの画面にすら行かなくなった・・・

ということは、これ、マザーボードのクラッシュ、もしくはマザーボードのドライバーのクラッシュですね。

どうするかな~~~

仕方が無いので、セカンドPCの方に、SSDを換装し直して、再びOSのインストール・・・こちらは、成功しました。

とりあえず正常になったのですが、これからまたドライバー類をすべて入れ直さないといけないので、これが面倒です。

しかし、セカンドPCに設置するならば、SSDのサイズを32Gではなく、64Gにしておけばよかったです。

32Gでは、メインPCが破損した時の代替にならない。

最低でも、64Gぐらいないと、容量が足りなくって、フォトショップやらイラストレーターやらを使えません。

ふっ、2千円ぐらいをケチって・・・何という無駄なことをしてしまったのでしょう。

どうしようかなぁ~~

1台だけでの運用には不安がありますが、ノートPCもあることですし、とりあえずはこれで行くことにします。

来年ぐらいには、デスクトップPCの更新ができる予算が確保できるといいな。

そうそう、悩んでいた卵のパッケージですが、とりあえず印刷が上がりました。

プチリニューアルをしたかったのですが、嫁さんが現状維持を主張して、とうとう時間切れになってしまったので、結局のところ、以前のパッケージを殆ど弄らずに印刷に回しました。

印刷が出来上がったものを見るのは、いつも緊張します。

イメージ通りの印刷になっているかどうか、データミスは無かったか?・・・・

今回は、大丈夫だったようです。

一安心です。

これで、向こう3年間くらいは、このパッケージとお付き合いすることになりました。

リニューアルの機会は、3年後ということですね。

これでいいのかな?

ちなみに、パッケージの印刷コストは、今回は1枚で1円ぐらいで納まりました。

両面カラー印刷なのですが、今は、本当に印刷コストが安くなりました。

デフレを実感します。

というか、これでは、中小の印刷会社さんが太刀打ちできないでしょう。

多分、少なくとも5倍以上の価格は設定している筈ですから・・・

液晶テレビの価格下落も止まりませんね。

32型液晶テレビ(LED)が27000円台ですから、ビックリです。

ここら辺は、本当に価格破壊ですね。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

ドイツ国債がマイナス金利ですか・・・

2012.01.11 10:11|経済
この間、札割れが起った筈のドイツ国債で、今度はマイナス金利です。

独国債、初のマイナス金利…確実と投資集中
読売新聞 1月10日(火)13時11分配信
 【ロンドン=中沢謙介】ドイツ政府が9日実施した6か月物国債の入札で、落札利回りがマイナス0・0122%になった。投資家が事実上、政府に金利を払って国債を購入することになり、「安全資産」とされるドイツ国債に投資が集中していることを反映した格好だ。

 マイナス金利では、投資家にとっては、満期時に受け取ることができる金額が国債購入価格よりも低くなる。ドイツにとっては、借金をするにもかかわらず金利収入を得られる。

 欧州の財政危機の深刻化で、投資家が多少のコストを負担してでも、確実にお金が返ってくる投資先として、ドイツ国債を選んだようだ。

 発行済みの国債を売買する流通市場では期間の短いドイツ国債の利回りがすでにマイナス金利となるなどしているが、新規国債の発行でマイナス金利となるのは初めてだ。

 リーマン・ショック後の米国でも短期国債でマイナス金利が発生している。


手数料払うから、お金預かってくれ!!ということですね。

これ、いよいよヤバイですよね、多分・・・

マイナス金利などあり得ないというのが普通の感覚ですが、あるのです、これが・・・

大切な貴金属やら書類を銀行の貸金庫に預けるようなものでしょうか?

手数料を払っても、現金を債権化しておきたいということですね。

これって、要するに、経済が停滞しているということでしょう。

お金が流れていないのです。

だから、マイナス金利でもいいから、できるだけ安全な所に保管しておきたい・・こういう心理が働くのです。

物の売買、投資・・・これらが滞っていることで、お金という経済の潤滑油もまた淀んでいるわけです。

日本は、まだマイナス金利は無く、超低金利ですが、同じようなことだったということでしょう。

で、滞留して、堆積して行った先にはあるのは・・・・言うまでもありません。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

