道作りは難しい・・・

2011.10.20 00:41|農場日誌
ここ最近、何か農業系ブログらしくなってきました。

まあ、土木作業が続くと・・・ね。

当然ですが、本日も土木作業でした。

農地を開墾して行くのは、何気に楽しい。

と言っても、重機がある時ですがね・・・

スコップ片手に延々と作業するのは、さすがに嫌になります。

やっぱり、ユンボですね。

それに、ダンプ・・・

この二つがセットになると、どんどん作業が進むので、とても楽しい。

しかし、木材の搬出とかになると、やっぱりグラップルがあると、楽しいだろうなあ~~

ちなみに、グラップルと言うのは、これです。

グラップル

これで、掴んで、くるっと回転させて、ダンプへどうぞ!!という感じですね。

まあ、ちょっと手間がかかりますが、バケットのタイプでも何とかなりますけどね。

ちなみに、軽い材は、手で持つのが一番速いです。

しかし、開墾と言っても、半分以上は、道作りです。

農地で利用価値があるかないかの判断の一つに、やはり車が入れるかどうか?というのがあります。

車が入れなくても、運搬車を使ったりして、機械移動はできなくはないですが、作業効率を考えると、やはり軽トラぐらいは入りたい。

ですので、農地を見る時に、車道を作れるかどうか?・・・これを真っ先に見てしまいます。

土質なんかも大切ですが、いくら土質がよくても・・・搬出に手間が掛かりすぎては、ちょっと効率が悪すぎます。

山間の農地ですと、傾斜の関係や権利関係で、車道を作れないケースが多々あるし、作れてもすごく手間と費用がかかるケースもあります。

というわけで、道というのは極めて重要なのですが、さらに日々使う道ならば、通り易さも重要になります。

何とか入れる・・ぐらいの悪路ですと、ちょっとした油断で、事故になります。

ちょっとした油断・・・これは、人間誰しもあるものです。

たとえ数十年に1回でも、それが取り返しの付かない事故になったら、元も子もありません。

というわけで、道幅は、それなりに余裕を持って、傾斜は緩やかに・・・という感じでが理想です。

まあ、なかなかその通りにはならないわけですが・・・

ともかく、道作りは・・・そのまま水路作りになりかねないので、大雨の時の水の逃がし方も考えないといけない。

道に水が集まって、そこから川のように流れ落ちる・・・よく見る光景です。

四万十式作業道などを見てみると、どう水を逃がすか?・・・その課題に対する答えという感じです。

しかし、これがまたジレンマがあります。

水路のようになると、道はあっという間に崩れます。

そうならないように、水の流れを分散させるわけですが、これ、通りづらい道になります。

四万十式作業道を見ると、敢えてアップダウンを作っていて、傾斜も急です。

作業道

これぐらいの傾斜は、緩いくらいですからね。

普通に歩けないくらい傾斜がきつい所も結構ありました。

さらに、逆カントもついていますし・・・

そう、競輪場などのすり鉢上とは逆で、遠心力に対して外側に傾斜をつけているのです。

水の流れを分散されるために・・・

そこを木材を満載したダンプなどで走るわけですから、すごいです。

箱バンなどでも走りましたが、ジェットコースターのスリルを体感できます。

これで横転事故とか起きていないのかな?・・・単純に疑問に思いました。

ただいま、ダンプで土砂や木材の搬出などをしていますが、これをずっとやりたいとはとても思えない。

傾斜も無い殆ど平地の道なんですけどね。

そう、自分の運転技術に自信が無いので、造成をする時に、出来るだけ道を広く、平らにしました。

耕作放棄地開墾

今回造成した道が、マックスの大雨に耐えられるのかどうか・・・・分かるのは来年かな?

まあ、何はともあれ、道作りは難しいです。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



| 2011.10 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