最近、物が壊れ過ぎ・・・です

2012.01.09 00:35|PC関連
パソコンが、これまで経験したことが無い症状で、クラッシュしました。

起動は、するんです。

するんですが、モニターにタスクバーが現れない。

どうも、モニターは一枚なのに、デュアルモニターの設定に勝手になって、しかも、メインのモニターが映らず、セカンドモニターだけが映る・・・あり得ない症状のようです。

色々と試行錯誤して設定を直そうとしても、これが全くどうにもならない。

最終手段の初期化をしようとしても、それが出来ないですし・・・

こりゃ、困った。

ちなみに、この記事は、メインPCから書いていまして、壊れたのは、セカンドPCです。

ちなみに、ちなみに、サードPCというのもあったのですが、こちらも既にクラッシュしています。

一番重要なメインPCが健在なので良いですが、バックアップ用のPCがすべて逝かれてしまいました。

これは、ちょっとまずいです。

まあ、とりあえず一番困るのは、我が家の雑食系5歳児ユウクンかもしれない。

ただいま、ポケモンを見るのに嵌っていまして、これで、当分見れなくなりました・・・・

しかし、どうしたものかな?

仕方がないので、ちょっとパーツを購入するしかないかな・・・泣

最近、物が壊れ過ぎ・・・です。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

消費税増税分の使い道は・・・どうなるのでしょう?

2012.01.03 23:59|政治
ところで、野田首相が年初に当たってこう決意表明したようですね。

消費増税で首相「全世代型社会保障案を作った」

消費税の税率アップが実現すると、年18兆円規模の増税になるようですが、これを債務の償還だけに使っては、元も子もありません。

所得の再配分をすることで、景気対策効果として意味があります。

ここら辺は、以下の記事のシリーズで書きましたね。

増税は景気対策に不可欠みたいですね・・

景気が悪化すると減税!!というのが常識のように言われていますが、現在の経済状況では、この常識を疑わないといけないでしょう。

消費税の増税を段階的に、しかも事前に予告することは、消費の前倒し効果があります。

これは、期限付きの減税と同じことです。

いついつまで減税するので、それまでに購入するとお得ですよ!!というのと、消費促進効果は一緒です。

そして、その期限が切れた時のリバウンドもまた、一緒です。

リバウンドは、どちらでも起るのです。

どちらを選択するのか?

それは、社会状況によって正解は異なるわけです。

現在のように、グローバル化経済の中で、労働価値の国境無き競争が起っている中では、社会保障と一体化した消費税率のアップは、チャレンジしてみる価値はあると思います。

まあ、この社会保障の方がどうなるかが問題ですが・・・

民主党のマニフェストの子供手当などが頓挫した状況ではね。

所得の再配分にならないでしょう?

所得の再配分ということでは、実を言うと、全世代型ではなく、それなりに局所集中的なものでなければ、意味が無い。

まあ、建前としては、言えることではないので、実際にはどうなるかは定かではありません。

ただ、消費税の増税が先に来た感は否めなくなっています。

これ、ねじれ国会の中で、自民党が公約で消費税率の10%を謳っているので、こうなるのも仕方がないのかな?

民主党と自民党が共に消費税率の10%で一致していて、その使い道が違うということですから・・・

何より、これが実現すると、結局のところ、国民福祉税が導入されるようなものですね。

国民福祉税、覚えていますか?

ここら辺の経緯で、新年早々こんな記事が・・・

国民福祉税構想が頓挫した理由 成田憲彦内閣官房参与
消費税政局(2)インタビュー


小沢一郎氏の狙いは、国民福祉税にあると、以前からこのブログで書いていました。

ただいま、消費税率アップの反対派とされていますが、これは恐らく政治戦略上の建前でしょう。

自分の手の内を曝すような人ではないでしょうから・・・

もし消費税率のアップに賛意の発言をしたら、それこそ潰される絶好の口実にされるでしょう。

アンチ小沢というスタンスにある政治勢力やマスコミは、小沢氏が消費税増税の反対という立ち位置にいることで、むしろこれに同調できない。

消費税増税反対で勢力が一致できず、分散しているんですね。

しかも、民主党の小沢グループから10人程度の離党・・・出来過ぎですね。

これで、野党も、むしろ消費税増税で反対と一枚岩になれない。

もし小沢氏が賛同したら・・・アンチとして結集していたことでしょう。

反対することで、実を言うと、消費税率のアップをやり易くなっているのです。

ちなみに、こんな発言をしていますね。

小沢元代表、首相をけん制「官僚の壁にたじろぐ」
2012/1/3 19:14

 民主党の小沢一郎元代表は3日、岩手県大船渡市の会合であいさつし「厚い官僚の壁に阻まれて、トップに座っている人がたじろいでしまう現状がある。これでは政権交代した意味がない」と述べた。消費増税に意欲を示す野田佳彦首相をけん制した発言とみられる。

 同県陸前高田市内では記者団に「私の旧来からの主張は変わっていない」と消費増税に反対の立場を強調した。「首相には国民に掲げた初心を思い起こして頑張ってもらいたい」とも指摘した。

 元代表は2、3両日、東日本大震災の被災地に初めて入り、沿岸部の5市を回った。


面白いのは、消費税増税は反対とは一言も言っていないことです。

「私の旧来からの主張は変わっていない」ということですが、これ、どの時点からとも採れます。

国民福祉税を推進した時からとも採れますしね。

もし本気で消費税増税を潰そうとしているならば、もっと明確に言うことでしょう。

さて、今年はどうなるのでしょう?

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事

ヒト、モノ、カネとは言いますが・・・

2012.01.02 02:42|社会情勢
新年が明けました。

この間、正月していたような気がするのですが、もう一年経ってしまいました。

本当に坂を転げ落ちるように、時が過ぎて行きます。

子供の頃は、もっともっと長かった気がしたのですが、あれは気のせいだったのだろうか?

四国に移住して12年以上経ちましたし、結婚してからも6年くらい経ちましたし・・・

昨年も色々ありました。

色々と勉強になった年でもありました。

一言で言えば、やはり人だということです。

ヒト、モノ、カネとは言いますが、やはり何よりも先ずヒトなのです。

1足す1が1どころかマイナスにもなるのがヒトですが、3にも4にもなるのがヒトです。

それを改めて感じた年でありました。

何度も紹介しましたが、吉田松陰の言葉に、こういうものがあります。

夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。

夢無き者に成功無し・・・夢を見るのはヒトであり、ヒトが成功するのです。

ヒトと言っても、どういうヒトか・・これが重要ということです。

夢があっても、どういう夢か?ということもありますし・・・

参考になる記事があります。

「アメムチ頼み」が効かない理由

この中で、「心理学の研究によると、内発的なモチベーションを支える最も重要な要素は「自己決定の度合い」と定義される。」という箇所があります。

なるほど・・・です。

私などは、典型的で、自己決定の度合いが無いと、モチベーションが途轍もなく落ちます。

個人の自営業をやることになったのは、まさに自然な流れだったのです。

学校の勉強なども、本当にそうでした。

やらされている勉強であった小学校、中学校時代は、苦痛で仕方がなかった。

抑圧されているストレスで、まあ、苦痛でした。

高校時代は、そんな抑圧から解放されて、まあ、勉強しなかった(汗)。

ツマラナイから、まあ、本当にやらなかった。

大学に入るのに、2浪もしましたしね(滝汗)。

勉強の面白みを知ったのは、やはり大学時代ですね。

大学のとりわけ3年ぐらいから、勉強が面白くて仕方がなった。

まさに内発的なモチベーションに触発されてましたし・・・

何が違ったって??ということですが、例えば、こういうことです。

それまで勉強と言えば、誰かから与えられた問題を解くということでした。

まあ、マークシートの選択問題などは、まさにそれですね。

問題から回答まで、すべて決められているわけです。

大学の3回生ぐらいから、そうでは無くなった。

卒論なんて、自分で好きなテーマを選び、すなわち、自分で問いを考えて、自分で考え、それに答えて行くわけです。

ちなみに、その時のテーマは、ヘーゲル『精神現象学』における自己意識についての一考察ですね。

大学院の受験にしても、問いが違って来たのです。

例えば、こういう問題が出ていました。

自由とは何か?・・・哲学的議論を踏まえて論じなさい。

これ、実を言うと、決まった答えなど無いのです。

自由とは何か?・・・歴史上、様々な回答がされています。

どれが正しいか間違っているか?・・・答えはあるようでない。

ですので、マークシートのように、黒く塗りつぶすようなものではないのです。

答えも自由なのです(笑)。

ただ、但し書きがあります。

哲学的議論を踏まえて・・と。

これ、どういうことかというと、貴方の考えなど聞いてはいないということです。

自由とは何か?という漠然として答えのない問いを出すと、自分の考えをつらつらと書く人が現れます。

これは、全く考えられた論にならない。

自由の定義を求めているのではなく、というか、歴史上の偉大な思想家ですら絶対的な答えを出せていないのに、たかが学生ぐらいにそんな答えが出せるわけありません。

そんなことができたら、それこそ歴史的大事件です。

自由について、歴史的な議論の過程を考察し、その先に何処まで論理を深めることができるのか?・・・これが問われているのです。

こういう問いの場合、丸暗記は全く通用しない。

様々な論の違いを本質を捉え、その違いの分かれ道を捉え、その根拠が正しいのか否か?・・・こういう思考力がモノを言うのです。

もちろん、大学院でも、マークシートのような問題を出す所もあるのですがね。

まあ、それはともかく、ここら辺になると、内的モチベーションに基づいて勉強しているか否かが大きく左右するのです。

こういうことを考えるのが好き!!というやつですね。

ちなみに、中学校受験は全滅、高校受験は私立は全滅で公立一校のみが漸く合格、大学受験は2浪した末に漸く1校が受かっただけ・・・こういう綱渡りだったのですが、大学院受験だけは、全然苦労しませんでした。

選択問題がメインだった大学院は落ちたりしましたが、受験した所は、殆ど合格しました。

人生で初めて学校の選択ということができました(笑)。

しかし、大学院に入ってみると、実を言うと、こういう自由な問いの追求は、許されなくなるのです。

より矮小化された研究テーマにすることが求められるので、入ったはいいけれど、全然なじめませんでした。

まあ、担当教授の言うことなど全く無視して、自分の興味が赴くままに研究していましたしね。

で、その結果として書いた修士論文というのが、「時について -その自己意識からの解明-」でした。

リンク先の一覧を見ても、哲学者の名前がタイトルにない、時という漠然としたテーマを扱ったのは私だけです。

当然ですが、担当教授からは駄目出しされました。

この当時は、日本のアカデミックの世界には全く興味が無かったので、まあ、自分の好奇心の赴くままに、ただ自分が探究したいという欲求に従って、教授に認められたいとかの外発的なモチベーションではなく内発的モチベーションにしたがって、論文を作っていました。

教授の審査では、ほとほと呆れられましたが・・・・

その後も、内発的なモチベーションに従うスタンスで生きています。

このスタンスを貫くには、結構大変だったりします。

自己決定の度合いを高めるということは、自由であろうとすることですが、自由の裏側には責任があります。

責任もまた、大きくなるわけです。

個人事業の経営者など、いつ破綻の危機が訪れるか分かったものではありません。

実際、土石流災害で休業を余儀なくされたりしましたしね。

今でも、こういう危機に常に曝されながら、生活しているわけです。

困難も多いですし、仕事も山のよう・・・

というか、歯止めが利かなくなるんですね。

与えられた仕事ではなく、自分で作っていく仕事なので、際限が無いのです。

やらなくても誰にも怒られませんが、やろうとすると、何処までも何処まで増やすことができるのです。

ですので、仕事に歯止めをどうつけるか?・・・そちらの方が課題になったりします。

私の場合も、結構意識的にセーブしていますしね。

独身の頃、まだ起業したばかりの頃は、これが出来なくって、何度か命の危機を体験しました。

ずっと張り続けている緊張の糸は、いつか疲労でプツンと切れるものなのです。

ですので、今では、意識的にメリハリをつけるようにしています。

100%以上の力を出すことを目指すこともあれば、80%くらいにセーブしてみたり・・・・

おっと、脱線脱線・・・

自己決定の度合いが高まれば高まるほど、責任は重くなる。

責任を取れるヒト・・・これは、当てになるヒトということです。

当てにならないヒトというのは、そのコトに対して、内発的なモチベーションが無い。

外発的なモチベーションを触発して、やらせるという手はありますが、これは、長続きしないし、その触発が無くなれば、全く動かなくなる。

ですので、いつまで経っても、成長しないし、当てにならない。

内発的なモチベーション・・・これが内在しているか、これが極めて重要だということです。

ちなみに、ただいま帰省中の奥さんですが、結婚する前に付き合う期間は、殆どありませんでした。

ここら辺は、「奥の家♀さんは、手紙好き!! 」で書きましたね。

過去の経歴や家族構成など、殆ど聞くことも無く、殆ど直感に近い感じで結婚したのですが、この直感というのは、やはり彼女の中に内発的なモチベーションを感じたからだと思います。

もちろん、この内発的なモチベーションが全く異なったベクトルに向いていたならば、結婚ということにはならなかったでしょう。

最近、結婚と事業は似ているなぁと思うのですが、この二つは、内発的なモチベーションのベクトルが重なったタイミングが訪れることで起るのだと思います。

そう、タイミングもまた重要なのです。

新年早々なので、長い記事を書いてみました。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事
| 2012.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2012年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。